子供の学習プロセスの3段階とは?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

本日は休日的な話題です。
子どもが毎日少しずつ育ってきています。

子供が何かをできるようになるには、3つのステップがあるそうです。
1:まず親がやってみせる
2:子供と一緒にやってみる
3:子供自身でできるようになる

たとえば、子供が歩くようになった時のステップもこの順でした。
まず、親が歩く姿を見せます。
(これはあえて見せなくても、いつも見てはいるのですが)

そして、つかまり立ちができる様になった頃に、
後ろから脇を持ってあげて、子どもと一緒に歩きました。

この歩く練習がとっても好きだったようで、終始笑顔でした。
数も一緒にインプットしたら一石二鳥だと思ったので、
一歩一歩歩く度に、「1,2,3,4,5・・・」と数えながら、
後ろから支えながら一緒に歩きました。

これをしばらくした頃に、子供自身で歩き始めました。
はじめは一歩だけでしたが、その一歩は大きな一歩ですね。

室内をどんどん歩き始めます。
それからしばらくして、10ヶ月の時には、連続で自力で97歩ほど歩くようになりました。
(この時は、裸足でした)

続いては、靴です。
靴を履くと思いの外、歩きづらいようで、違和感を感じているようでした。

そこで、まずは、靴は履かずに、靴下だけを履かせて歩かせました。
靴下で歩くことにはすぐに慣れてきたので、
ものすごく薄い靴をベビーザらスで買ってきて、履かせて歩かせてみました。
そうしたところ、今度は慣れて歩けるようになりました。

靴が履ければ、外でも歩けるようになります。
はじめは、ホテルのロビーのような、広くて、床に障害物がないような場所で
靴を履いた状態で歩かせました。

すると、自分で歩けることが嬉しいようで、どんどん歩きました。
学習する時に、嬉しいという感情は重要ですね。
前のめりになります。

外を歩く時に、抱っこひもで抱っこをしていても、
はやく歩きたいと要求してきます。

このプロセス、自転車も同じなんでしょうね。
自転車を乗り始める時期が楽しみです。

しかし、自転車はしばらく先なので、
今やっているのは、語りかけ。
語りかけの結果どうなるでしょうか。

またこのブログでも書いてみたいと思います。

コインランドリーのインターン2:オープン

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

IMG_0360

5月22日にコインランドリーがオープンしました。
それに合わせて翌23日にオープニングイベントを行いました。

大学生インターン生を募集したところ、6名が参加したいということで
全員を連れて行きました。

オープニングイベント内容は、「幸せの100円」をプレゼントすることです。
コインランドリーの洗濯機は大きさに応じて400円から800円するのですが、
これをオープン2週間は100円で利用できます。

さらに、「幸せの100円」をプレゼントすることで
その100円を使用していただき洗濯機が回せますので、
無料で利用できるというイベントでした。

IMG_0544

10時から12時までで、先着30名様ということで行いました。
告知は、ポスティングによるチラシ2万枚と、
店頭でのチラシ配布でした。

インターン生も受付、カメラ、記録、案内などにわかれて
コインランドリーに来てくださったお客様の対応をしました。

IMG_0511

一時は店内がごった返すほど、多くの方にお越しいただきました。

やはり、役割分担をして、それぞれが動くことは効果的ですね。
学生も積極的に洗濯機や乾燥機の使い方をお客様に案内してくれました。

イベント終了後にインターン生と反省会をしたのですが、
学生自身、本当に様々なことに気づきがあったようです。

私自身も、今回のイベントを通して、コインランドリーに来てくださるお客様と話ができて大変勉強になりました。

たとえば、地方の大型のコインランドリーですと、
店内にテレビがあったりして、ゆっくり時間を過ごせるものがあるそうです。

お客様が心地良いと感じてくださるような、
お店をもっと良くする方法は、お客様の声に耳を傾けることですね。

コインランドリーのオープニングイベントは、今回だけですが、
学生にとって良い経験となるようなインターンは、また機会をみて行いたいと思います。

大学での講義が7週目に!成長する学生の特徴とは?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

intern_cuttysark001

今年で5年目になる大学での講義も、
4月からの新しい年度がはじまって、はや7週間目となりました。
前期は15回ですので、もう半分まで来ましたね。

私の講義では、1回目のガイダンスの時に、学生にやりたいことリストを書かせるワークをします。
そこに、30個くらいやってみたいことを書いていくわけです。

やってみたいこと(留学、バイトなど)、
行ってみたいところ(国内・海外旅行など)、
会ってみたい人(有名人、専門家など)、
感謝したい人(親、親友など)

そして、そのリストには、いつまでにやるか日付を付けてもらいました。
もう7週間たってますので、そのうちのいくつかを達成したという人も出てきているわけです。

WEBマーケティング講義ですので、
やりたいことリストを書いてやってみるというワークは講義と直結していないのではと感じる人もいるかもしれません。

ただ、自分で計画したことを実際にやってみる。
そしてそこからフィードバックを得て、
次に活かしていくという流れは、まさにWEBマーケティングのプロセスと同じなんです。

WEBマーケティングには確立された手法はあります。
ただ、他の業界よりもはやく陳腐化します。
そこで、自分で考えて仮説を立てて、実施して、その結果から精度を高めていくことが大切なことです。

したがって、まずは、学生自身が興味のあることを書き出して、計画してやってみるということを推奨しています。

今回、学生にインターンをやりたい人がいたら申し出てくださいと伝えたところ、
20名以上が応募してきました。

なかなか全員を一度に受け入れることはできませんが、何回かに分けて体験させたいと思っています。

学生の時の経験は、無駄なことはありません。
本日のタイトルの成長する学生の特徴とは、何か面白そうなことを見つけたら、実際にやってみるということなんです。

インターンに応募してきた学生には、
現在進行形で行なっているコインランドリーのプロモーションとマーケティングの現場を体験させて、
講義という知識だけでなく、経験として身につけさせたいと思っています。

インターンについては、また書きますね。

繁盛店になるための2つのポイントとは?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日、コインランドリーを繁盛店にするためのインターンを行いました。

東京都内に近々オープンするコインランドリーがあるのですが、
その店舗に対してどのような施策をうっていったら繁盛店になるかさまざまな案をだして、
一部実行していきました。

インターン生は、昨年私の大学での講義を受講していた樋口君。

ちなみに繁盛店になるためには、どんなことをすればよいでしょうか?

2つのポイントがあります。
1つは、まずは1回利用していただくこと。
2つめは、繰り返し利用していただくことです。

1つめのまずは1回利用していただくためには、
店舗の存在を知ってもらわなくてはいけません。

そのためには、WEBサイトをつくる、近隣にチラシをポスティングする、WEBの地図サービスに登録する、
ネット広告を出す、オープニングイベントを行うなどの施策があります。

2つめの繰り返し利用については、お店のファンになってもらえるのが一番早いですので、
店舗の清潔さ・クリーンネスを保つことはもちろん、
もう1つ施策を考えています。
(その施策については、また後日書きます)

今回のインターンでは、まず、1つめの施策を実行していきました。
Googleマップへの登録申請をしました。
さらに、Googleのリスティング広告(AdWords)の設定を行いました。

インターンは、また何回かに分けて行う予定です。
近日オープンしますので、オープニングイベントにもインターン生を連れて行き、
実際の店舗の現場も体験させたいと思います。

樋口君の書いたインターンブログはこちら

これから何回かにわけて、1つ1つ着実に行なってまいります。

AppleWatchは必須アイテムか?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

applewatch_cuttysark01

Apple Watchが届きました。
予約開始が4月10日16:01からだったのですが、仕事の関係もあり18時頃にAppleのオンラインストアから予約をしました。

それで、5月17日に手元に届きました。
予約から1ヶ月以上ですね。

Appleは極力在庫を持たない企業ですので、
事前に予約を取るというのは在庫管理上とっても重要な事なのですね。
しかし、それにしても予約から1ヶ月以上とは、待たせますね^^

海外の工場で生産されてすぐ日本に送り届けられます。

AppleWatchには大きさが2つあります。
38ミリと42ミリです。
私は、大きいほうが画面も大きく使い勝手が良いので42ミリにしました。

運動時にも着けたいのでスポーツタイプにしました。
色はビジネスで着けていても違和感のないブラックです。

appleWatch_cuttysark02

iPhoneとペアリングして使います。
はじめペアリングがうまくいかず、何度もエラーが出たのですが、
iPhoneを再起動したところペアリングが完了しました。

appleWatch_cuttysark

腕に付けてみると、違和感がありません。

Apple Watchで何ができるかですが、
たとえば心拍数が計れます。
これまで、通常心拍数を計るために、胸に計測器具をつけていたのですが、
胸が圧迫されるような感じがあまり好きではありませんでした。

AppleWatchなら腕ですので圧迫感はありません。
皇居ランをする時に心拍数を計測したいと思います。

一般的な腕時計と違うところは、やはり通信をしているところですね。
たとえば、天気や現在の気温もわかります。

ただ、AppleWatchは、スマートフォンのように必須アイテムかというと、
そうでもないというのが、第一印象です。

まだまだAppleWatchに対応しているアプリが少ないですので、
これから数年かけて独自の使い方が開発されてきます。

それにしても、腕時計をつけるのは、数年ぶりです。
ここ数年は、腕時計をつけていなくても生活できていたので、
無くても良いのではないかというのが、率直な感想です。

しばらく付けてみたいと思います。
その結果、第一印象が変わってくるのかどうか。

またブログでレポートしますね。

コインランドリーの施策についてのインターン

インターン生の樋口拓朗です。

今日は14時に集合し、押切先生と2人で会議をしました!笑
会議の内容は、5月に成増でオープンするコインランドリーについてです!

特に、リピーターになってもらうためにはどういう施策が必要なのかという話をしました。
話し合いの結果、コインランドリーの店内で、家族の絵の展覧会を行うことになりました!

coin001

ちなみに、上の写真は、コインランドリーのオープン時に使用するものなんですが、
なんだかお分かりでしょうか??

この袋は、次回使用するもので、中身は皆を笑顔にするものです笑

詳細は追って、ブログにてご報告致します!

次回は、コインランドリーのオープニングイベントのインターンです!
以上、樋口でした。

WEBサイトをリニューアル(中)

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

ブログを見て、なんだかちょっとデザインが変わったなと思われた人がいたら、
このブログを数ヶ月から数年ほど読んでくださっている方です。

cuttysark_top01

今、カティサークのWEBサイトは、リニューアルの真っ最中です。

何を変えたかというと、レスポンシブデザインに変えました。
Googleが推奨しているデザインです。

レスポンシブデザインが良い理由の1つは、表示が速いことです。
このサイトにアクセスした時に、これまでのサイトよりも速く表示されます。

それによりブログを読んでくださっている方のストレスが減るメリットがあります。

トップページは、1カラムの表示にしました。
大きなスライダー画像は、全て私が撮影したものです。

飛行機の中からの太陽が水平線に見えるシーン、
かもめが大空を飛んでいるシーン、
ロンドンの街並み、
カティサーグ号と青空など。

ゴールデンウィークの真っ只中なのですが、過去に撮影した写真アーカイブを見ながら
この10年の出来事を思い返しました。

サイトの方は、まだ少し修正が必要ですが、リニューアルは楽しいですね。
振り返ってみると、2014年から10年以上サイト制作をしてきているわけですが、
まったく飽きることがありません。

時代に応じて、WEBサイトのトレンドが変わっていくからですね。
現在2015年の時流ということでしたら、
パソコンのみならず、スマートフォン対応ということになります。

そして、こうしたトレンドの変化をセミナーや大学の講師として伝えていく機会があることを誇りに思います。
これからの10年も充実した10年となりそうです。