クオリティ・オブ・ライフを高めてくれるもの:H2(水素)

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日のブログで予告していた、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を高めてくれるもう1つの事とは、
水素+入浴です。

知り合いの経営者さんから水素風呂の素をいただきました。
ホッカイロのような形状のモノを浴槽にしずめます。

すると、ブクブク泡が出てきます。
これが水素なのですが、
実際に、自宅で入ってみたら、身体があたたまる。

特に冬は、湯上がりにぽかぽかが持続しますので、とっても良いです。
1回分で5時間ブクブク水素の泡が出てくるので、
家族全員が入ってもまだブクブク水素を出してくれています。

自分でも買いたいと思って、
Amazonで探したところ、ありました。
ただ、値段は、1回分500円と高め。

そこで、他のタイプを探したところ、
3時間持続するタイプがありました。

1回200円程度になります。
毎日ではないですが、1週間に1回程度でしたら、
1週間頑張ったささやかなご褒美としてよいでしょうということで、
先月から使いはじめています。

入浴の習慣についてなのですが、
欧米人は、あまり湯船につかりません。
中国でも湯船にはあまりつかりません。

私が30カ国以上行った体験からすると、
毎日湯船に浸かるのは、日本人に特有と言っても言い過ぎではないと思います。

そして、平均寿命が最も長いのが日本です。
もちろん食生活とか、よく身体を動かすとか、さまざま要因があるでしょう。

その中で、湯船に浸かることが、健康寿命を伸ばしている一因なのではないかと思います。
(勝手な直感では、諸外国に比べ、入浴の習慣だけで1年くらいは寿命が長いのではないかと思うほど^^)

それは、入浴は体温を上げるからですね。
風邪を引いた時に熱が出るのは、その熱で病原体を退治するからですね。

入浴は、人工的・一時的に体温を上げ、血行を良くします。
すると、血流量が増えますので疲れが取れ、
免疫力が高まるのではないかというのが、私の勝手な推論です。

ただ、これに気づいたのが最近です。

私は社会人になってから、20年近く、ほとんどシャワーで済ませており、
湯船にはほとんどつかりません。

湯船に入っている時間がもったいなく感じるからです。
それならサッサとシャワーで洗い流したらよいと思っていました。

したがって、湯船に浸かるのは、ここ20年くらいの平均では、年間10回くらい。
温泉に宿泊した時なども含めて、月1回くらいでしょうね。

ただ、40歳を間近にして、湯船に浸かった翌日は、明らかに体調が良いと感じるようになりました。
そこで、良いことはすぐ励行というわけで、意識的に湯船に浸かるようにしています。

年間50回くらいが目標です。
秋・冬・春は週に2回くらい、夏はたまに。
平均して週1回くらいは、湯船に浸かりたいと思います。

これにより、QOLは高まります。

将来は、身体の疲れ、乳酸値などを数値化してくれるガジェットが出てくるんでしょうね。
来年2015年は、アップルからも腕時計が発売されます。

さらにそこから数年したら、四六時中身に付ける端末が発売され、
そこにセンサーがついていて、身体の状態を知らせてくれるモノが出てくるのではないかと予想しています。

今でも、iPhoneは、歩数を自動で計測してくれますからね。
必然的にそうなってくると思います。

そういったテクノロジーの進歩と社会の変化を体験していくことは、本当に楽しみです。
来年も様々体験して、ブログや書籍などにも書いていきたいと思います。

今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

10年前のフロッピーディスクを読み取ってみたら!?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

前回のブログで、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を高めてくれるものとして、
快適な環境について書きました。

その一環で、住環境を整えようと、家を片付けているのですが、
家には、10年分くらいのモノがたまっているので、様々出てきています。

その中に、フロッピーディスクがありました。
学生くらい若い人ですと、フロッピーディスクを知らない人がいるかもしれません。

フロッピーディスク1枚に1MB程度の容量のデータを収納できます。
8GBのUSBメモリーを持っている人がいたら、
8000枚のフロッピーディスクを持っているのと同じですね。

フロッピーディスクに収まっているデータと言えば、
ワードとかエクセルなどのテキストデータがメインです。

サイズの小さな写真データはときどきありますが、
写真の元データは、1枚で2MBくらいありますので、フロッピーディスクに入らないのですね。

こういったフロッピーディスクが100枚くらいあるのですが、
現在発売されている新しいパソコンには、フロッピーディスクドライブがありませんので、
古いパソコンを出してきて、フロッピーディスクを1枚1枚読み取って、
ハードディスクに保存する作業をしています。

10年以上前のデータですので、
イギリスの大学院に留学していた頃に書いていたdissertation(論文)が出てきました。
1年くらいかけてやっと完成させた100ページの英語の文章ですね。

それから日記、雑記も。
内容は、今見たら粗削りなところが多々ありますが、ところどころ読み飛ばしていくと、
タイムマシーンに乗って、10年前に戻ったかのような気持ちになります。

家の掃除ということで、重い腰を上げて始めたことではありますが、その過程で、
20代半ばから後半の自分と対峙できて、思いがけず、意味のある時間を過ごすことができました。

ただ、100枚のフロッピーディスクのうち、数枚に1枚は、読み取れないファイルがありました。
10年も経つと、劣化するのですね。

これ以上の劣化を防ぐためにも、
ハードディスクにコピーしていきます。

さらに外付けハードディスクにバックアップを取るようにしたら安心ですね。

そんな年末を過ごしているのですが、
もう1つ、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を高めてくれるものがあります。

それについては、また次回のブログで書きます^^

クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を高めてくれるものとは?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

昨日のブログで、Time is Life(時間は命)と書きました。
命の時間を使って何をするかというテーマでした。

誰しも、同じ1時間でも、濃密に過ごせた1時間と、そうでない1時間があると思います。

そこで、今回は、濃密な時間を過ごすための方法です。
人生のクオリティを高める方法と言い換えてもよいかもしれません。

では、その方法は??

「場所」です。
時間は、必ずどこかの場所で過ごします。

したがって、長く過ごす場所が快適ですと、クオリティが高まります。
不潔な場所にいるよりも、快適な場所にいる方が、人生の質を高めてくれます。

また、雑然として、探しものに時間がかかる場所にいるよりも、
整頓されていて、10秒以内に必要な物が取り出せる場所のほうが快適です。

ただ、すべての場所を快適にするのは難しいです。
(外出していて、外出先をいきなり掃除しだすわけには行きません^^)

そこで、自分が長く過ごす場所を快適にしましょうというわけです。

長く過ごす場所は、大きく2つ。
会社と家です。

弊社カティサークの事務所は、ほとんどモノを置かないように決めたため、
現在は、余計なものがなく、整頓されていて快適です。

それとは対照的に、家は、本や書類や、さまざまなモノが多く、雑然としています。

そこで、年末年始に整理することにしました。
整理に1日では全く足りないので、2週間くらいかけます。
今、ちょうど1週間が経ったところなのですが、まだまだ道半ばですね。

漫然と片付けないように、タイマーで30分間カウントダウンします。
そうすると、締切意識が出てきて、30分間でこの棚を整理しようなどと、
集中してできます。

これを1日2セットだけやっています。
つまり1日1時間です。

家には、10年分くらいのモノがたまっているので、様々なモノが出てきています。
すると、10年の時間について、いろいろと思うことが出てきます。

捨てられるものと、絶対に捨てられないもの。
次回のブログでは、その中で出てきたあるモノについて書いてみたいと思います。

Time is life

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

タイム イズ マネー(Time is money)という言葉があります。
時は金なりですが、個人的には、もっとしっくりくる言葉があります。

タイム イズ ライフ(Time is life)です。
私は、時間は命と捉えています。

20代くらいまでは時間が有限という意識がそれほどなかった人も
30代、40代になってくると意識し始めます。

私は、もう少しで40歳ですので、
時間は有限だということを強く意識しています。

時間は命です。
不老不死の科学技術ができれば別ですが^^

それでは命の時間を使って何をするか?

スティーブ・ジョブズによれば、
つまらないことに時間を使うな、直感(intuition)を信じなさいと言います。

有限な時間(命)なので、この先、どちらにしようかというテーマがでてきたら、
直感で選びなさい、直感は、優れたコンピュータのようなもので、
正しい方向へ導いてくれるというわけです。

これまでを振り返っても、書く本のテーマを決めるときには、
マーケティングのデータは駆使しつつも、最終的には直感に従ってきました。

また、10年以上前に起業した時に、どんな事業を起こすのか、
あれこれ考えました。

その中で、自分の直感を信じてWEBマーケティングとコンサルティングの事業をはじめました。
おかげさまでクチコミだけで、コンスタントに取引が増えています。

ただ、有限な時間(命)なので、命をすり減らしてやたらと取引先を増やすつもりはありません。
その企業のビジョンや方針に共感して、
その会社をWEBの側面で支援していこうと思った時だけ取引を開始するようにしています。

1度取引が始まると、何年にも渡り携わるからです。
パートナーとして、その企業がさらに良くなる方法を考えて実施していきます。

そして、一緒に成果を分かち合っています。
現在、そのような取引先企業様と取引をしていることが私の誇りです。

私にとってこれ以上の天職はありません。
年末も押し迫ってまいりましたが、2015年もこの方針で事業をすすめてまいります。

プライベートで何をするかの判断基準

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日のブログで、会社の判断基準は、正しいか正しくないかで判断すると書きました。
では、プライベートでは??

本日は、プライベートでの判断基準です。

本田直之さんの著書を読んでいた時に、その答えがありました。

「仕事は正しいか正しくないかで判断する、
プライベートは楽しいか楽しくないかで判断する。」

というものです。
これは、大変に面白いアイデアだと思います。

プライベートは、人生をカラフルにしてくれるので、とっても重要です。
土日の休みに楽しいことをすれば、仕事にも良い影響を与えます。

私が毎日こどもに読み聞かせている『こども論語塾』でも、

「之を知る者は、之を好む者に如かず。
之を好む者は、之を楽しむ者にに如かず。」
という言葉があります。

現代語訳では、
「ものごとを知識として知っているだけの者は、これを愛好する者におよばない。
さらにこれを愛好する者は、これを楽しんでいる者にはかなわない。」
となります。

ですので、特にプライベートでは、楽しんでできたら最高ですね。

私も、これでいきます。

会社は、正しいか正しくないか。
正しくなくて儲かっても、意味がありません。
たとえば、脱税をしてお金をつくっても意味がないのです。

日々の仕事も楽しいことばかりでしたら良いでしょうが、
事務作業などの雑用もあります。

ですので、せっかくの休日のプライベートは、楽しいことをしたいと思います。

たとえば、皇居を走って心身ともにリフレッシュする。
年1回以上家族で旅行をして思い出を作る。
などですね。

次回は、時間についての長期的な戦略について書いてみたいと思います。

長期的なアプローチ、仕事での指針とは?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日は、個人の長期的なアプローチ(抱負)について書きました。
今回は、会社(仕事)の長期的なアプローチです。

孔子の言葉に、
「君子は義に喩り、小人は利に喩る。」
という文章があります。

現在、毎日子供に『こども論語塾』という本をを読み聞かせているのですが、
語感もよく、個人的には、この言葉が、とっても心に響いています。

現代語訳では、
「賢者は正しいかどうかで物事を判断する。
愚か者は利益があるかどうかで物事を判断する。」
というものです。

多くの企業にとって耳が痛いかもしれません^^
企業は利益を追求する組織ですので。

しかし、利益を追求しすぎてしまうと、長期的にみると、うまくいかない企業がでてきます。
給与は高くなる可能性はあるけれども、フルコミッションだったり、
利益を追求しすぎて、ブラック企業と呼ばれたり。

短期的には繁栄するのかもしれませんが、長期にわたってうまくいくことはないのですね。

それではどうするか?
孔子によれば、正しいことかどうかで判断しましょうというわけです。

一歩すすめて、社会に対して、貢献できたかどうかを指標にすると、
長期的にまわりまわって良い結果をもたらすと思います。

カティサークで考えてみると、クライアント企業が繁栄する方法を考えて、
デジタルマーケティングの分野で支援する。

すると、クライアント企業がうまくいくので、まわりまわって弊社も利する。
利する方法を第一に考えるのではなく、正しいことをして、その結果利するという順番が正しいのだと思います。

会社は正しいか正しくないかで判断する。
これは、良いと思います。

では、プライベートは??
プライベートまで、正しいか正しくないかだけで判断したらいきが詰まりそうですね。

そこで、その答えがあるのですが、
長くなりそうですので、次回のブログで、プライベートでの判断基準について書いてみたいと思います。

選挙開票を効率化させたもの

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日、衆議院選挙がありました。
投票率が52%ということで、有権者の約半数が棄権した選挙でもありました。

私は、この選挙に、ある関心を持ってのぞみました。
それは、投票用紙です。

事前のニュースで、開票作業の迅速化のため、
投票用紙が、開きやすい仕様になっているというのです。

投票箱に用紙を入れる時に、1回折って入れる人が多いですが、
開票する時に、その折られた用紙を開くのが手間らしいんですね。

用紙を開く手間が省けると、開票時間が早くなり、選挙結果が速く出るというわけです。

開きやすい投票用紙を開発した企業があり、その用紙を全国の数百もの自治体で
採用されたというニュースでした。

投票日当日に、投票所へ行き、係員さんから投票用紙を受領して、
投票コーナーへ向かいました。

そこで意中の候補者の名前を書いて、投票用紙を2つ折りにしました。
それを、台の上においてみると、2つ折りにした用紙がじんわり開いてきました。

完全に開くということは無かったですが、たしかに開いたんです。

そこで、これは、紙のようだけれども、紙では無さそうだと思いましたので、
投票用紙の端を破ってみようとしました。

しかし、破れませんでした。
用紙は、プラスチック製のようでした。

見た感じ触った感じは紙そのものなのですが、実はプラスチックなんですね。

紙に似せてつくったプラスチックで、紙と同じくらい摩擦力があるので、
鉛筆で書くことができますが、プラスチックなので、折っても、戻ろうとする力があったんです。

そこで、今度は、どのくらい戻る力があるのかと、
爪で、ギーッと投票用紙を折り曲げました。

すると、開く力が弱まりましたが、それでも少し開きました。
その後、普通に投票箱に投票用紙を入れてきました。

こういう、用紙の小さな改善は、気づく人がほとんどいないほどのことだと思いますが、
開票作業の効率化という点では、大きな役割を果たします。

そして、このような小さくみえて大きな改善が、日本らしいと思いました。
こういう改善の1つ1つが、諸外国と比べても抜きん出ている日本力なのだと思います。

写真画像から、テキスト文字を取り出す方法とは?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

仕事をしていて、こんなことはないですか?

紙でもらった資料や議事録を、テキスト文字としてデータ化しなくてはならない。
その元データをデジタルデータとして受領できない場合。

自分で、文字打ちしていくのは少し手間ですね。

たとえば、evernoteでは、テキストデータ化したい箇所の写真を撮ってevernoteにアップすれば、
あとは自動的にOCRをかけてくれます。

これにより、文字検索が簡単にできて、閲覧できるようになります。
evernote上でみるのは、OKなのですが、
この文字をデジタルデータとして取り出すのが、けっこうな手間なんです。

アプリで完結するのでしたら簡単なのですが、
それが難しい場合はどうするか?

わりと簡単にできる、2つの方法を紹介します。

1つは、スキャナです。
たとえば、ScanSnapを使って、読み込んで、OCRでデータ化してしまえばOKです。

ただ、手元にスキャナがないという場合もあると思います。

そこで、もう1つは、「日本語文字認識BETA」というWebサービスです。

スクリーンショット 2014-12-17 20.40.34

スキャナがなくても、スマホで写真を撮って、画像を上記のサイトにアップします。
すると、テキスト文字にデータ化してくれます。

実際にやってみたのですが、とっても快適でした。

ただし、読み取り精度は、完璧ではなく、私が試みた時には、
「さ」が「き」になっていたり、
「く」が「<」になっていたりしました。

それでも、自分で1から文字打ちをしなくてはならないのと比べたら、
そのくらいなら許せるレベルです。

ちなみに、手書き文字の読み取りは、全く実用的なレベルではありませんでしたので、
ワードなどで作成・印刷された資料をデータ化する時には力を発揮します。

プリントされた紙から文字データを取り出す時には、威力を発揮すると思いますので、
ぜひ使ってみてください。

「8028」という長期的なアプローチ

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

まだ2014年12月半ばですが、個人的には、2015年がすでに始まっています。

そこで、年初に抱負を述べることがあると思いますので、
本日は、長期的なアプローチ(抱負)を書いてみたいと思います。

健康なシニアを研究すると、多くの場合、歯がたくさん残っているということです。

28本の歯のうち、20本以上残っている人が多いため、
「8020」という言葉があります。

80歳の時に自分の歯を20本残そうというものです。

歯が丈夫だと、健康な人の割合が高いので、
健康に生きるために、歯を残したいと思います。

では、そのための具体的な方法は??

その方法として、歯ブラシを1ヶ月に1本のペースで替えるということです。

毎日歯を磨くのは当たり前ですが、
歯科に定期健診に行ったところ、歯ブラシは1ヶ月に1本替えるように言われました。

これまで、歯ブラシは、数ヶ月使って、替えていたのですが、
歯医者さんによると、1ヶ月に1度替えた方が良いとのこと。

よく、歯ブラシを裏側から見て、反り返ってきたら、替える人が多いですが、
歯医者さんによれば、それでは遅いそうです。
1ヶ月もすると、反り返らなくても、腰が弱くなり、ヘタってくるので、替えましょうとのこと。

歯ブラシは、1本100円ー200円くらいですし、1ヶ月に1回変えたとしても、
1年間で数百円しかコストが増えません。

虫歯や歯槽膿漏になってしまってからですと、高くついてしまいますので、
長期的に見て、これらの歯の病気にならなければ、
歯ブラシを1ヶ月に1回替えるくらいは、大変に安い投資と言えそうです。

私の場合は、現在のところ、歯は全てそろっており、銀歯などの詰め物もしていないので、
28本あります。

そこで、一歩すすめて、「8028」、つまりすべての歯を残すを目標にしてみたいと思います。
これからの折り返しの40年間、80歳まで1本も欠けること無く、歯を維持していきたいと思います。

こういった、病気になる前の予防を、歯だけでなく、
多くのカテゴリですすめていくのが私の抱負です。

今年(2014年)の振り返り

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

2014年も12月に入りました。
少し早いですが、1年の振り返りをしてみたいと思います。

カティサークとして、仕事では、おかげさまで順調で、
多くのクライアント企業様と縁を持たせていただいております。

創業11期目になりますが、最高売上を更新すると思います。

そのため、いつも動きまわっておりまして、
1日に2社のコンサルティングという日も、相当数ありました。
(通常は、1日に1社くらいなのですが、今年は午前、午後と2社という日も多かったです)

私は、クライアント企業の業績が伸びていくことに、仕事のやりがいを感じておりますので、
クライアント企業さんと一緒に成長して、想いを共有できること大変嬉しく思います。

また、『はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義』(マイナビ)も出版できました。
現在、2つの大学で教えていますが、WEBマーケティングのノウハウを出し惜しみなくまとめた本です。

自分が書いた本を題材に講義ができる幸せも味わいました。

さらに、プライベートでは子供が産まれました。
これにより、私自身の意識も大きく変わりました。

子供が成人するのは、これから20年後の2034年です。
20年後の日本が、今のように、本当に素晴らしい場所であってほしいと思います。

現在の日本が治安も良くて平和で住みやすいというのは、
先人達が築きあげてくれた成果です。

これを引き継いで、よりよい場所を作っていかなくてはという意識が強くなりました。
20年後に住みやすい国というのは、現在の30代、40代の我々の人たちが
いかにするかということですので、非力ではありますが、ここに貢献していきたいです。

というわけで、感謝の2014年、まだ1ヶ月弱ありますので、
気を引き締めて、仕事をしていきたいと思います。