家政婦 VS ブラーバジェット – 人材不足を解消する策は?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

現在、景気が良いということもあり、新卒採用や中途採用がなかなかできなかったりと、
多くの企業で人材不足が深刻になっています。

これは、何も企業のことだけではありません。
共働きの家庭もますます増えていますので、家庭内でも同じです。

家庭で行うタスクは多いのに、なかなか手が回らないということです。
そこで、東南アジアの国々のように、家事を家政婦さんにお願いしたらどうかという話もあります。

ただ、日本の現状ですと、なかなか家政婦を家にあげるのは抵抗があるという家も多いと思います。
そこで、自動化、ロボット化です。

IMG_4478

たとえば、床の水拭きですが、これまで、クイックルワイパーを使って手動で行っていたのですが、
これをiRobotのブラーバジェット240に変えてみました。

スイッチを押すだけで自動で水拭きしてくれるので、クイックルワイパーが不要になりました。

IMG_4510

本体にボタンは1つしかなく、スマホと連携して水の量の調整などができたり、
ブラーバの電源がどれだけ残っているかということもスマートフォンのアプリを通して確認できます。

スタートさせると、自動で水拭きをしてくれて、終わると、自動で元の場所へ戻りますので楽です。
家を出るときにスイッチを押して留守中に行ってもよいでしょう。
部屋の大きさにもよりますが、約1時間ほどで終わります。

ちなみに、水拭きのモップの部分は使い捨てのタイプと洗って再利用できるタイプの2種類があります。
はじめに買ったときは、使い捨てしかついていないので、
必要に応じて再利用できるタイプのものを買う必要があります。

こういった自動化家電は、着実に人の仕事を奪っていきます(いい意味で)。
たとえば、洗濯も手洗いではなくて、洗濯機が自動で行ってくれることに異議を申し立てる人はほぼいないと思います。

それと同じで、人が仕方なくやっていた仕事から解放されて、
楽になるという意味では時間を有効に使えますので良いことではないでしょうか。

IoTの進展で、こういった機器が増えてきそうですね。
IoTの機器について、実際に購入してさまざま試していますので、またレビューしてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>