Amazon Echoを何に使うか?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

今年2017年もあと1ヶ月少々となりましたが、さまざまな進展がありましたね。
IoT機器では、たとえば、スマートスピーカーです。
2017年10月にGoogle Home、2017年11月にはAmazon Echo(アマゾン エコー)が日本でも発売されました。

217_n

声で、「アレクサ、今日の天気は?」というと「晴れの予報です」と答えたり、
「今日のスケジュールは?」というと「10時からミーティングが入っています」と答えたりするものです。

パソコンをキーボードで操作したり、スマートフォンを指でタップしたりすることはありましたが、
Amazon EchoやGoogle Homeといったスマートスピーカーへ話しかけるだけで、
操作ができるということですね。

Amazon Echoが発売されたので、早速手に入れました。

これまでは、小さい子供と一緒に歌を歌う時に、
音楽プレーヤーを使っていたのですが、
amazon echoに「アレクサ、童謡かけて」といえば、すぐに、はいだしょうこが歌う「ゾウさん」が流れ出します。

「マライアキャリーをかけて」といえば、
この時期にふさわしい「恋人たちのクリスマス」が流れ、
より限定して「90年代のマライアキャリーをかけて」といえば、
90年代のマライヤキャリーのヒット曲をシャッフル再生してくれます。

1つだけ難点としては、音声操作ということで、声が出ないと使えないということです。

個人的にセミナー講師で喉を使いすぎて、Amazon Echoが届いた日は声がでなかったので使えず、
その翌日になってやっと使えました。

多少ガラガラ声でも認識してくれるから精度は高いですね。

ただ、こういったスマートスピーカーは便利な半面で、
家の中に、音声でネットにつながる機器が入ってくるということでもあります。

家の中で話されていることが筒抜けになるという意味で、
プライバシーを危惧する人はいると思います。

そのあたりにどう折り合いをつけていくかは考えなくてはならない問題といえます。

東京新聞のYouTuber特集で専門家としてインタビューを受けました

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

しばらく前に、東京新聞社の記者さんより連絡いただき、
取材を受けてたんですね。

新聞の特集で「YouTuber」を押さえておく、
という大きな流れがあるようです。

IMG_3194 2

ヒカキンなどの著名なユーチューバーや、
動画を活用した企業の取り組みや、
ユーチューバーの収入といった多くの人が気になる仕組みを解説し、
最後に専門家の声を載せて締めるという、特集記事としてのフォーマットがあります。

IMG_3195 2

それで、昨日2017年11月14日の東京新聞の朝刊で専門家の話として掲載されました。

新聞記者さんと1時間弱くらい話した内容が、11行にギュと凝縮されてます。

2009年に『YouTubeビジネス革命』(毎日新聞社刊)という本を出した影響で、
YouTubeに関する書籍としては早かったこともあり、
現在もYouTubeの専門家として認知していただいていることも多くあります。

昨年は朝日新聞でも同様のYouTuber特集に専門家として取材いただきました。

監修者の仕事3:著者で本を書くのとは本の作り方が違う

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

今、監修している本は、WEBとSNSのマーケティングに関するものです。
この本の文章は、3人のライターさんが手分けして書いています。

私の担当の「はじめに」を先日、書き終えました。
冒頭の1200字ほどです。

それで、編集サイドとやりとりしつつ、
ライターさんが書いた文章を読んでいるところです。
初校、再校と2度のチェックが終わりました。

私は、3人のライターさんには会ったことはないのですが、
このライターさんは、年長者だなとか、若そうだなというのが、
文章を通じてわかりますね。

言葉遣いだったり、文章に出てくる事例のセンスでわかります。

今回の書籍の作り方は、今まで私が作ってきた本のパターンとは少し違います。

私が本を書く時は、初校の段階で、ほぼ直しがないように提出します。
その方が、編集作業が少なくて済むのでスムーズになるからです。

逆に言えば、はじめに原稿を出版社の編集者さんへ出すまでに、何度も自分で推敲してから出します。
それでも直しはありますが、やはり、自分の手を離れるまでが勝負だと思っています。

今回の書籍の作り方は、それとは少し違っていて、
台割はしっかり作ってあるものの、初校、再校と回を経る度に、
情報が追加されてくるのですね。

初校のときには、実例の欄が空白だったのが、再校では追加されたりというように。

そして、これから念校が出てくると思いますが、そこでやっとFIXとなるのかなというくらい
スクランブル体制で進んでいます。

なかなか面白い書籍の作り方だと思います。
編集者、ライター、監修者のみんなで何度も見てブラッシュアップしていっている感覚があります。

今回、監修者ということで、客観的に文章を読めるというのは良い点だと思います。
初校でも再校でも、より良くするためのポイントを指摘しました。

このペースだと、本当にスケジュールギリギリのところまで、
本のコンテンツをみがいていくことになりそうです。

おそらく、11月から12月には出版となるのではないかと思います。
その時期が決まりましたら、またこのブログで紹介したいと思います。

フジテレビ「めざましテレビ」ココ調 電話インタビューのちょっとした裏話

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

昨日、このブログで紹介しましたフジテレビの声の出演の件ですが、
めざましテレビスタッフの方から、
「大きな事件などが入りますと、延期又は中止となる可能性もあります」
と連絡を受けていました。

どうなるかと思いましたが、、、

0001

予定通り放送されました。

この日の特集は、「1分料理動画」に関するものでした。
レシピアプリの「クラシル」や「DELISH KITCHEN」は人気ですからね。

0002

番組は、待ち行く人へのインタビューや、動画アプリ制作会社などを紹介しつつ、進行していきます。

0003

その後で、専門家の話ということで、私の場面がまわってきました。

0004

やはり、レシピ専用の動画のアプリはわかりやすいです。

動画といえばYouTubeがありますが、誰でも公開できるので、
フォーマットがそろっていないのがネックです。

関連動画をみると、長い動画ものもあれば、短いものもあります。
動画の質の高いものもあれば、質の低いものもあります。

その点、レシピ専用動画なら、要点がおさえられていてわかりやすいです。
長さ、2分でもなく、3分でもなく1分というのはポイントですね。

0005

利用するユーザーの立場からすると、
たとえば、仕事が終わった女性が、帰りの電車で、今夜の夕食何作ろうと考えていて、
1分動画なら、電車に乗りながら、3本5本と比較できます。
それで、家に帰ったら、その動画をみながら、夕食を作れるというメリットがあります。

食事は、毎日食べるものですし、
料理をする人にとっては、「今日は何しようかな?」と考えるのはいつものことです。
底堅いニーズがあるということですね。

ちなみに、電話インタビューの前に、事前にスタッフの方と電話をしていて、「肩書を教えてください」と聞かれました。

私:「株式会社カティサーク 代表取締役です。」と答えたのですが、

ココ調:「・・・、WEBマーケティング コンサルタントで良いですか?」

私:「あ、はい、それでお願いします」となりました(笑)

肩書は、会社の役職名よりも、職業名の方がテレビ的なのか!?という気づきがありました。

そんなやりとりがありつつ、オンエアでは「WEBマーケティング コンサルタント」と表示されていますw

フジTV:めざましテレビ「ココ調」の専門家はどのようにして探されているか?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

テレビを見ていると、専門家の電話インタビューというのをみることがあると思います。
あの専門家って、どういうルートで見いだされるのでしょうか?

実は、昨日、フジテレビから弊社カティサークへお問い合わせがありました。
めざましテレビのスタッフの方からで、
「ココ調」というコーナーで、WEBマーケティングの専門家としてのコメントが欲しいとのこと。

会社のWEBサイトをみて、
該当テーマの書籍を出版していたり、大学講師もしているため、
テレビ的に問題ないと判断して、問い合わせフォームから普通に連絡してくれたみたいです。

どんな検索ワードで調べてくれたのか聞いてないですが、
何がしかのキーワードで調べてみたら、カティサークのサイトにたどりついたということなので、
デジタルマーケティングの会社としては、SEOの検索結果にも強いということで、
ひとまずは良かったと思います。

それで昨日、その日のうちに、電話インタビューを受けました。
私の独自の見解を話すというよりは、
テレビ的に欲しいコメントがあるようで、それを踏まえて答えるというインタビューでしたが。

それで、放送日なのですが、明日10月27日(金)です。
テレビってスピーディーですね。

「ココ調」のコーナーは朝7時台だと思いますので、
その時間にテレビを見られる方は、チャンネルをフジテレビ系列に合わせてみてください。

「めざましテレビ」の中の「ココ調」というコーナーで、
電話の声の出演をすることになると思います。

電話インタビュー自体は10分くらい話しましたが、
オンエアはおそらく10秒くらいだと思います。

成長のヒント:月1ランチのすすめ

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

重要なのでやろうと思っているけれど、
でも日々の仕事が忙しかったりして、
なかなかできていないことってありますか?

たとえば、将来(2年から10年後)のことを見据えて計画を立てたり、
仕事の専門知識や、資産運用の勉強、
それに、家族との時間など。

どれも重要です。

そんな時に、おすすめなのが、これは!と思った人との月1ランチです。

どういうことかということなんですが、
この人は!という人と、一緒にランチをします。

月1回程度でOKです。
週1回だと多すぎなので、月1回または、2ヶ月に1回でもOKです。
定期的に会います。
そして、今の自分のテーマを話します。

それだけです。
それだけなんですが、これを1年、2年と続けていくと、着実に成長します。

理由は、1度話しておしまいではなく、
月1回毎回会って話すので、前回から今回までの1ヶ月で何か実行したりして
成長していたいと思うものだからですね。

私自身、知人と、もう数年続けているのですが、
重要だけどなかなか日々の生活に埋没してしまいがちなことに着手できていることを実感します。

そして、これ、ランチではなくても良いのですね。
人によっては、職場が近くないので、そもそもランチなんかできないよという場合もあるでしょう。

その場合は、スカイプやGoogleハングアウトで全く問題ありません。

個人的にも、日本からシンガポールに赴任した人と定期的にスカイプして
お互いにコーチングをしていた時期がありますが、
これもとても役立ちました。

月1回1時間と限定して、おもに半分の時間は自分が、半分は相手が、今取り組んでいることを話します。
何か、ペースメーカーとなるものがほしいという場合に、
おすすめできる方法です。

1つポイントを挙げるなら、多人数ではなく、1対1が良いです。
気負わず、本音を話せる間柄ですとベストですね。

定期的に継続していきますので、誰とするかはとても重要です。
直感にしたがって、これは!と思う人を誘ってみてください。

現在、スカイプは手軽です。
パソコンからでなくても、スマホやタブレットでできます。
ネットの回線があれば、電話代すらかかりません。

ちなみに、私的な話でいえば、実家の山形ともスカイプで毎月1回、話をしています。
親に孫の顔を見せるというのが主目的ではありますが、
毎月行うことで、コミュニケーションになっています。

勉強の進捗状況をお互いに確認しあう月1回ランチでも良いですし、
気の置けない友人との情報交換でも良いですし、
離れて暮らす家族との他愛のない話でもかまいません。

月1回が多ければ、半年に1回でも、1年に1回でもかまいません。
ぜひ1度やってみてください。

インタビュー記事が「会議HACK!」で公開されました

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

しばらく前(8月)に、インタビューの依頼があって、受けたと書きました。

そのインタビューの様子が掲載されました。
「会議HACK!」というWEBの媒体です。

スクリーンショット 2017-10-16 16.22.31

会議に関する様々なトピックが紹介されているWEBサイトですね。

毎月、著者などへインタビューをして、その模様を掲載しているWEB媒体です。

人と人が会う会議はとても重要だと思っています。
ただ、社内の毎週1回の定例会議だと、ダレることがあるので、
「アイデア会議」とか、「改善会議」を挟むことで、効率化できるということを話してきました。

また、実際に弊社でクライアント企業との仕事の進め方として、
利用しているツールに、Googleスプレッドシートがあります。

Googleスプレッドシートへ、会議で話された内容を項目ごとに書いていきます。
そして、その後、1つ1つの項目が完了したら「完了」と入れていきます。

すると、いつ話されたものが完了したのか、仕掛中なのかということがわかります。

1つのシートに書いていくので、とってもシンプルです。

また、複数人でシートに記入してもリアルタイムで更新されていくので
ストレスがありません。

会議が終わったと同時に、議事録(To Doリスト)もできていますので、時間を有効に使えます。

そのシートを見ていけば、しばらく前に行ったジョブ内容の履歴がわかりますので、
とても使いやすいと実感しています。

ツールをどうするかというので、Googleスプレッドシートだけでなく、多くのツールがあります。
また、人によってはGoogleスプレッドシートよりも使いやすいツールもあるでしょう。

ただ、採用のしやすさから言うと、
Googleのツールなら多くの企業で抵抗なく利用しやすいというのがあります。

もしMSワードとかで議事録を書いている企業がありましたら、
ぜひ一度使ってみてください。

会議が、より快適になります。

本の監修者は何をしているか:その2

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日のブログでこれから出る本の監修者を依頼されたと書きました。

現在、進行中です。
実際の文章はライターさんが書きます。
今回の本の場合は、1冊の本に複数のライターさんが分担して書きます。

すでに、台割が決まっており、このページには何を書くということがはっきりしていて
鋭意、ライターさんが書いているところです。

今、監修者は何をやっているかというと、
ライターさんが書きすすめている時に、質問が出てくるんですね。
ここに入れる事例はないかとか、ここはどういう趣旨かとか。

監修者は、ライターさんのそういった質問に、ここはこの事例でとか、
ここの趣旨はこういう意味ということをメールでやりとりしていきます。

間に編集プロダクションさんが入るので、
直接ライターさんとやりとりすることありませんが。

これまで、著者として本を書いてきたので、
もう、いっそのこと自分で全部書きたいくらい。

でも、そこはぐっと我慢して、ライターさんが書くのを見守っています。

複数の人が関わって作っていく書籍なので、
より客観性が高まるのではないかと期待しています。

通常、私一人で書くと1冊の本を書き上げるのに数ヶ月から半年くらいかかります。
1冊目の時は企画から出版まで丸1年かかりました。

今回の本の進行は、ライターさんが分担して書くということもあり、
一気に進んでいます。私が1人で書く場合の数倍の速さ。

なかなかおもしろい本の作り方だと思います。
進捗は、またこのブログで紹介します。

WEBから2年で5倍の受注は可能か?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日、ITコンサルティングで、埼玉県内のある企業へ訪問しました。
BtoBの製造業です。

社長さんの話を伺っていると、
ホームページからの受注数をあげていきたいとのこと。

どのくらい受注数をあげていきたいかと聞くと、2年で5倍。

2年で5倍というと、どうですか?
そうとうアグレッシブな目標設定のように聞こえるかもしれません。

ただ、そもそものホームページからの受注数が多くないので、
これから2年で5倍に引き上げることは、ある方法を使えば、十分に可能です。

そこで、その戦略を提供してきました。

あなたなら、どんな方法が考えられますか?

単に、SEO対策によるアクセス数だけで5倍にするのは、簡単ではありません。

そうではなく、SEO対策によるアクセス数は1.5倍にして、
ホームページへ到達してからのコンバージョン率を2倍にして、
さらに、動画やブログなどの他の媒体からの流入アクセス数を2倍にしてというような施策にすると、
1.5☓2☓2=6倍になりますので、
2年で5倍の受注数というのは、現実的な数値目標になります。

そもそも商品力のない企業ですと、ホームページへいくら集客しても成約しないので
絵に描いた餅に終わりますが、
その企業の場合は、商品力・製造力があるポテンシャルのある企業でした。

商品力がありますし、社歴・実績もありますし、
実施するためのスタッフもいます。

それであればということで、その手法を提供してきました。

WEB戦略を活かすと、企業は成長します。
この企業の2年後が今から楽しみです。

本の監修者は何をしているのか?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日、これから出る本の監修を依頼されました。
これまで、著者として本を書くことはあったのですが、監修ははじめてです。

本によっては、海外の翻訳本だと、監訳者というのがあったり、
日本の本でも、監修者がつく場合がありますね。

すでに出版社で通っている企画があって、本文は編集ライターさんが書きます。
今回は、著者ではなく、監修者としての本に関わることになります。

それでは、監修って何をするのでしょう?

つい先日、出版社・編集プロダクションさんと顔合わせをしてきたのですが、
今回の監修の仕事は、企画内容・台割の確認と、
「まえがき」を書く、初校の確認、再校の確認とのこと。
それと本の中ででてくる事例の推薦なども依頼されています。

全ての監修が必ずそうではないでしょうが、大雑把に言うと本の内容に間違いがないかチェックして、
より良い本にするのが主な仕事です。

著名な人物であれば、監修として名前を置くことで、
それだけで本が売れていくということもあると思います。

私の場合は、自分の専門分野でまだまだやりたいことがたくさんあって精進が必要ですが、
監修してほしいとのオファーは大変光栄です。

著者となると書くことに没頭できるのですが、監修は、客観的に見られそうです。

進行するにしたがって、書けることも多くなると思いますので、
どんなテーマの本なのかなど、また折を見て書きたいと思います。