コロナウイルスに対する社会不安、株価大幅下落、だからこそ

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

世間的にはコロナウイルスの猛威とその広がりが日本においても懸念されている2月ですが、
個人的には、今月45歳となりました。

カティサークを立ち上げたのが2004年ですから、
もう16年になります。

この16年は、ITが社会に入り込み、
経済を大きく変えていく時期だったこともあり、
多くのクライアント企業と一緒に、
デジタルマーケティングに取り組んでまいりました。

この間にリーマン・ショックなどもありましたが、
それを乗り越えて、より一層強い企業に成長された企業も多かったように思います。

現在は、コロナウイルスへの不安を端緒にして、
国内ではマスクやアルコール除菌剤、トイレットペーパーなどの生活資材が店頭から消えるだけでなく、
株価の大幅下落も、まさに本日も起きており、
これからの経済ならびに社会への影響が懸念されます。

こんな時期だからこそ、デジタル化でできることや役割もあるのではないかと思います。
たとえば、テレワーク・リモートワークなどはその最たるものです。

また、こんな時こそ、顧客企業とは一緒に、
デジタルマーケティングも活用して乗り切っていこうと、気持ちをあらたにしています。

個人的にも、社会人20年以上ということで、
これまでの経験と、これからやってくる5GやAIなどのテクノロジーをあわせて、
取引企業と一緒にさらなる成功体験を作っていきたいと思います。

旅育本『子も親も成長する旅育3 リスボン編 』が期間限定で

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

旅育本の第3弾『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育3 リスボン編 』を期間限定でKindleにて無料公開しております。
1月31日 16:59までです。

ちなみに、なぜ16:59までかというと、
kindleは、パシフィックタイムが基準だからなんです。
米国太平洋標準時ですね。

日本の標準時と17時間の時差がありますので、
米国太平洋標準時では、1月30日23:59までなのですが、
日本では1月31日 16:59までとなります。

サン・ジョルジェ城にエッグタルトなど、
リスボンでの旅育の様子がまとまっています。

下記は、目次です。

◆リスボン編
■リスボン・基本情報
■ポルトガル・リスボンの地図
■ポルテラ空港からUber
■ジュピターリスボアホテル
■リスボン街あるき:石造りの道で水辺へ向かう
■リスボン街あるき:コメルシオ広場とサンドアート
■坂道もシェアキックボードでスイスイ
■サン・ジョルジェ城を探検
■音楽の大道芸人たち
■街のカフェテリアでのランチ
■メレンゲのデザート:モロトフ
■エッグタルト:パステル・デ・ナタ
■スーパーマーケットが面白い
■自分で作るオレンジ生搾りジュース
■ジュピターリスボアホテルの朝食ビュッフェ
■ホテル屋上のプール、3日連続で泳いだ子供
■Uberドライバーたち
サッカーのコーチ
ドライバーの人気のアプリはwaze
シニアのUberドライバー
ブラジルからの出稼ぎドライバー
ポルトガル経由アメリカを目指すインド人ドライバー
荒い運転のパキスタン人ドライバー
■ホテルで学習、子供が勉強に飽きてきたときには
■子供が撮った写真
■地元の公園で遊ぶ
■子供のお土産・Tシャツ・トラムの置物
■闘牛場の地下にショッピングモール
■Google翻訳が神レベル
■持ってきてよかったもの:1位はベビーカー
■帰りのフライト

ぜひこの機会にダウンロードしてみてください。

旅育本『子も親も成長する旅育4 台湾編 』がKindle海外旅行部門で2位に

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日、旅育本の第4弾『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育4 台湾編 』を期間限定でKindleにて無料公開したところ、
海外旅行部門で2位まであがり、多くの人にダウンロードされました。

0円の威力って強力ですね。
また、Amazonのページで評価5でコメントも入り、しっかり読んでくださった方も多かったようです。
大変ありがたく思います。

kindle本は、公開はじめの90日間のうち、最大5日間まで無料公開できるオプションがあります。
確認してみたところ、
第1弾『旅育1 イスタンブール編 』もギリギリ無料公開できるようでしたので、
0円設定してみました。

2020年1月27日(月) 16:59まで期間限定で無料ダウンロードできます。

写真が多く、30分程度で読める人も多いのではという軽い読み物です。

ぜひこの機会にダウンロードしてみてください。

旅育本 第4弾『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育4 台湾編 』をKindleにて公開

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

スクリーンショット 2020-01-21 6.45.42

旅育本 第4弾『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育4 台湾編 』をKindleにて公開

この数年、「旅育」をテーマに、子供と一緒に海外へ渡航することが増えています。
5歳の子供は11カ国、1歳の子供もすでに5カ国へ実際に足を運んできました。

今回の台湾渡航に際して、子供(5歳児)に「台湾で何がしたい?」と聞いたところ、
「タピオカミルクティー飲み放題」との返答だったため、
タピオカミルクティーの本場にて11杯のタピオカ系ドリンクを味わってきました。

実際に行ってみると、タピオカ系ドリンクは、オーソドックスなタピオカだけでなく、
芋だったり、パッションフルーツを使ったりと、さまざまな進化系もありました。

(個人的には「黒糖タピオカミルクティー(黒糖珍珠奶茶)」のホットで微糖が好みです)

台北から台中、新北投への紀行と合わせ旅育本の第4弾『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育4 台湾編 』としてまとめました。

旅育シリーズも、イスタンブール編、エジンバラ編、リスボン編に続き、今回の台湾編で4作目となりました。
それぞれ写真が50−100点ほど、文字数は約2万字程度の軽めの読み物です。

家族の絆を深めるために「旅育」はおすすめです。
今後も「旅育」の素晴らしさを広める活動をしていきたいと思います。

ちなみに、有料タイトルなのですが、Kindleで数日間だけ無料にできるようでしたので、
期間限定となりますが、1月24日16:59まで無料でダウンロードできます。

ぜひこの機会に御覧ください。

TBSテレビ「グッとラック!」から取材を受け、押切孝雄のコメントが紹介されました

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

TBSテレビ「グッとラック!」からの取材

2019年12月24日(火)TBSテレビの「グッとラック!」にて、「今年最も稼いだYoutuberは8歳の少年」という話題が取り上げられました。
立川志らくさんがメインの朝の情報番組ですね。

IMG_2506

YouTubeで世界一稼いだのは8歳の少年だったということで、各所でニュースになっています。
その額が28億円ということですから、莫大な額ですね。

そこでYouTubeに関する著書も持つ押切に「なぜ彼の動画がここまで人気になっているのか?」
などを専門家としての観点から解説頂けないかと、TBSの担当ディレクターさんより相談を受けました。

IMG_2508

この依頼が昨日23日にあり、即日取材を受けて、本日24日の放送となりました。
テレビはスピーディーですね。

Forbesによる2019年最も稼ぐYouTuberのランキング

ちなみに、下記がForbesによる2019年最も稼ぐYouTuberのランキングです。

出典:Forbes

金額は2018年6月1日~2019年6月1日の推定年収額で、税金やエージェント・マネージャー・弁護士費用が差し引かれる前のもの。推定に当たっては、Captiv8やソーシャルブレード、ポールスターからのデータのほか、業界関係者へのインタビューの内容も加味した。

1位 ライアン・カジ/2600万ドル
2位 デュード・パーフェクト/2000万ドル
3位 アナスタシア・ラジンスカヤ/1800万ドル
4位 レット&リンク/1750万ドル
5位 ジェフリー・スター/1700万ドル
6位 プレストン・アースメント(Preston)/1400万ドル
7位タイ フェリックス・シェルベリ(PewDiePie)/1300万ドル
7位タイ マーク・フィシュバーク(Markiplier)/1300万ドル
9位 ダニエル・ミドルトン(DanTDM)/1200万ドル
10位 エヴァン・フォン(VanossGaming)/1150万ドル

IMG_2513

取材メモ

私は、取材を受けるときは、メモを作ります。
すると、伝えたいことが相手に伝わりやすくなり、間違いが少なくなるからです。
そこで、今回の取材を受けた時のメモを紹介します。
ディレクターさんからの質問項目について、その回答を用意しました。

◆1)ライアンくんの動画がここまで人気なのはなぜ?

→本質的には誰にもわからないが、下記のようにいくつかの手がかりはある
・再生数が多かったり、「視聴者維持率」の高い動画は同じジャンルの「関連動画」で出てくる確率が高まり、視聴されやすくなる
・コンテンツが多い(2015年の公開から、1000本以上)
・2019年現在、基本的には毎日更新している
・特にプレゼントを開ける際の「アンボクシング」動画で、ライアンの無垢な反応に惹かれる
・子供は子供が出ている動画を見る傾向がある
・人気が人気を呼び視聴する人が増幅する
・子供は成長するので、その過程を追うのも楽しい
・3歳の時に初公開
・タイトルの付け方がSEO的に正しい:例:1本目2015年3月16日「kid playing with Lego Duplo Number Train」

◆2)子供向け動画がよく見られることについて

記事の中に「ピュー研究所が今年実施した調査によると、子どもが登場する動画は他の動画と比べ平均で3倍多く再生される。また同研究所による別のアンケート調査では、11歳以下の子どもを持つ親の81%が自分の子どもにユーチューブを見せていると回答した。」 とありますが、本当に大人よりも3倍多く再生されるものか?81%の親がYouTubeを見せているものなのか?

→「81%の親がYouTubeを見せているものなのか?」について


出典:日本国内の調査:「モニタス」

株式会社モニタス(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 秀紀)は、0~8歳までの長子がいる母親1008人を(20代:111名、30代:642名、40代:255名)を対象に「子どものYouTube視聴」に関する調査を実施

●子どものYouTube視聴は約8割の母親が抵抗あるなかで、60%以上がYouTubeを視聴
●平日/休日の平均視聴時間は「30分未満」
●動画を主に見せるタイミングは自発的に子どもたちから。検索方法も「子どもが自ら検索して視聴」しているが約60%

■調査概要
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象者:20歳~49歳の女性(モニタス「モニターズ」モニター)
有効回答数:1008名
調査時期:2018年3月14日~2018年3月15日
公開日:2018年3月30日(金)

→上記のように日本の調査で0歳~8歳で61.7%なので、
ピュー研究所のように11歳までであれば、日本においてもより高い割合になりうるのではないか。


→大人よりも3倍多く再生されるかどうかは他に検証された調査がない。
ただし、たしかにYouTubeキッズでも人気の子供向けチャンネルは、子供が出ているものが多い。

たとえば、
Kan & Aki’s CHANNELかんあきチャンネル(登録者数 288万)

「noxinfluencer」というYouTubeチャンネルの分析ツールによる上記チャンネルの分析


HIMAWARIちゃんねる(登録者数210万人)

キッズライン(登録者数:非公表)

プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV(登録者数157万人)

◆3)2位と3位の人たちもなぜ人気があるのか?

2位は、「Dude Perfect」デュードパーフェクト
30代の5人グループがスポーツやスタントをするチャンネル(登録者数は4770万人)

→バスケットボールのゴールに遠くから蹴ったボールを入れるなど、非言語でも十分に堪能できる。
言語によらない映像表現のため、全世界の人向け、大人も子供も誰でも楽しめる

3位は5歳の女の子、アナスタシア・ラジンスカヤ。「Like Nastya Vlog」登録者数4270万人

→非英語(ロシア語)で話されているが、英語を意識していて、キャプションは英語で表示されることが多い。
言語が通じなくても、映像を見ているだけで理解できるので、小さな子供でもわかりやすい。
アナスタシアとお父さんが出てくる回が多いが、その構図が『マーシャとくま』という、同じロシアの人気アニメを彷彿とさせる。

◆4)日本のYouTuberとライアンくんをはじめとした海外のYouTuberとの違いは?

→言語の壁
言語の壁を超えるには、「Dude Perfect」のような非言語コンテンツ
または、アナスタシアのチャンネルのように言語がわからなくても、言葉自体を少なくして、内容が理解できるコンテンツ(子供向け)

→日本のYouTuberは日本語を理解する人向けに、日本語で話されているものがほとんど。
さらに、アナスタシアのように言葉が少ないものではなく、日本語を多用しているため海外の人向けにはハードルが高い。
ちなみに、日本語を理解しない人向けには、YouTubeは各国語に翻訳された字幕を自動翻訳によって表示できる機能があるが、
字幕を読むためには、字幕を読める程度の教養が必要。

◆5)なぜ日本人はトップ10に入れない?

→そもそもグローバル向けに作られていない。
日本市場だけをターゲットにしても、人口が1億人以上いるため成り立つ。

→顔出しで、非言語でも(字幕がなくても)理解できるコンテンツならグローバルでも人気が出る可能性がある

今回のTBSテレビの取材については、このような準備をしました。
と考えると、テレビでコメントとして紹介される部分は、本当に一部ですね。

現在、他のメディアからも取材を受けていますので、公開できるときが来ましたらまたこのブログでも紹介いたします。

子供との海外旅行が充実する方法:旅育エジンバラ編をKindleで公開しました

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

adamSmith

(↑アダム・スミス像、スコットランド出身でエジンバラ大学でも教鞭をとっていた)

旅育本Vol.002エジンバラ編をKindleで公開

Kindleで電子書籍を公開しました。

電子書籍『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育2 エジンバラ編』

3ヶ国10日間の旅育について書かれたシリーズの第二弾で、
イギリスの北部の都市エジンバラでのことがまとめられています。

英国北部の都市エジンバラ

私は、ロンドンに2001年から2003年まで大学院留学していましたが、
エジンバラへは今回がはじめてなんです。

当時、エジンバラは遠い印象がありました。
イギリスの鉄道網は、日本ほど優秀ではなく遅れることはよくあり、
新幹線もなく、意外とイギリス国内移動の心理的距離が遠かったんです。

そこで、今回はロンドンを経由することなく、
イスタンブールから飛行機で直接エジンバラへ入りました。

行ってみると、8月ですので、夜9時近くまで明るくて、日が長く、
さらにフェスティバルがあり、街の至るところで音楽が鳴り響いていて、
夏のシーズンはとても快適です。

Kindleはシリーズ化

Kindleは電子書籍で、対象読者が、スマートフォンやタブレットで読んでいくことを想定しています。

そのため、紙の本のように10万字もあるような長大な本ではなく、
通勤電車や細切れの時間にもサッと読める、短めの電子書籍としてまとめています。

そこで、今回の旅育シリーズは、イスタンブール編、エジンバラ編、そしてリスボン編と
3冊になる予定で進めています。

価格もその分、安価です。
今回のKindle本は390円に設定しています。

Kindle Unlimitedでしたら、無料で読めます。

電子書籍『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育2 エジンバラ編』

ぜひ、ご一読ください。

LINEスタンプを買ったことある大学生は何%?88%の大学生が買っていた。有料アプリ、アプリ内課金とフリーミアム【2019年大学生アンケート結果】

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

本日は、2019年大学生アンケート結果から、有料アプリ、アプリ内課金とフリーミアムについて紹介します。

有料アプリ購入率

はじめに有料アプリを購入したことがあるかどうかについてのアンケート結果です。

#007_001

2014年からアンケートを取っており、2019年で6回目となりますが、
おおむね2割から3割ほどで推移しています。

有料アプリは、はじめから値段のついているアプリですね。
iPhoneやアンドロイドのスマートフォンを利用していて、
ダウンロード時に100円とか300円とか料金を払って購入するタイプのアプリになります。

これが、直近の3年間は3割を超えていますから、3人に1人程度は自分が必要とするアプリであれば、はじめからお金を払って購入しているということがわかります。

ゲームアプリ内課金割合

つづいてゲームアプリ内課金についてです。

#007_002

ゲームアプリを無料でダウンロードして、遊んでいるうちに有料課金するというタイプです。
これも、2014年から6年間アンケートを取っていますが、
直近の3年では4割を超えています。
約半分弱の人がゲームアプリでアプリ内課金をしたことがあるのですね。

ただ、課金については、大学生によって、真っ二つに分かれます。

課金肯定派 VS 課金したら負け

#007_003.5

毎回の講義の最後に、大学生にコメントシートを書いてもらっているのですが、
上のコメントシートを見ると、
課金を肯定する人もいる一方で、課金したら負けと考える学生もいることがわかります。

そして、それは、ほとんど信念と言ってもよいほど強いものです。

人によっては、数十万円もゲームアプリに課金したことがあるという人もいました。
そこまで課金させるゲームの魅力は強いものがありますね。

LINEスタンプ購入率

ただ、ゲーム内アプリを課金したら負けと答える学生でも、LINEスタンプとなると話は別です。

#007_003

LINEスタンプを購入したことのある大学生は、2016年には7割を超える程度だったのが、
直近の2019年には9割近くになりました。

毎年着実に増えています。
これをみると、いかにLINEが、生活の一部になっているかがわかります。

LINEスタンプの購入数

さらに、LINEスタンプの購入数を見てみましょう。

#007_004

1−5セットを購入したと答える大学生が45%と最も多く、ライトユーザーが多いことがわかります。
逆に、16セット以上購入している人は6%でしたので、ヘビーユーザーはそれほど多くはないといえます。

ただ、「LINEスタンププレミアム」という使い放題のサブスクリプションも
月額240円(学生は120円)で今年2019年にはじまって来ていますので、
来年2020年にアンケートを取ることがあれば、
LINEスタンプのサブスクリプションについても聞いてみたいと思います。

ゲームアプリとフリーミアム

#007_005

ゲームアプリのアプリ内課金についてですが、
これは、フリーミアムのビジネスモデルですね。

多くのユーザーは無料で遊ぶものの、数%程度の課金ユーザーが有料で遊ぶため、
成り立つビジネスモデルです。

ちなみに、フリーミアムのビジネスモデルは、
『WEBマーケティング集中講義』のp189でも解説しています。

大学の講義では、大学生のアンケート結果を先に話して、
それを受けて、ビジネスモデルなどについて紹介しています。
すると、自分たちの今の状況がわかりつつ、用語についても学べるため、理解がしやすいようです。

有料アプリ購入率調査をYouTube動画で解説

今回の内容はYouTube動画でも解説しています。

動画では、フリーペーパーのビジネスモデルについても紹介しています。
ぜひご覧ください。

Kindleで出版する方法:カティサーク出版をはじめました

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

Kindleで電子書籍を出版

このたび、Kindleで電子書籍を公開しました。

電子書籍『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育1 イスタンブール編』

カティサーク出版を立ち上げると2015年12月にこのブログに書いてから
約4年がたっていました。

4年ほどずれましたが、無事にカティサーク出版として第一弾を出すことができました。

Kindleで電子書籍を出版する方法

Kindleで電子書籍を出版すること自体はそれほどハードルは高くありません。

MSのWordでも制作できます。

今回は、MacのPagesで制作していきました。
PagesはePubへ書き出しができます。
また、目次も見出しを設定することで自動的に生成されます。

ただ、画像の挿入時の回り込みレイアウトにクセがありますので、
画像の上下レイアウトにしたり、項目ごとに改ページを入れて
Kindleの端末で見た時にレイアウトが崩れないようにデザインする必要はあります。

リフローと固定レイアウトどちらが良いか?

電子書籍には、リフローと固定レイアウトがありますが、
現在のKindleは文字の大きさが端末側で自由に切り替えられるリフローが基本です。

どうしてもレイアウトを崩したくない場合は固定レイアウトとなりますが、
固定レイアウトはタブレットなどの大きな画面で読むのには問題ありませんが、
スマートフォンなどの小さな画面で読むときには、画面に合わせて縮小されますので、
文字が小さくて読めないこともありえます。

そのため、文字情報を伝えるのがメインであれば、リフローがベストです。

表紙は本文とは別に制作

Kindleは表紙が重要です。
表紙画像のクオリティが高ければ、クリックして詳細ページを見てもらえるからです。

それでは、Kindleにおいてクオリティの高い表紙画像とは何でしょうか?

表紙の考え方は、紙の書籍とは違います。
Kindleの場合、実際に街にある書店ではなく、Amazonの画面で表紙を見ます。
しかもパソコンだけでなく、スマホで見ることもあります。

表紙画像は小さなサムネイルです。
そこで、表紙にはなるべく大きな文字でタイトルを書きます。

すると、サムネイル表示でも何が書いてあるのかがわかります。

さらに、表紙に載せる写真画像も重要です。

必ず写真画像が必要かといえば、ジャンルによっては無くても良いですが、
たとえば、旅の本なのに写真画像がないとなると、イメージがしづらくなります。

一方で写真画像があれば、イメージが膨らみますので、
写真画像を入れることをおすすめします。

Kindleは10万字無くても問題ない

一般的な本は何文字くらいあると思いますか?
一般的な紙の書籍は、1冊に10万字から15万字程度の文章があります。

ただ、Kindleの電子書籍であれば、1万字でも2万字でも大丈夫です。
長く書くよりも、短めの文章量でわかりやすくことに注力したほうが良いです。

短めの文章量で良いのは、なぜか?

紙の本であれば、ずっと読んでいられますが、
電子書籍は、タブレットやスマートフォンの画面で読んでいきますので、
文章量が多いと、読むのに長時間かかります。

読みづらいのですね。
読者のことを考えると、紙の本よりも短めでOKです。

価格設定をどうするか?

電子書籍の価格をどうするかですが、
本文の文字数が紙の本と比べて少ないことが多いですので、
価格も低く抑えている場合が多いです。

ちなみに、今回の『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育① イスタンブール編』は
390円に設定しています。

コストを気にせずカラーにできる

電子書籍のメリットは、なんといっても心置きなくカラーにできることです。
紙の書籍ですと、印刷コストとの兼ね合いで、
モノクロになることが多いですが、
Kindleの電子書籍なら、フルカラーの写真をふんだんに載せられます。

写真も何点までという制限がありませんので、
『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育① イスタンブール編』の場合は、
約50点ほどの写真を掲載しました。

Amazonへのアップロード時に650MB以内という規定はありますが、
通常はAmazonからダウンロードするときには数MBの範囲内で収まることが多いです。

やはり、多くの写真があったほうがイメージしやすいですので、
これは電子書籍のメリットですね。

Kindle unlimitedに対応した方が良いか?

Kindleの場合、Kindle Unlimitedに対応するかどうかを選択できます。
売り切りと比べて、多くの方が読んでくれる契機となりますので、
Kindle Unlimitedを選択する方が絶対によいと私は考えています。

ちなみに、Kindle Unlimitedの場合は、読んでくれたページ数に応じて支払われます。
おおむね、1ページあたり0.5円程度と言われています。
ただしこれは、月によって変動します。

『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育1 イスタンブール編』

というわけで、第一弾『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育1 イスタンブール編』
を公開しました。

旅を通じて子供と親が成長するという旅育は本当におすすめです。

「旅育」という言葉を聞くけれど、実際はどうなのでしょうか?

子供たちと旅育に出るのは、控えめに言って、、最高です!

旅の期間中、ずっと子供たちと一緒にいるためコミニュケーションが濃密になります。非日常の海外で、手をつないで歩いたり、一緒に食べたり、その日にあったことを話したり、ハイタッチをしたり、抱きしめたりとスキンシップがだいぶ多くなるため、子供たちはどんどん成長していきます。

これまで話せなかった言葉が急に話せるようになったり、歩くのがおぼつかなかった子供がしっかり歩き出したりといった、目に見える成長を見せることもあります。

この本に登場する5歳の子供は今回の旅育・海外旅行で11カ国目になりました。0歳5ヶ月の時にシンガポールとバリ島に初旅育してから、これまでベトナム、台湾、フィリピン、タイ、グアム、韓国などのアジアの国々を中心に渡航を重ねてきました。

本旅育シリーズは、イスタンブール、エジンバラ、リスボンを10日間で旅育した時の模様を収めています。本書では、旅育シリーズの第一巻(Vol.001)として、旅の準備(旅マエ)編と、イスタンブール編についてまとめられています。

kindle版は有料(390円)ですが、kindle unlimitedに入っていれば追加費用無く読めます。
kindle unlimitedは、30日間無料ですので、ぜひ見てみてください!

『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育1 イスタンブール編』

YouTubeとテレビ、見られているのはどっち? 2割の学生はTVをほぼ見ない。YouTubeとTVに関する大学生アンケート結果【2019年度版】

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

YouTubeとテレビ、よく見られているのはどちらでしょうか?
YouTubeとTVに関する大学生アンケートを実施しました。

その結果、約2割の学生はTVをほぼ見ないことや、YouTubeの視聴が増えてることがわかりました。

動画でもまとめております。

アンケート結果は、2019年のものです。
一部2018年と2019年2年分を比較したアンケート結果もあります。

テレビを見る頻度

まずは、テレビを見る頻度について見ていきましょう。

youtubeTv001

テレビを毎日見ている学生も67%いるものの、特筆すべきはほとんど見ていない大学生が17%、1週間に1回が5%ですので、合わせて22%の大学生はテレビを習慣的には見ていないということがわかります。

毎回録画しているTV番組の有無

YouTubeTV002

毎回録画しているテレビ番組は、あると答えた人が38%おりました。
テレビを毎日見ている学生の約半分弱に相当します。

録画しているテレビ番組の内容を聞いてみると、ドラマが多かったです。
やはり、ドラマは1回飛ばすと話が追いづらくなりますので、録画をしても見たいコンテンツと言えます。

YouTubeを見る頻度

YouTubeTV003

続いて、YouTubeに関して見ていきましょう。
このアンケートは2018年と2019年2年間にわたってとっていますので比較したグラフとなっています。
青が2018年で、赤が2019年のグラフです。

YouTubeを見る頻度は、毎日と答えた大学生は2018年には60%だったのですが、
2019年には73%と、13%増えました。

7割の大学生が、YouTubeを毎日見ていると答えています。

毎日見る割合:TV vs YouTube

YouTubeTV004

ここで、毎日見る割合について、テレビとYouTubeの比較をしていきたいと思います。
2019年の比較です。
すると、テレビは67%、YouTubeは73%ですので、
すでにYouTubeの方が、毎日見る人の割合が高いということですね。

ほとんど見ない割合:TV vs YouTube

YouTubeTV005

さらに、ほとんど見ない割合です。
TVは17%、YouTubeは5%でした。

テレビを見ない人が増えている一方で、YouTubeを見ない人は稀だと言えます。

テレビとYouTubeどちらの視聴時間が長いか?

YouTubeTV006

視聴時間についての比較を見ていきましょう。

テレビとYouTube、どちらの視聴時間が長いのか?
というアンケート結果は、YouTubeが71%で、テレビが24%でした。

圧倒的にYouTubeの方が視聴時間が長くなっています。

なぜか?
それは、デバイスが視聴デバイスがカギを握っているようです。
デバイスについては、この後のアンケート結果にて紹介します。

YouTubeをいつ見ているか?

YouTubeTV007

YouTubeをいつ見ているか?
下記の3つに分けました。

朝起きてから大学へ行くまでの間
大学内(日中)
大学を出てから夜寝るまでの時間

すると、圧倒的に「大学を出てから夜寝るまでの時間」が多い結果となりました。
92%です。

余裕のある時間にYouTubeのエンタメコンテンツを見ている学生が多いようです。

YouTubeを見るデバイスは?

YouTubeTV008

なぜ、YouTubeがTVよりも視聴時間が長いのか?
それは、デバイスですね。

主にスマートフォンでYouTubeを見ているという大学生が89%でした。
テレビはテレビのある家のリビングや自分の部屋でなくては見られないですが、
スマートフォンであれば、いつでも持っていますので、視聴する場所の制限があまりありません。
これであれば気軽にいつでも見られます。

2020年以降の5Gになれば、なおさらですね。

お気に入りのYouTuberは、いるか?

YouTubeTV009

お気に入りのYouTuberがいるかどうかについて聞いています。
2018年と2019年の2年間のデータがあります。
2018年にお気に入りのYouTuberがいると答えた学生は42%だったのが、
2019年には65%へと2割以上増えています。
急激な伸びですね。

固定ファンが増加傾向だといえます。

YouTubeチャンネルの登録数は?

YouTubeTV010

最後にYouTubeチャンネルの登録数を聞いています。
すると、チャンネル登録をしていない学生が2018年には39%いたのが、
2019年には23%へと約半減しています。

それと反対に、
6−10、と、11以上のYouTubeチェンネルに登録している学生が増えています。
特に11以上のYouTubeチャンネルに登録している学生は、3人に1人以上となったところが注目に値します。

YouTubeとYouTuberに対するコメント

大学生にYouTubeの魅力について聞いてみました。
すると、
「テレビと違って「面白い」の基準が視聴者と横並びにあること」
「ギリギリ法律に触れないような、テレビ局では作れない面白い動画を作れること」
というような回答がありました。

YouTubeも危険な動画を中心に制限がかかっては来ていますが、
とはいえ、まだテレビよりはゆるいといえます。

まとめ

実際にアンケートをとってみて、大学生はこれほどまでにYouTubeを視聴しているのかという発見がありました。

ここから、企業でしたら、企業情報をYouTubeに公開したり、
採用情報についてYouTubeで積極的に活用していくことができますね。

来年もアンケートを取りましたらご紹介いたします。

YouTube動画のニーズの調べ方

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

動画制作時のニーズの調べ方

本日は、YouTube動画で重要なニーズの調べ方について書いてみたいと思います。

このブログでアクセスが多いページにSNSの利用率に関する記事があります。

アクセスが多いということは、知りたい人が多いということで、
大学生のSNS利用率アンケートページで紹介している内容を動画にしました。

YouTubeの動画を作る時のテーマ選びですが、自分が公開したいテーマだけではなくて、必ずニーズから入ることです。
やはり、見たいと思う人がいてはじめて視聴されますので、
調べられているキーワードを掴むことが大切です。

キーワードは、「キーワードプランナー」で調べます。

制作する予定の動画のキーワードを入れて調査します。
今回の場合ですと、
「SNS利用率」というキーワードは、月間1000回程度調べられていますので、
多すぎず、少なすぎず、ちょうどよいキーワードと言えます。

ちなみに、「SNS普及率」というキーワードでは、月間390回でした。
似たような言葉でも、約3倍違ってきます。

その意味でも、言葉選びは重要です。

2本目の動画:改善は続く

今回、「大学講師 押切孝雄」というYouTubeチャンネルで2本目の動画となりました。

1本目からの改善点は、
ビデオカメラをキャノンの一眼レフ(EOS 70D)に変えたこと、
1本目はモニターが明るすぎて、顔が暗くなりましたので、モニターの照度を調整したこと、
一文を短くして、テンポよく話したことなどです。

YouTube動画での話し方と、セミナーでの話し方は違います。
セミナーでは、目の前に受講者がおりますので、
受講者が理解しているかどうか、アイコンタクトをしたり、
間をとったりして確認していきます。

YouTube動画では、間を極限まで削ります。
学習系のYouTube動画を見ている人は、速く情報を吸収したい人です。

そして、何回でも繰り返し視聴できます。
そこで、なるべく短い時間で多くのことを提供できるように
スライドを多めに用意するようにします。

大学講師 押切孝雄のYouTubeチャンネルにて、
動画を充実させてまいりますので、もしよろしければ、こちらから、ぜひチャンネル登録をお願いします。