京都府宇治商工会議所にてセミナー講師をしてきました

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

2018年2月14日に京都府宇治商工会議所にてスマートフォン・タブレット活用セミナー講師で登壇してきました。

セミナー講師の時には、交通機関の急な遅れにも対応できるようになるべく2時間前に現地に着くようにしています。
今回も講演前の2時間前に宇治につきました。

IMG_3613

宇治といえば、平等院ですね。
高校の時の修学旅行以来だから実に四半世紀ぶりでした。

今回は鳳凰堂内部にも入れて、仏像を拝観できました。
係りの人の解説によると、「鳳凰堂」は正式名称ではなく江戸時代以降に付けられたニックネームなんだそうです。

平等院を参観してから、セミナーにのぞみました。
さて、セミナーでの話を紹介します。
ビジネスマンなら誰でも必ずするのが、名刺交換。

名刺交換をしたら、その後どうしてますか?

私の場合は、名刺管理アプリのEight(エイト)が出始めの頃に使っていたのですが、
当時は、Eightに登録すると、相手にも通知されるという機能がデフォルトで入っていて
それを嫌い、ここ数年はevernoteを使っていました。

その後、Eightが名刺を登録しても相手にも通知されないように選べるようになりましたので、
再度Eightに切り替えました。

スクリーンショット 2018-02-19 10.08.50

現在は、Eightが良いですね。
登録した名刺の検索機能や、会社名順や個人名順の並び替えなどができるので、
後から名刺を探すのがとても楽です。

また、今回のセミナーでは、宇治商工会議所の建設・建築関連の会員向けのセミナーということで、
黒板アプリも紹介してきました。

よく建設の現場で、施工の写真を収めるのに小さな黒板に日付や工程を書いて写真を撮るというのがあります。

その時に、スマートフォンのアプリを活用すれば、
リアルな黒板を用意する必要がありません。

アプリ上で書けば良いです。
これにより、2人1組で行うことなく、1人でできるようになります。

たとえば、「工事写真メーカー」や「現場DEカメラ」というアプリで可能です。

アプリで仕事が効率化して、仕事の時間短縮につながればと思います。

人工知能(AI)で仕事がラクになる

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

ここのところ執筆の依頼が多く、この2週間くらい集中して文章を書いておりました。
昨日、原稿を出したのが、人工知能(AI)と製造業への適用に関する特集記事です。

人工知能は、本当に面白いですね。
本当にここ数年の人工知能の進化は眼を見張るものがあります。

「ディープラーニング」という技術によって一気に進化しました。
機械学習の時には、人間が特徴量を入力する必要がありましたが、
ディープラーニングによって、コンピュータが自ら特徴量を設定できるようになりました。

これにより、ブレイクスルーが起こりました。
たとえば、機械学習の時には、コンピュータに猫の画像を見せて、
これは、猫、これは猫ではないと、特徴を人間が教える必要がありました。
チューニングしていたのですね。

これを、ディープラーニングでは、
コンピュータ自らが、これは猫、これは猫ではないと自分で学習できるようになったんですね。

チェスや囲碁や将棋の世界で、世界チャンピオンよりもコンピュータの方が強くなっているというのは、
コンピュータ同士で対局させるからです。

人間では一生かかっても対局できない数をコンピュータなら対局できます。
そのようにして、局所局所でコンピュータの方が人間よりも強くなっています。

人間に勝る分野は、これからいくらでもでてくるでしょう。
ホワイトカラーのオフィスでの仕事も、今まさにAIやRPAに置き換えられています。

たとえば、毎月の請求書発行作業も、数年前からクラウドで自動化しました。
これまで、毎月の請求書発行に時間がかかっていて、生産性の低いタスクだったのですが、
クラウドで自動化することで、チェックをするだけになりましたので、本当に楽になりました。

このAIの分野は、1つ1つ仕事に適用していくと、時短になり、生産性が高まりますので、
引き続きこのブログでも紹介いたします。

iPhoneアプリの「メモ」が進化した

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

思いついたことを書き込めば、忘れを防げますね。
あなたは、何か思いついた時に、何に書き込んでますか?

images

私は、iPhoneの日記アプリや、紙の手帳や、MacBookの「mi」というテキストファイルにまとめていたのですが、
数年ぶりに、iPhoneのApple純正アプリの「メモ」を使ってみたら、
必要な機能がそろっていて「メモ」で十分だと思いました。

MacBookの「mi」は、シンプルで使いやすいですが、
iPhoneと同期できなかったんですね。

このブログは、これまで「mi」で下書きしてから公開していたのですが、
「メモ」なら、iPhoneとMacをiCloud経由で同期できるのですね。

この一点だけでも、「mi」は、不要だと感じるほどになりました。

そのため、電車などの移動中にiPhoneで書いて、
オフィスに着いたらMacを開いて続きを書くと言うことが手軽です。

また、「メモ」の機能自体があがりました。
文字だけでなく、手書きもできます。
iPhoneやiPadなどの画面に直接手書きやペン書きができます。

さらに、ラジオボタンをつけて、チェックリスト化して、終わった項目からチェックしていくということも可能です。
表を挿入することもできます。
これらが、iPhoneからでしたら指で直感的に操作ができるので手軽です。

私はブログを書く時は、パソコンのキーボードで書く事が多いのですが、
「メモ」のおかげで、移動中であっても、スマホから気軽に下書きを書く事ができるようになりました。

このブログも、そんな「メモ」で書きました。

数年前にはできなかったことも、アプリのアップデートにより、
劇的に使いやすくなる、ということがあるのですね。

Mac、iPhoneをお使いの方は、ぜひ使ってみてください。

書籍『激わかる! ビジネスで使える Web・SNS入門』(実業之日本社)紀伊國屋書店新宿本店でも大きく展開

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日、紀伊国屋書店 新宿本店へ行ってきました。
書籍『激わかる! ビジネスで使える Web・SNS入門』(実業之日本社)が平積みになっていました。

IMG_3388のコピー

新宿の紀伊國屋書店は、私が大学で東京に出てきた時に、
ここで自分の本が置いてあったらと夢を描いた書店です。
(当時は、実用書というよりは、小説家として純文学を出したいと思っていました)

そんな紀伊國屋書店書店に、はじめて平積みで自分の本が展開されたのが
2008年の『グーグル・マーケティング!』(技術評論社)でした。

あれから10年経つのですね。
それ以来、何冊も書籍を出してきましたが、
紀伊國屋書店は、店内に訪れると、新しい本の匂い、空気感を感じ、原点に立ち返る場所でもあります。

新刊も、おかげさまで、
読んでくださった人も日に日に増えていて、
感想などもいただくようになりました。

今回監修として携わったのですが、
とてもありがたいですね。

また、ある雑誌より、ご連絡いただき、
特集記事を執筆することになりそうです。

どの雑誌かや、テーマなどについては、またこのブログでもご紹介します。

ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨はバブルか?

BTC
こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

ビットコインが、昨年2017年に20倍になったり、
ビットコイン以外の暗号通貨アルトコインも大幅に値を上げたものが多かったため、
仮想通貨の話題が増えてきました。

これは、バブルなのでしょうか?
私は、バブルだと思います。

過去の数十年でも、
これまで、1990年の日本のバブル景気、
2000年前後のネットバブル
2008年前後のリーマンショックと
約10年おきにバブルが起こっています。

仮想通貨は、ブロックチェーンに支えられた技術でありますが、
投機的な取引により、暴騰した後で、たった数日で4割程度も暴落したり、
ジェットコースターのような相場が続いている状況です。

この仮想通貨も、一種のバブルだと考えられます。
どこかでしぼむ可能性があります。

私も、仮想通貨と暗号通貨の勉強目的で少しだけ保有していますが、
やはり、持っていない人がいくら論じても説得力がないですし、
持っていると、アンテナが敏感になり、情報が入ってきます。

儲けようというよりも、この技術を知りたいという気持ちが大きいです。
ちなみに、1/10に値が下げても惜しくない範囲内でしか持っていません。

これから仮想通貨に投資してみようと思っている人は、
そのリスクを加味しつつ、
仮に1/10に値が下げても惜しくない範囲内で、保有したらよいのではないかと思います。

これからの10年(2018年→2028年)のテクノロジーの進展

あけましておめでとうございます、カティサークの押切孝雄です。
2018年がはじまりまして、1週間が経過しました。

年々、テクノロジーの進化にともなって、
社会が大きく変貌しているように思います。

そこで、今回はこれから10年のテクノロジーの進化について書いみたいと思います。

iPhoneが2007年に発売されてから10年以上が経ち、
スマートフォンが日常的な道具になりました。

その一方で、これから10年で今のスマートフォンのようになる技術が続々と出てきています。

たとえば、Google Budsです。
昨年2017年にGoogleから発表されたイヤホン型の翻訳機ですね。

たとえば、アメリカ人と話すことになり、相手が英語で話すと、
こちらが耳にしているイヤホンに日本語の翻訳として聞こえてきて、
こちらが日本語で話すと、スマホのスピーカーから英語が流れるというものですね。

翻訳の精度は、現時点ではそれほど高くないのではないかと思います。

ただ、これは、10年前のスマホと同じ。
2007年に発売されたiPhoneは、コピペすらできなかった機器でしたが、
年々できることが増えて、今はパソコンのかわりどころか、
カメラの機能などパソコン以上の利用価値のある機器へと進化しています。

過去10年間で、デスクトップ型のパソコンは家の中で使うしか無かったものが、
ノート型になり持ち運べるようになり、
現在は、スマートフォンにより、ノートパソコンすら開く頻度が減っていっているように。

これからの10年を考えると、スクリーンの変化だけでなく、
音声でできることの変化が大きく動く10年になるのではないかと私は考えています。

Google Budsの翻訳も音声ですが、
Google HomeやAmazon Echoのスマートスピーカーは、家に設置する音声機器です。

スマートスピーカーの市場はまだまだはじまったばかりで、
これから家の中にあるスマートスピーカーで音声のデータが蓄積されていきます。

私もAmazon Echoを使っていますが、
声で、「オルゴールの音楽をかけて」と言えば、音楽をかけてくれるので
スマートフォンを操作して、音楽を選んでかけるのに比べて、とても楽です。

やがて、家の中だけでなく、外でも使えるイヤホン型の端末で、
その蓄積が花開いていくのがこの10年なのではないかと思います。

イヤフォンそのものの進展も進んでいます。

イヤフォンがコード付きのものだけでなく、
ワイヤレスイヤフォンも増えてきました。

スクリーンショット 2018-01-08 13.51.44

私もAirPodsというアップルのコードレスのイヤフォンを使っていますが、
コードがなくなっただけで、とても快適です。

余談ですが、皇居ランをする時に、コードレスのイヤフォンをつけて走ると、
コードを気にせず走れるので、とても楽です。

私の予想では、10年後、2027年に道を歩いていると、
人は、独り言をブツブツ言っているようになります。

実際には、コードレスイヤフォンに向けて
「今日のスケジュールは?」
と問いかけていて(それが独り言のように聞こえて)
イヤフォンから「今日のスケジュールは、10時からミーティングです」
というようなことが聞こえているのですね。

これからの10年のことを考えると、ワクワクしますね。

今回は、音声を切り口に書いてきましたが、
ARやVR、MRも、かなり社会を変えていくことになります。
そのあたりのことは、またブログで書いてみたいと思います。

気づきの場が重要:マイナビクリエイターにてキャリア形成ワークショップ

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

昨日12月20日に、マイナビクリエイターにてセミナー講師をして来ました。
キャリア形成に関するワークショップです。

主に20代から30代前半くらいまでの人を対象にしています。
この年代の人は、仕事をしていて、
自分の将来のキャリアのことを考えることはよくあります。

今の自分の仕事が、本当にあっているのか、
将来自分がやりたい方向性に間違いなく進んでいるのか、
やりたいことがいくつもあってなかなか絞れない、など。

こういった悩みを、やりたいことと・できることの軸から
本当に自分のやりたいこと・できること、
そして、そんなニーズがあるのか、将来のヒントを見出す1時間半のワークショップでした。

ワークショップですので、
単に話を聞いておしまいではなく、
実際にやりたいことを書き出したり、
グループでペアになってお互いに話したり、
最後に1人3分間で発表して参加のみんなで情報をシェアをして、
質問やコメントをしてフィードバックをしていきました。

90分と短い時間でしたが、
こういったワークショップの場があることで、
みんなで集まったらできることができますね。

また、参加無料でしたので、お得ですね。

参加の方は、自分のキャリアに真摯に向き合っていましたし、
WEB系の転職に強いマイナビクリエイターでのワークショップですので、
ここで見つかった自分の方向性は、
求人情報を多く持つマイナビクリエイターでピッタリの企業を見つけられるのではないかと思います。

私自身のセミナー講師は、今年2017年はこれで最後です。

セミナー講師というカテゴリでは、
来年2018年も東京だけでなく、
京都などでもタブレット活用セミナー講師をすることが決まっております。

日本全国の方々へ良質な情報を提供できることを楽しみにしています。

2017年の振り返り:仕事を健康が充実した1年

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

少し早いですが、今年2017年の振り返りをしてみたいと思います。

今年は、大学での講師も7年目となりました。
この7年で、かつて大学生だった人も、今、社会人となり活躍しています。

ちょっとしたサプライズとなったのが、かつての教え子から連絡があったことです。
WEBのシステムでやりたいことがあるのだけれど、
なかなかできる会社がないとのこと。

そして、現在、教え子が働いている会社のWEBのシステムを制作しています。
おそらく、もう少しでリリースとなるのではないかと思います。

大学向けだけでなく、企業向けのセミナー講師も多くありました。
本日も夜に今年最後の講師が入っています。
(これについては、また後日ブログで書いてみたいと思います)

書籍の出版という点では『デジタルマーケティング集中講義』(マイナビ)を著者として出版できました。
また、『Web・SNS入門』(実業之日本社)を監修者として携わりました。

本業のカティサークは、デジタルマーケティングの会社なのですが、
ここ10年くらいずっと、2桁の数の企業さんと継続的にコンサルティングを通してやりとりしています。

各企業が、さらに良くなるように、
クライアント企業さんと一緒にWEB戦略を考えて、実施をすすめています。

クライアント企業さんが、ますます良くなることが私の励みでもあり、
そこに注力してきました。

また、健康が第一ですので、気力が充実する方法として運動も重要ですね。
10年以上続いてる皇居ランに加えて、
今年は、意図時にスイミングも取り入れました。

今年は、特に前半に、走りすぎたため、かかとが痛くなる症状がでましたが、
スイミングを間に挟むことで、適度な運動をしつつ、かかと痛を抑えることができました。

また、ジョギングとスイミングは使う筋肉が違うので、良いですね。
スイミングは、腕を大きく回す(特にクロール)動きがあるので、
四十肩や五十肩の予防になっているように思います。

ジョギングについて言えば、某経営者さんからお誘いいただき、
今年は川口マラソン(10キロ)を走りました。

その企業さんでは、チームでTシャツもつくってという年間行事になっていて、
とても楽しいイベントでした。

また、個人的には、しばらく前まで事務所に自転車で通勤していましたので、
ジョギングとスイミング、バイクが揃えば、
トライアスロンができるのではないかという気持ちもありますが、
一度にやると消耗も激しそうですね。

ランは、10キロでもハーフマラソンでも走りますが、
トライアスロンの大会に出るとかは、やめておこうと思っています。

今回は、今年の振り返りでしたが、
最後に、もう何年もそうなのですが、年賀状は出しません。
(プライベートだけでなくクライアント企業様へも含めて)

それでも、毎年こちらかは送らなくても、
送ってくださる方もいらっしゃいまして、
大変心苦しく思っています。

新年のご挨拶は、このブログにて失礼させていただく予定でおります。

監修書『激わかる! ビジネスで使える Web・SNS入門 』が発刊

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

IMG_3256

監修で携わった書籍『激わかる! ビジネスで使える Web・SNS入門 』(実業之日本社)
12月6日に発刊となりました。

IMG_3253

東京 池袋のジュンク堂書店に行ったら、面展開いただいておりました。
ありがたいです。

IMG_3254

今回、監修だったので、内容の精査を中心に関わりました。
こうして、1冊の本になるまでに、出版社の編集者、編集プロダクション、ライター、装丁家などが力を合わせて作っています。

そして、流通に乗るには、出版社の営業、書店員さんを通して、最終的に購入される人のところへと届けられます。

多くの工程があり、1つ1つが持てる力を尽くし、連携して形となります。
今回、私が書いたのは「はじめに」だけで、本文はライターさんが3人がかりで書いています。
それだけに、いつも著者として書く時は、すべての文章を自分で書くのとは違う感覚があります。

それは、客観性ですね。
どうしても自分が著者として書いていると、没入して、のめり込む感じがあるのですが、
今回は、監修ですので、一歩引いて、本当にこの内容で良いのか、
もっとわかりやすく良くするためにはどうしたら良いのかといったことを考えながら、
書籍づくりに携わっていきました。

書店などで、みかけましたらぜひ本書を手にとって、めくってみてください。
1つでも参考になるようなことがありましたらと思います。

川口マラソン2017(10キロ)を完走

本日は休日的な話題です。

12月3日(日)に川口マラソンを走ってきました。
仕事関係の知り合いが4年前から有志で参加しており、お誘いいただきました。

IMG_5914 2

私は、ハーフマラソン(21キロ)を走ることが多いのですが、
今回、参加の方々がみなさん10キロを走るということで、ひさしぶりに私も10キロにエントリーしました。

大会で10キロを走ったのは、
たしか2009年にナイキのイベントで富士山の河口湖を走った以来ですので、
もう8年ぶりになります。

皇居ランでは10キロは走ることがあるのですが、
大会で走るとなると、ハーフマラソンを走りたくなって、
なかなか10キロでエントリーすることは無かったんです。

ただ、今回久しぶりに10キロを走ってみたら、
距離感が良いですね。

ハーフマラソンだと、事前の練習を3ヶ月くらい前から行うのですが、
今回は、1週間前に皇居ランを10キロを1回だけでのぞみました。

IMG_3235

タイムは、52分でした。
30歳頃に走った時は49分くらいでしたので、
3分くらい遅いですね。

しっかり練習すれば、もう少しタイムも伸びそうですので、
次回は、もう少し多めに練習したいと思います。

IMG_3248

右手首にストップウォッチ、左手首にアップルウォッチを装着して走りました。
アップルウォッチでは、NIKE+と連動していて、ペースがリアルタイムでつかめます。
それにより、ペースが速すぎるとか、ちょうどよいとかがわかるので、
序盤ではやる気持ちをおさえて走れます。

また、心拍数もわかりますので、過負荷になっていないかといったことを客観的な数字で把握できます。

ハーフマラソンだと、走った後のダメージが大きく、
その後数日は筋肉痛だったり、体調が戻るのに時間がかかるのですが、
10キロは、筋肉痛こそあるものの、楽です。

意外と10キロは楽しく走れたので、また機会があったら走ってみたいと思います。