ユーザビリティとは?

「ユーザビリティ」という言葉、聞いたことありますか?
「使いやすさ」という意味です。

「WEBユーザビリティ」とは、「WEBの使いやすさ」という意味です。

WEBサイトは世界中にたくさんあります。
実にさまざまなサイトがあります。

見やすいサイトもあれば、見にくいサイトもあります。
内容がほぼ同じなのに、一方は、見やすいためアクセスが多く、
もう一方は、見にくいためアクセスが少なかったら、もったいないですね。

これらを解決するのが、「WEBユーザビリティ=WEBの使いやすさ」なのです。

たとえば、ホームページの階層が深くなってしまった場合、
なかなか目的のページにたどり着けません。
こういうサイトは使い勝手がよくないです。
せっかくアクセスががあっても、どこに何があるのかがわからなければ、
ユーザは離れて行ってしまいます。

つまりユーザビリティがよくない(使い勝手がよくない)サイトは、
目的達成率が低いのです。

仕事をしている方は、みんな忙しいと考えた方が良いです。
よって、ビジネスのサイトであれば、どこに何があるかがすぐにわかる
ユーザビリティ(使いやすさ)に優れたサイトが求められます。

具体的に言うと、サイトの階層は、3階層までがおすすめです。

できれば、2階層が良いです。
つまり、トップページから、
1クリックで目的のページにたどり着くサイトが良いサイトです。

2クリックで目的にたどり着くサイトは、
最良とは言えません。

3クリック以上しないと目的のページにたどり着けないならば、
サイトの構成を直ちに見直しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>