大学生が200万円売り上げましたと報告にやってきた

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。
今年も大学のWEBマーケティング講義が始まりました。

今年も2つの大学で3つのクラスを教えます。
1クラス100人くらいですので、最大で300人くらいになります。

1つの大学では今年で6年目、もう1つの大学でも3年目になります。

先週、1回目の講義が終わったところです。

初回の講義が終わったところで、見覚えのある学生が挨拶にやって来ました。
昨年、WEBマーケティング講義を受講していた学生(男性)でした。

一瞬、昨年単位を落として、今年も受講しているのかなとも思ったのですが、
優秀な学生だったので、しっかり単位も取っています。

多くの学生がいる中で、その学生のことを覚えているのは、
その学生はECサイトを運営しており、昨年、何度か講義の後でアドバイスしたからでした。

その学生は、自分で運営しているネットショップの経過を報告しに来たんですね。

パーカーをネットで販売したところ、約200万円の売上になったとのこと。

粗利も100万円ほど出たという報告でした。

大学生のうちに、自力で100万円の利益を上げたという経験は、得難いものです。
お金もそうですが、経験はまさにプライスレス。

売れてしまう仕組みづくり(マーケティング)も、もちろん重要です。

ただそれ以上に、リアルな商取引では低くないハードルが多々あります。

たとえば、オリジナルのパーカーをつくるのに、デザインは自分でやったとしても、
実際にプリントをするのは、業者さんだったりします。

そういった業者さんとの打合せや交渉などの経験1つ1つが重要なんですね。

その学生が、これから就職活動をして、
面接で100万円稼いだという話をしたら、
企業側にとっては欲しい人材ですよね。

稼ぐ力のある社員は、多くの企業で求められています。

私の講義は、WEBマーケティングの理論だけでなく、
実際の企業で行われているマーケティング手法についても時間をとって紹介しています。

大学生のうちに、自ら実績をつくっていて、なかなかやりますね。
利益が全てではありませんが、実践でわかりやすい結果を残していて、嬉しくなる報告でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>