ソーシャルコンサンプション(消費) ソーシャル+(プラス) (3)

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

少し前からソーシャル+(プラス)というシリーズをこのブログではじめています。
今回は、その3回目です。

先日、勉強会で、ソーシャルコンサンプション(消費)をしました。
それを消費することで、我々が楽しめて、他の誰かも楽しめるというコンセプトです。
ソーシャルコンサンプション(consumption・消費)と名付けました。

いつもはなかなか買わないけど、みんなとなら消費するようなものが良いと思いました。

そこで、「復興元年」というお酒です。

3722.JPG

福島県にある蔵元がつくった日本酒です。

名前の通り、復興1年目につくったお酒です。
冷やして、みんなで飲みました。
清冽としていながら、さわやかな甘みが口に広がりました。

そしてもう1つ、日本各地の生味噌。

3735.JPG

6種類の生味噌をキャベツやスティック状のにんじんや大根、
キュウリにつけて、一緒にバリバリと食べました。

味噌はこの6種類でした。どの味噌も特徴があり、
味噌と一口に言ってもかなりバリエーションがあるなと思いましたが、
個人的には「仙台こし」味噌の甘みが好きでした。

この生味噌を買うと、味噌屋さんから利益の2割が被災地へ寄付されるということです。

我々は食べたり飲んだりして楽しんで、
被災地の支援にもなるというソーシャルコンサンプションでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>