2倍のボリュームになったWebマーケティングのテキスト

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。
テキスト制作の案件がほぼ終わりました。

この1ヶ月半くらいの間、チャレンジが続きました。
今回、Webマーケティングをテーマにテキストを作っていきました。

はじめ、本1冊分(200ページくらい)と聞いていたのですが、
書いていくうちに、納品先からの要請もあり、詳細な手順も含めて書くことになりました。

通常、本1冊の文章量は、だいたい8万字から10万字ですが、
終わってみたら、16万字にもなっていました。
2倍ですね、紙の本にしたら2冊分にはなると思います。

それから、テキストに画像が挟まるのですが、
その画像も通常、1冊の紙の本でしたら、100枚あったら多いと思いますが、
450枚以上にもなりました。

時間も限られていて、文章だけでなく、画像も用意しないといけないということで、
私だけではどうにもならないと思ったので、信頼できる方に協力してもらいました。

はじめの想定よりも内容量が2倍以上になったというのが、
今回の誤算でした。

締切までの期限が短く、時間をやりくりしながらの制作となりました。

ただ、時間がない中でも決して妥協せず、コンテンツに自信がもてる内容となりました。
どう考えても現時点での日本のWebマーケティングの教科書としては、ベストです。

それはもちろん、私だけの力ではなく、画像の制作で協力してくれた方や、
納品先の担当者がとっても優秀だったからです。

納品先の担当者は、時間がなくても決して諦めることがなく、
夜中の2時までSkypeで話して内容を詰めていったり、
土曜・日曜日も連絡を取り合ってすすめるなど、スクランブル体制ですすめました。

いつも前向きな人で、私が執筆していても余計なプレッシャーを全く感じませんでした。
こういう人をコミュニケーションスキルが高い人というのでしょう。

画像の制作で協力してくれた方は、本業がプログラマということもあってか、
結果的に鬼のような数になった画像を、
得意のプログラマ的センスで手際よく作ってくださいました。

彼がいなかったら、制作が今でも終わっていなかったでしょうね。

すでに制作したWebマーケティングのテキストを用いてのコースがはじまっております。
有料の決して安くないコースなのですが、初速の申込みが多いそうです。

このコースを終了した人は、確実にWebマーケティングの力をつけることができます。

私の手からは、少しずつ離れていきますが、
現在は、やりきったという気持ちが強いです。

今回は、テキスト制作をしている時に、いつも考えていたのは、
最高の内容をつくろう、でも時間が短いので、いかに短時間で最高水準のものを作るかでした。

結果的には、締切が迫っていても、最大限時間をかけて、1つ1つ作っていくことですね。
1つ1つ作っていくと、必ず終わります。

個人的にもとても勉強になり身につくことの多かったWebマーケティングのテキスト制作でした。

「執筆ダイエット」を開発!?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

詳細はまだ書けないのですが、
現在、WEBマーケティングに関するテキスト制作をしています。

締切があるので、もうそろそろ終わらないといけないため、
先週は3連休だったわけですが、この時にもずっと書いていました。

タイトなスケジュールで今週は会社にも合宿して書きすすめました。

だんだん寝る時間がもったいなくなってきて、
寝る時間も減りました。
ただ、普通に睡眠時間を減らすと、眠くなりますよね。

そこで、睡眠時間が短くても眠くなりにくく、
集中するポイントが見えてきました。

それが、腹4分目。
寝る時間が少なくても大丈夫な理由は、食を細くしたことです。

1食分を1日かけて食べるくらいの量にすると、あまり眠くならないことを発見しました。

食後眠くなるのは、消化に体力を使うからですね。
胃や腸に血液がいくから眠くなるという説は一理あると思います。

なので、食を細くすると、余計な体力を消費せず、眠くなりにくくなります。

さらに、腹4分目の効用としては、頭がクリアになります。
満腹からは程遠いですので、集中できます。

はじめから、腹4分目にしようと思ったわけではないのですが、集中していると、
それを続けたくなり、食事をとると集中が中断されるような気がして、はじめはなんとなく食を摂る間隔が長くなってきました。

それで、お腹がすいた時には、フルーツを食べます。
今の時期ですと、いただきもののマスクメロンや、(野菜になりますが)スイカで糖分補給をしています。

なるべく、精製された糖分(砂糖系のもの)は遠ざけるようにしています。
精製された砂糖は、私には強すぎるため、コーヒーなどにも入れません。

結果的に、おかげで痩せました。
たった1ヶ月で、20年ぶりに大学時代の体重レベルになりました。

執筆をすることでダイエットになるとは、一石二鳥ですね。
「執筆ダイエット」本、書いてみようかな^^

大学の期末テストで良い点を取る方法:その1

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

大学の前期の講義も14週目に入っています。
来週は15週目で、期末のテストがあります。

そこで今週は、これまで1回目から13回目までの復習をおこないます。
来週のテストの対策問題を学生に配ります。
それを問いて、本番に備えるのです。

人は、問題があると、スイッチが入って、それを解こうとして脳が考え出します。
したがって、テストの対策方法は、問題を解くというのが一番です。

ただ、今週配るこの対策問題は、私が作ったものではないのです。
実は、学生自身に作ってもらいました。

これには理由があります。

学びを深くする方法は、自分でよく考えることなのです。
できれば、講師になったつもりで。

大学の期末テストで良い点を取る方法があります。
それは、自分で問題を作ってみること。

すると、受身的に問題を解くのに比べて、自分で問題を作るとなると、
まずは、どの分野から出そうかとか、基本的な用語を聞くのか、
具体的な内容を聞くのか、応用問題を出すのかといったところまでを考えることになります。

この考えるということが身につくことになるのです。
問題はただ解くのではなくて、学生が自分自身で問題を作ってみることで学びが深くなります。

というわけで、受講生300人くらいが作った問題の中から、
良い問題をピックアップして、14週目は、テストへの対策としています。

そして、その中で特に良い問題は、本番のテストでも出すと伝えています。
すると、学生自身のモチベーションもあがります。
自分で作った問題が出題されたら、単純に嬉しいし、必ず解ける。

学びが深くなる方法はもう1つあるのですが、
それはまた今度のブログで紹介します。

参議院選挙結果は予測できるのか?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

明後日、2016年7月10日は参議院選挙の投票日になっています。
選挙結果って、予言者でもない限り、現時点ではわかりませんよね。

下記は、東京の私の選挙区にある掲示です。

IMG_7709

私は選挙結果を予測ができます。
というと、ちょっと怪しい気がしてきますか?

もちろん、予言者ではないですので、あくまで予測です。
それでは、どうやって予測をするかですが、Googleを使います。

今回利用するのは、「Googleトレンド」です。

ここに、今回の立候補者の名前を入れてみましょう。

スクリーンショット 2016-07-08 8.12.59

ここから、「蓮舫」、「田中康夫」、「三宅洋平」、「山添拓」、「支持政党なし」の検索数を比較します。
過去30日間の検索ボリュームをグラフ化したものです。

すると、「蓮舫」が都知事選に出馬するか否かで話題になった時に、検索数が多かったのが分かります。

そして、投票日前々日時点での検索ボリュームでは、「三宅洋平」が圧倒的です。

Googleトレンドは、人々がGoogleでどのくらい検索されているかを見せてくれるツールです。
その結果、三宅洋平が1位。

ここから、三宅洋平という候補者は、知らない人が多いかもしれませんが、
当選するのではないかというのが、Googleトレンドからわかります。

選挙は、組織票の影響力もありますので、支持者の多い政党の候補者が知名度が低くても地味に強いというのはあります。

また、支持している人も、していない人も検索しているので、
検索数自体は関係ないのではないかという意見もあると思います。

ただ、過去の事例をみると、検索数が多いと当選してしまうという傾向があります。

実は、この検索数やYouTubeの動画再生数で、選挙結果を事前に予測する方法は、
2009年の拙著『YouTubeビジネス革命』(毎日新聞社)を上梓した時に、紹介した方法です。

この時には、オバマの検索数と再生数を分析しました。

さて、参議院選挙、予測通りになるかどうかは、7月11日にははっきりします。
個人的には、どの候補に投票するか、もう少し吟味して決めたいと思います。

良い機械化

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

人工知能(AI)の発展が目覚ましいですね。
今年の3月には、GoogleのAIがプロの囲碁プレーヤーを破ったという報道がありました。

この人工知能の分野は、現在、猛烈な勢いで発展していますね。
研究対象として目が離せないところであります。

本日は、良い機械化について話してみたいと思います。

私が子供の頃(30年以上前)に、駅の改札に行くと、必ず駅員さんが立っていました。
もちろん、電車に乗る人の切符を切るためです。

現在は、切符をチェックする駅員さんはいません。
自動改札機があるからですね。

自動改札機へスイカをかざすだけで、ピッと音がしてゲートを通過できます。

切符自体もスイカやパスモなどの電子カードに置き換えられてきていますので、
自動精算となり、そもそも券売機で切符を買うこともほぼなくなりました。

新幹線のチケットもネットで予約しますしね。
実際、都心の駅にある券売機自体の数も減ってきています。

これは明らかに良い機械化ですね。
30年前に切符を切っていた駅員さんは、
現在は、何か不具合があった時や、乗客の対応に専念できます。

また、ここ数年少しずつ起こっている変化として、駅のホームにホームドアが設置されてきています。

これにより、ホームからの転落を防いで安全性を高めるというものですが、
これも、これまでは、駅員さんがホームに立って目視確認をして、危ない人がいれば笛で注意していたものを、
機械化したということで、良い機械化と言えます。

すると、どんどん駅員さんの仕事が無くなってしまうのではないかと、
危惧する人がいるかもしれません。

でもね、機械化できるところは機械に任せて、
駅員さんは、お客さんへの対応という(現在は)人でしかできないところに集中できるので、
やはり良いことなんです。

同様に、機械化という意味では、
スーパーマーケットに買い物に行っても、お会計の時に、レジは人が対応するのではなくて、
セルフレジで、自分で精算するスーパーも増えてきました。

TSUTAYAなどのCD・DVDレンタルショップでもセルフレジが導入されてきています。

このようにして、人がやっていたことを機械に置き換えられているのが現在です。
では、人はどうするか?

人でしかできないことに集中できるということです。

人でしかできないこと、どんなことがあるでしょうか?
思索したり、人とコミュニケーションしたり。

機械や人工知能に代替されないような活動を増やしていきたいですね。

夏は嫌いですか?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

「どの季節が好きですか?」
と聞くと、秋や春という人が多いですね。
その理由は、やはり暑すぎず寒すぎずちょうど良くて過ごしやすいからですね。

夏が好きという人は、本当に少ないです。
暑いから苦手ということが主因のようです。

でもね、私は、夏が好きです。
ジリジリする暑い夏が好きです。

本日は、7月1日ということで、梅雨のまっただ中ではありますが、
私の中では夏が始まっています。

今年の夏は、特殊ですね。
7月は、参院選と都知事選があります。
私は、大学で政治学を専攻していたこともあり、選挙は大きなイベントと考えています。
(ただ、あまり関心のない人も多いですね)

8月にはブラジルのリオデジャネイロでオリンピックがありますね。
どんなドラマを見せてくれるでしょうか。

この夏しかできないことが、たくさんあってワクワクします。

個人的には、現在、執筆中のテキストが終盤を迎えています。
一通り書き上げて、これから2巡目に入ろうとしているところです。

この夏の前半のハイライトになると思います。
1日1日を大切にして、最良のものができるように集中します。

大学での前期の講義も7月末までで完了です。
4月から毎週教えていたことも一段落します。

2016年の夏も暑くなりそうです。
一所懸命にやった時には、後から振り返ると、
必ず思い出になっていることをこれまでの経験から知っています。

この夏の思い出を丁寧に作っていこうと思います。