スーザンボイルとマーケティング

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

イギリスに、Britains Got Talent というTV番組があります。

簡単に言うと「スター誕生」のような番組なのですが、
ここに、スーザンボイルという女性が登場しました。

スーザンボイルは、47歳のスコットランドの片田舎に住む女性です。
見た目は、アグリー。
お世辞にも美人とは言えない、ステージに立つのに場違いな感じすらただようおばさんです。

YouTubeへアップされ、全世界中からアクセスが集中しました。
YouTubeで、かなりのアクセスがある映像なので、見た方も多いと思います。

0011.jpg

( ↑ Britains Got Talent のスーザンボイル。 すぐに日本語訳版もつくられた )

しかし、スーザンボイルが、一度歌いだすと、その会場にいる人すべてを魅了しました。

曲は、レ・ミゼラブルのI dreamed a dreamです。
イギリスで大ヒットのミュージカルであり、
歌詞が、スーザンボイルの境遇と似ていることもあり、
伸びやかな歌声と共に心を打ちます。

スーザンボイルは、おばさんではなく、歌姫だったのです。

その後、見た目と歌唱力のギャップから、
YouTubeで話題になり、
各国のメディアがこぞって取り上げました。

大西洋を渡りアメリカでも話題になりました。
CNNもインタビューしました。
ラリーキングライブにも登場しました。

インターネットでニュースになりました。
もちろんYahoo!などのニュースにも登場しました。

日本でも、報道ステーションやフジテレビなどの番組で紹介されました。

マーケティング的に考えると、大成功です。

スーザンボイルというコンテンツを活用し、
このBritains Got TalentというTV番組の知名度を世界的に決定的なものにしました。

これを構想したマーケティング担当者(プロデューサー)は、
思い通りの結果に満足しているでしょう。

YouTubeというインフラがなかったら、我々日本でこんなに早く見ることはできませんでした。

最近のマーケティングの傾向として、YouTubeの発展により、
世界的な流行をつくりやすくなってきています。

先日ご紹介したThe Best Job In The Worldの事例でもそうでしたが、
1:情報発生源が、魅力的なコンテンツを用意し、
2:YouTubeに映像をアップすることでクチコミが増幅し、
3:メディアが取り上げて、
4:さらにYouTubeへアクセスが急増する
という流れのマーケティング手法が増えているということです。

◆ポイントは、
・コンテンツが良いこと。
今回は、スーザンボイルの歌が抜群に良いことでした。
ただし、コンテンツが良いだけでは、ニュースになりません。
美人で歌がうまい歌手は、たくさんいますから。

・ギャップがあること。
垢抜けないおばさんが、実はものすごく歌がうまいというギャップこそが、
今回のキモでした。

これまでの放送や通信がなし得なかったことが、
インターネットを絡まって、できるようになっています。

マーケティングの現在地としては、最先端の事例と言えます。
今後、さらにYouTubeを活用して、メディアを巻き込んだマーケティングが増えていくでしょう。

人気ブログランキングへ

主要フォントが一覧で見られるサイト

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

本日は、昨日に引き続き、役立つサイトのご紹介です。
主要なフォントが一覧で見られるサイトです。

font001.jpg

( ↑ 主要な書体がみられるWEBページ)

おなじみの「MS明朝」や「MSゴシック」などから、プロでも無い限り
あまり使わないフォントまでが見られます。

それぞれのフォントについて「標準」と「太文字」で見せてくれているのがいいですね。
書体によって、幅もだいぶ変わってきます。

人気ブログランキングへ

ホームページの幅(広さ)がわかるWEBサイト

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

ホームページは、幅の広さが様々です。
Yahoo!とGoogleではサイトの幅がちがいますが、
何ピクセルなんだろうと考えたことはありませんか?

または、ホームページをリニューアルする時に、
自分の会社のホームページの幅を何ピクセルにするか考えたことは無いでしょうか。

主要なサイトのホームページの幅(広さ)が一覧になっているまとめサイトが
あります。


001.jpg

( ↑ 主要なホームページの幅がまとまっているサイト「liquid paper clips」)

2008年4月23日のエントリーですので、この記事以後にリニューアルしている
サイト(たとえば楽天)では、データが若干異なりますが、
なかなかここまでまとめるのが大変ですので、
非常にわかりやすく、有用な情報です。

人気ブログランキングへ

ゴーヤの種を蒔きました

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

昨年に引き続き、今年もゴーヤの種を蒔きました。

912.JPG

( ↑ ゴーヤの種は固い殻に覆われている)

昨年は、7月に種を蒔いたのですが、時期的に出遅れた感があったので、
今年は、早めの5月上旬に植えました。

915.JPG

( ↑ プランターにゴーヤの種を植えた)

これから夏に向けて育ってくると思います。
楽しみの1つです。

人気ブログランキングへ

高知工科大学での講義

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

本日、5月23日(土)は、高知工科大学の大学院のコースで
講義をしてきました。

「グーグル等を活用したインターネットマーケティング」という題で、
90分間の講義をいたしました。

高知工科大学には、東京と、大阪にもサテライト教室があり、
私は東京教室から、高知と大阪の教室に向けて講義をしました。

こういうサテライトタイプの講義は、はじめでしたが、
複数のポイントを結んで生中継できるって、すごいことですね。

質問も、高知と大阪、東京と、それぞれの教室から3地点を結んで行うことできます。
質問も活発で、モチベーションの高い人が多いという印象を持ちました。

人気ブログランキングへ

東北芸術工科大学での講義

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

先日、5月20日(水)に東北芸術工科大学で講義をしてきました。
大きな講義教室に、学生100名くらいでした。

917.JPG

(東北芸術工科大学は、シンメトリックな本館がシンボル)

「WEBブランディング」について、事例を交えてお話ししました。

学生の視線が真剣でした。

おしゃれな学生が多いと感じたのですが、
それは、芸術工科大ということの特性かもしれません。

80分の講義時間があっと言う間でした。
とても楽しかったです。

人気ブログランキングへ

今週は、大学で講義ラッシュ

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

今週は、東北芸術工科大学と、高知工科大学にて講義をいたします。

明日5月20日(水)は、東北芸術工科大学にて
「WEBブランディング」の講義をします。

5月23日(土)は、高知工科大学にて「インターネットを活用したマーケティング調査」の講義です。

今、山形に着きましたが、
今年は山形が舞台になった映画『おくりびと』が米アカデミー賞外国語部門を受賞したり、
NHK大河ドラマの『天地人』の舞台が米沢(山形県)だったり、
なかなか注目を集めている地域です。

ちなみに、『おくりびと』の脚本を書かれた、小山薫堂さんは、
東北芸術工科大学の企画構想学科の教授でもありますね。

明日は良い講義になればと思います。

人気ブログランキングへ

「アイランドケアテイカー」決まる

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

オーストラリアのクイーンズランド州観光公社が現在進行中のキャンペーンがあります。

「The Best Job In The World」というキャンペーンで、
オーストラリアのグレートバリアリーフで島の管理人(アイランドケアテイカー)
を募集していました。

7月から半年間の仕事の報酬が、15万豪ドル(約1000万円)ということで、
世界中のメディアにも取り上げられ、多くの注目を集めました。

全世界から35,000人が応募して、
1次審査で50人に絞られ、
2次審査で16人になり、
そして、1人が決まりました。

イギリス人のBEN、34歳。

w007.jpg

( ↑ ハミルトン島の管理人が決まった。)

このキャンペーンに、YouTubeの動画を使ったところが、成功要因ですね。
WEB上でクチコミが生まれやすい仕組みです。

人気ブログランキングへ

本ができるプロセス

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

本日は、本ができていくプロセスを紹介してみたいと思います。

本は、企画書からはじまります。
まず、その企画が編集会議で通ることが必要です。
企画書は通常A4用紙に1枚?2枚くらいのものです。

いきなり一冊分書いたものを出版社に送るのではないのですね。

そして、企画が決定したら、1章から書き始めます。
章が書き上がる毎に、編集者さんに送っていきます。
2章、3章と進んでいき、最終章まで書き上がったら、第一校が完成です。

そこから、さらに編集者さんとやりとりしていきます。
全体的なバランスを見ながら、何度か加筆修正していきます。

最終校が印刷所に入り、刷り上がったものが書店へ並びます。

ここまでの期間、私の場合は半年?1年くらいです。
1冊目の『グーグル・マーケティング!』(技術評論社)では、
企画から書店に並ぶまで1年かけ綿密に行いました。

2冊目の『実践!グーグルマーケティング』(毎日新聞社)は、
2冊目で執筆スピードが速くなり半年くらいでした。

本日、3冊目の本の原稿が書き上がり、第一校を編集者さんへ送りました。
これから、加筆修正の段階に入っていきます。

人気ブログランキングへ

「iida」WEBサイト

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

「iida」のWEBサイトです。
CMとの違和感のないサイトですね。

iida001.jpg

( ↑ iidaのWEBサイト 画像は、iidaのサイトより)

もちろん、はじめからWEBとCMとその他すべての戦略が計算されて
動いてる企画だということを感じさせます。

今でこそ、CMとWEBの戦略が一致していて当たり前だと思いますが、
たかだか数年前までは、CMとWEBが全くテイストが異なる企業って多かったんですね。

iidaに関しては、CMとWEBが融合していて、戦略的デザインはうまく機能しているように思います。

iida002.jpg

( ↑ 様々なバージョンのボーカルが選べる )

個人的には、CDが回っていて、クリックすると、ボーカルが違って聞こえるコンテンツが気に入りました。

人気ブログランキングへ