本を書く私の方法 8 いつ書くか?

おはようございます、WEBブランディングの株式会社カティサークの押切孝雄です。

本日は、本を書く私の方法の8回目です。

60.jpg

本をいつ、どの時間に書くかです。

昼は、コンサルティングや講師などの仕事をしていますので、
執筆の時間は全くとれません。

そこで、以下の4つの時間に集中して書いていきます。
1: 朝、仕事が始まる前の1時間、
2: 夜、仕事が終わってから家に帰るまでの1時間
3: 家に帰って寝る前の1時間
4: 休日(土日)にまとまった時間

◆1: 朝、仕事が始まる前の1時間について

朝早く事務所に来ると、静かですし、頭もすっきりしています。
始業の時間も決まっていますので、その時間までに集中して書いていきます。
私の場合、タイムリミットがあった方が、集中できます。
そして、何といっても朝はすがすがしいですね。

朝の時間のポイントは、前日に書いた文章を赤ペンで修正していくことです。
前日夜に書いた文章は、冗長になりがちですので、そういった部分はカットしていきます。

◆2: 夜、仕事が終わってから家に帰るまでの1時間

私の場合は、この時間を一番大切にしています。
一番集中できる時間帯だからですね。

仕事が終わって、家に帰る途中に、ファミレスや、カフェやファストフード店によります。
自分の場合は、デニーズ、ジョナサン、スタバ、エクセルシオールカフェ、
マック、モスバーガーなどです。

こういったお店で、1時間集中して書いていきます。
2時間とか3時間は粘らず、1時間というタイムリミットを設定して書いていきます。

ここで使うのは、主にパソコンです。パソコンで書いていきます。

◆3: 家に帰って寝る前の1時間

家で寝る前の時間帯に書いていきます。
夜に書いたラブレターを次の日に読み返すとはずかしいという経験をされた方も多いと思いますが、
なぜか、夜に書く文章は、表現が長めになりがちです。

反面、自分でも気づかなかったようないいアイデアが浮かぶことも多々ありますので、
文章の冗長性にはあまり気をつかわずに、とにかくどんどん書いていきます。

パソコンを使って書いていくので、修正はあとからいくらでもできます。
そして、それを次の朝読み返して、修正していくというスパイラルを繰り返します。

◆4: 休日(土日)にまとまった時間

土日に、やっとまとまった時間で書いていくことができます。
私の場合は、1時間で集中して書くということに身体が慣れてしまっているので、
土日には、いくつも店を変えて、書いていきます。

たとえば、
スタバ → 休日の事務所 → (自転車で息抜き) → エクセルシオールカフェ →ジョナサン

というように。

適度に、身体を動かして息抜きをしながら書いていきます。

以上が、いつ書くかにこだわった私の本を書く方法です。

ただ、平日の仕事が残業になったりすると、寝る前の執筆時間を確保できなかったりしますので、
ケースバイケースでスケジュール帳をみながら、臨機応変に対応していくこともとても大事なポイントです。

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ

本を書く私の方法 7 「息抜き」

こんばんは、WEBブランディングのカティサークの押切孝雄です。

本日の写真は、どこだかわかりますか?

416.JPG

外国っぽくもありますが、日本の写真です。

答えは、「日本銀行」の建物の写真です。 日銀は、東京駅の北東にあります。

本を書く私の方法、その7は、執筆中の息抜きです。

本の原稿を書きあげることは、もちろん1日ではできません。
1週間でもできません。
私の場合は、最低でも1カ月はかかります。

1冊目は、執筆に5カ月くらいかかりましたし (^_^;

すると、必ず息抜きが必要なんですね。
私の場合は、自転車に乗るのが大好きでして、事務所の周辺を走っています。

天気のよい日は、すがすがしいです。

いつもは皇居を一周するというコースなのですが、今回は、少し遠出をしました。

日本橋の方まで行ってきました。
一番町の事務所を出発し、皇居の南側を通って、丸の内、日本橋、
神保町、九段下、そして事務所にもどるというルートでした。

そして、本の原稿が一通り出来上がりました。

編集者さんに提出しました。
オバマ大統領とインターネット戦略についての本です。

平日の日中はコンサルティングなどの仕事でなかなか執筆できませんので、
平日夜や土日の時間で書いていきました。

個人的に休みの時間を執筆にあてるのはいいのですが、
終盤では、知り合いや家族とのアポイントを全てキャンセルして、原稿を書いていきました。
これは たいへん申し訳なかったと思っています。

本の方は、これからまた、編集者さんと何度かやりとりをしながら最終調整をしていきます。

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ

本を書く私の方法 6 寝る!

こんばんは、WEBブランディングの株式会社カティサークの押切孝雄です。

今、次の本の原稿が佳境に差しかかっています。

本日は「本を書く私の方法」の6回目です。
そして、その方法とは、「寝る!」です。

あるテーマに沿った原稿を書く前に、たくさんの情報を頭に入れます。
本、雑誌、新聞などの参考文献を読んだり、インターネットで調べたり、
人に会って話したりします。

そして、その後、一人で考えます。
考え込みます。
すると、一度、脳は混乱します。

混乱した状態でもかまわず、大雑把にテーマに沿って文章を書いていきます。

そして、その後、意図的に一度寝ます。

寝ると、すっきりするのはもちろんですが、
寝ている間に、脳が情報を整理してくれます。

そして、起きてみると、良いアイデアが浮かんでいることが、これまでに何度もありました。

文章とは、漆塗りのようなもの。
ペンキのように、1回塗っていきなり完成とはなりません。

漆塗りのように何度も塗り重ねるもの。
文章は、漆塗りと同様に時に20回くらい修正していきます。

その過程で、間に はさむ眠りの効用は、本当に大きいです。
混乱したら寝る、そして、すっきり目覚めて書いていく。
その繰り返しです。

というわけで、個人的に本日は情報を入れすぎて混乱していますので、もう寝ます (^_^;

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ

東北芸術工科大学にてWEBマーケティングの講義をします

こんにちは、WEBブランディングの株式会社カティサークの押切孝雄です。

東北芸術工科大学より連絡をいただきまして、
大学院のコースにて、講義をすることになりました。

0001.jpg

( ↑ 東北芸術工科大学のロゴ ホームページより)

2009年1月に1回、授業を受け持つ予定です。

先日、私に声をかけてくださった担当教授とお会いしました。
ちなみに、その教授は、著書が50冊以上もある方でした。

1冊でも出すのが大変ですから、50冊というのは本当にすごいですね。
多いときで1年に6冊出されたこともあるそうです。

大学院の講義向けに大まかなレジュメをつくりまして、
担当教授からもOKもらいましたので、
これから、年末にかけて、講義用の詳細をパワーポイントでつくっていきます。

東北芸術工科大学は、私の地元の山形県にある大学でもあります。
良い講義になるように、内容をしっかり練っていきたいと思います。

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ

本を書く私の方法 5 周りの雑音が気にならず執筆に集中する方法

おはようございます、WEBブランディングのカティサークの押切孝雄です。

何かに集中したいとき、雑音が気になって、なかなか集中できないということは
ありませんか?

私の場合、本の原稿をカフェで書くことも多いですので、
昔は、隣の席の人のおしゃべりが気になって書けないということがありました。

しかし、今では、原稿を書くときに、周りの雑音が気ならずに、集中できる方法があります。

それは、iPodを活用することです。

02.JPG

( ↑ カフェで執筆するときは、速いテンポの音楽を聞くと、周りの雑音を気にせずに集中できる)

iPodに、自分の集中できる音楽を入れておきます。
それを聞きます。

すると、となりの人たちのおしゃべりが、気にならないですし、
何より、集中できます。

さらにいうと、通常カフェで流れている音楽は、ゆっくりしたテンポですので、
思考までゆっくしてきて、私の場合は執筆には向きません。

私が執筆中に聞く音楽は、トランスやハウスなどのジャンルにしています。
すると、自動的に「集中モード」に頭が切り替わりますので、
音楽同様に、速いペースで書いていくことができます。

私の場合、執筆している本ごとに、聴く音楽を変えます。

『グーグル・マーケティング』の執筆時には、「club nation ibiza」というアルバムを聞いていました。

現在、執筆中の本では、「Ibiza! Balearic House」というアルバムを聞いています。
速めのテンポなので、集中してバリバリ書きすすめられます。

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ

成功する会社と 成功が遠い会社の違いとは?

こんにちは、WEBブランディングの株式会社カティサークの押切孝雄です。

日々、企業からのホームページに関する相談を受けているのですが、
成功する会社、成功が遠い会社の見分けが簡単につく方法があります。

◆成功が遠い会社の受け答えの例:

私:「いつホームページを立ち上げたいですか?」
相談者:「なるべくはやく立ち上げたいです」

私:「予算はいくらくらいで考えていますか?」
相談者:「なるべく安く・・・」

上記のような会社は、成功が遠いです。

◆それに対し、成功する会社の受け答えは、

私:「いつホームページを立ち上げたいですか?」
相談者:「2カ月以内に立ち上げたいです」

私:「予算はいくらくらいで考えていますか?」
相談者:「30万円以内、でも、可能なら無料でもつくれる方法を知りたいです」

予算が無料というのは、虫が良いような気もしますが、それでも
このような会社は成功が近いです。

なぜなら、期間が具体的で、金額がはっきり定まっている会社は、目標が明確だからです。
期間が2カ月しかなかったら、その期間でできることを考えればよいですし、
予算が、30万円なら、その範囲内で最高レベルのウェブサイトをつくれるホームページ制作会社を探せばよいです。

つまり、目標が明確な会社ほど、うまくいきやすい・成功しやすい企業なんです。

「なるべくはやく、なるべく安く」というような相談者は、まだまだ願望レベル。
現実に落としこんでいく必要があります。

ホームページ制作に予算がないなら、それでもよいのです。
無料でできることもたくさんあるからです。

無料のホームページスペースや、無料のブログがあります。
どうしても予算がかけられないという場合は、
たとえば、「gooブログ」を利用して、無料で情報を発信してはいかがでしょうか。

私は、これで成功のきっかけをつかんだ人を知っています。

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ

本を書く私の方法 4 どこで書くか?

こんにちは、ホームページ制作会社(東京都千代田区)
株式会社カティサークの押切孝雄です。

本日は、原稿をどこで書くかについてです。

51.jpg

私は、原稿をいろんな場所で書いています。

休日の静かな事務所や、自宅をはじめ、
夜10時まで開いている千代田区の図書館や、
デニーズ、ジョナサンなどのファミレス、
スターバックス、エクセルシオールカフェなどのカフェ、
マクドナルド、モスバーガーなどのファストフードチェーンなどで書いています。

原稿の締切りが迫ってくると、移動中の電車の中でも書き始めます (^_^;

パソコンで書いているときと、プリントアウトしたものに赤ペンで直しを入れているときがありますが、
だいたいどこのファミレスでもカフェでも電源は使えません。

よって、パソコンのバッテリー残量には要注意なのですが、
マクドナルドの一部の店舗では、電源が使えるようになりました。

最近改装した店舗に行ったところ、コンセントが席についていて、
「利用者のことわかってるわ?、マックの原田泳幸社長さすが?☆」と小さく感激しています。

マクドナルドは、24時間営業している店舗も増えてきているので、
深夜から早朝の人の少ない時間帯に利用することも多くなりました。

ところで、カフェやファミレスで原稿を書いていると、
周りが気になって書けないという方もいるのではないでしょうか?

私は、全く気にならなくなりました。
気にならないある方法があるからです。

その方法を使うと、周りの音が気にならないだけでなく、
集中力も高まります。

その方法は、今度この「本を書く私の方法」シリーズで書いてみたいとおもいます。

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ

米沢商工会議所にてウェブマーケティングセミナーをおこないます

こんにちは、WEBブランディングの株式会社カティサークの押切孝雄です。

先日、米沢商工会議所様より連絡いただき、
ウェブマーケティングのセミナーをおこなうことになりました。

yone.jpg

( ↑ 画像は、「米沢商工会議所」のホームページより)

米沢は、山形県の南部にあります。
米沢牛、鯉の養殖などでも有名なところです。
これら現在まで続く名産の数々は、江戸時代から続く産業でもあります。
伝統のある城下町です。

先日、米沢商工会議所の担当者さんと打合せをしたのですが、
現在の米沢は、東北で工業製品の出荷額が3位?4位だそうです。

イメージでは、伝統的な産業がすぐに思い浮かぶのですが、
それと拮抗するほどに工業もさかんなんですね。

ウェブマーケティングセミナーは、
2009年2月に2回シリーズでおこないます。

対象は、米沢の企業になります。
少し先ではありますが、今、大まかなレジュメをつくりはじめています。

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ

うまくいく会社の共通点とは?

おはようございます、WEBブランディングの株式会社カティサークの押切孝雄です。

先日、ITコンサルティングに行ってきました。
医療関連の企業でした。

ホームページのコンサルティングは、4回シリーズの4回目、最終回でした。
3回目までに、ほとんどお伝えすることはお伝えしていたので、
今回は、最終チェックでした。

この企業の担当者さんが、とても意欲的に取り組んだおかげで、
当初の予定以上のレベルまでいきました。

ホームページのリニューアルの案件だったのですが、
12月中旬には、新しいホームページが公開の予定です。

やはり、行動することが決まれば、あとはやることをやるのみですね。
そして、きっちり行動していった企業からどんどん前に進んでいきます。

うまくいっている会社の共通点は、
愚直なまでに、計画を実行するということに尽きます。

今回も、とても、すがすがしいプロジェクトでした。

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ

本を書く私の方法 3

こんばんは、WEBブランディングのカティサークの押切孝雄です。

本日は、本を書く私の方法の3回目です。

これまで、目次・構成をしっかり作ってから、それぞれの項目を書いていくということを
紹介しました。

自分の書きやすい項目から書き出せば良いですので、
1章から順番に書かなくても良いということでした。

なぜなら、パソコンで書いていく場合には、いくらでも修正がきくからでした。

本日は、「プリントアウト」です。

378.JPG

( ↑ パソコンで書いた原稿をプリントアウトして、赤ペンで修正を入れたところ)

私は、パソコンである程度の長さの文章を書いた後は、必ずプリンターでプリントアウトします。
プリントアウトして、文章を読み、赤ペンで文章を修正していきます。

目安としては、1章分くらい(約1万字?2万字)くらいのまとまりのある文章になったら、
プリントアウトして、紙で見るということをしています。

結局、本というものは紙に出力されますので、紙ベースでの確認というものは
必ず必要です。

そして、プリントアウト→赤ペン修正→パソコンに入力 という流れを
必ず3回以上おこないます。

すると、文章がこなれてくるんです。

このシリーズ、次回は、「どこで書くか」について私の方法を紹介したいと思います。

『グーグル・マーケティング!』(アマゾン)

人気ブログランキングへ