知識だけでハーフマラソンが10分速くなるか?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

本日は休日的な話題です。
前にこのブログでハーフマラソンを走りますと言っていたのですが、
昨日が、そのハーフマラソンの日でした。

朝起きてみると、あいにくの雨でした。
ただ、大会自体は決行でしたので、荒川の河川敷のコースへと向かいました。

今回、5日前に、YouTubeの動画で、いくつかマラソンのフォームを改善する動画を見ました。
中には、「走らなくてもフルマラソンが20分速くなる 筋トレ」方法という動画もあります。

走らなくても速くなるなんて、本当かと思いつつでしたが、
フルマラソンが20分速くなるなら、半分のハーフマラソンなら10分速くなるということですね。

これまでの自己ベストは1時間55分です。
10分速くなったら1時間45分ですね。

そんなことは、ちょっと考えづらいのですが、
半信半疑でしたが、さまざまな動画を見ながら、ポイントをピックアップして、
良い点を当日の走りに適用していきました。

結果、ハーフマラソンを1時間44分13秒で走りきりました。
全体でも8位でした(96人中)。

雨が降っていてコンディションは良いとは言えませんが、
5.2キロの周回コースを4周だったので、ペースがつかみやすかったことと、
私と同じくらいのペースで走っているペースメーカー的な走者がいたことが良かったです。

走るための知識を入れて、それを自分のフォームに取り入れただけです。

下記は、YouTubeの動画で仕入れた知識で、走っている時に気をつけたポイントです。

・骨盤を立てる
・前に倒れる力に体幹と体重を乗せていく
・重心は高く
・腕を振るのではなく、肩甲骨を稼働させる、胸を開くように、後半疲れて来たら腕を振る

実際に走っている中で、最後までペースを挙げていけたポイントは下記です。

・ビルドアップ走法で、はじめは速く走りたい気持ちを抑えて1キロ5分ペースで。
・13キロのところでランナーズハイになって、少しペースが早くなったが、速くなりすぎないように堪えた。
・ラストスパートの最後の2キロは、腕を振ったら、体重移動がスムーズにいって、速く走れた。

基本的には、動画で得た知識を実践するだけだったので、自分でも驚いています。

下記の動画も参考になりました。

YouTubeはノウハウの宝庫ですね。
当初の目標は1時間50分を切ることでしたので、目標を大幅に上回れたことは、動画で仕入れた知識を適用できたおかげです。

「再校」とは何か?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

今、4月に発刊の本の「再校」をしています。

自分が書いた文章に編集が入り、本のレイアウトになって戻ってくるのが「初校」です。
その初校へ修正を入れていき、出版社に返して、さらにもう一度、著者に戻ってくるのが「再校」です。

たとえば、「計測測量」と「測量計測」という言葉ではどちらが自然ですか?
どっちも間違いではありません。

Googleで検索すると、「計測測量」は45万件の検索結果、
「測量計測」は58万件の検索結果がでてきます。

「測量計測」の方が、多くの人が使っている言葉だとわかりますので、「測量計測」という言葉を採用するというような作業です。

同様に、「関心が薄い」でも「関心が低い」でも間違いではないですが、
こちらは、一般的にどちらが多く使われているという観点ではなく、
文章に入った時に、文脈でどちらがより適切かといったことを考えながら、
「関心が薄い」でも「関心が低い」でもなく「なじみが薄い」に修正するといった作業をしています。

ちなみに、この時点ですでに、原稿を10回以上読んでいて、
もう修正点はほぼ無いのですが、より自然な文章になるように、読み込んでいきます。

もうすぐ、私の手を離れていきます。

老舗の所以:チャレンジの連続

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日、ある製造業の企業を訪問をしてきました。
弊社のクライアント企業に対して行っているWEB戦略会議です。

その企業では、ホームページからの問い合わせが増えていて、
現在、中・大型の案件が進んでいるとのことでした。

ただ、簡単な仕事ではなく、チャレンジングな内容とのこと。

問い合わせをしてきた企業は、技術的にその企業にならお願いできるのではないかということで、
依頼をしてきたわけです。

現在、その期待に応えるべく、受注へ向けて試作・量産化の段階へと進んでいるそうです。
社内では、技術力に磨きをかけるために社員同士が、
切磋琢磨しながらレベルアップをはかっているとのことでした。

なかなか簡単ではないようですが、前向きな悩みなので、
こういうのを嬉しい悲鳴というのでしょう。

創業数年のベンチャー企業というわけではなくて、創業数十年の歴史のある企業でも、
このようなチャレンジングな仕事を乗り越える日々ということがあるのですね。

次回訪問する時には、きっと乗り越えて、さらなる高みにいるのではないかと思います。
成長が楽しみな企業です。

No batとは何か? フィリピンにて

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日、フィリピンに行ってきました。

IMG_0923

マニラのグリーンベルトというショッピングモールにサムスンのショップがあり、入ってみました。

VRの体験ができるヘッドマウントディスプレイがあったので、
体験してみようと店員さんに、使っても良いかと聞くと、
「ノーバット(No bat)」と言われました。

「ノーバット」って何だかわかりますか?

私は、わからなかったので、「No bat?」と聞き返すと、
「No battery」とのこと。

充電されてない(ので動かない)ということですね。

日本では、お店にディスプレイされていたら通常使える
(バッテリーがなくて使えないものは少ない)
ですので、使えないものをお店に置いておくのか、単なる展示品だと思いました。

フィリピンは、人口は1億人を超えて、平均年齢も20歳代前半で、
(日本の平均年齢は40歳代後半)
これからの成長が見込まれる国です。

それを予期して、日本人で、フィリピンに投資をしている人もいます。
フィリピンの不動産を購入している人も少なくありません。

個人的に、フィリピンは初めてでした。
なかなか行けそうでこれまで行けていなかった国でした。

アジアは、韓国、中国、台湾、香港、マカオ、ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア(バリ島)に続き12カ国・地域目となりました。

なんでもそうですが、本で読んだり、人から伝え聞くのも悪くはないですが、
やはり、自分の目で見て、手で触れて、食事も舌で味わって、体験することで
より深く理解できるものではないかと思っています。

投資をしたり、仕事を作っていこうとするのであればなおさらでしょう。

これで、自分の中では、アジアという地域をある程度相対的に見られるようになったと思います。
次回は、そんな初フィリピンについて、書いてみたいと思います。

すべてのクライアント企業に会いに行きます

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

現在、ホームページの制作・保守などで、
毎月の取引があるクライアント企業が、けっこう多くあります。

通常業務のなかではメールやメッセージでのやりとりがほとんどです。

中には、私がコンサルティングで定期的に訪問したり、お越しいただいている企業もありますが、
すべてではありません。

そこで、今年は、これから半年間くらいかけて、
全クライアント企業を訪問してみようと思っています。

順調な企業でも、経営者さんや担当者さんと実際に顔を合わせて話してみると、
でてくる改善点があるように思います。

順調な企業が、より良くなるのであれば、とても良いことではないでしょうか。

訪問してWeb戦略会議をすることで、その企業の売上がさらに増えるような施策を
一緒に作っていきたいと思います。

ということで、毎月お取引のある企業さんへは、久しぶりに会いに行きます。

日本全国ということではありませんが、
けっこう遠方にもクライアント企業さんがいらっしゃいますので、
久々にお会いできることを楽しみにしています。

初校ってどんなことをするのか?:新刊は4月に

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日のブログで、現在書いている新刊『デジタルマーケティング集中講義』が3月末に発売予定と書きました。

現在、初校の確認をしています。

初校とは、どんなことをするのか?

はじめに私が書いた原稿は、出版社に送られると、編集が入り、
本のレイアウトになって、一度PDFで戻ってきます。
(昔は、PDFではなく、紙に印刷されて戻ってきたのですが、近年はデジタルデータが多くなりました)

その文章をチェックして、修正点は、PDFに上書きしていきます。
PDFに修正できるので、印刷された紙に赤ペンで修正を入れていたときと違い、とっても楽です。

あと、もう1つ重要なことは、本の中に出てくる関係各社へ1社1社連絡をとって、
内容に間違いがないか確認していくことです。

今、急ピッチで進めています。
このフェーズのことを初校といいます。

出てくる企業が多いですが、連絡は極力丁寧におこなっています。
企業によっては、レスポンスがはやいところと、そうではないところがあります。

意外と速いのが、経営者と直接連絡をとる場合です。
本に登場予定の企業の経営者さんと面識がある場合は、
場合に応じて、直接メールや、Facebookのメッセージや、LINEや、訪問時に確認を取っていきます。

メールで送っても、すぐに確認OKとの返信が返ってきたりして、
仕事が速い人が多いと思います。

経営者さんと面接がない場合は、その企業のWebサイトの問い合わせから普通に掲載許可のお願いをしていきます。
書籍で企業のサービスを紹介することになるので、単にOKだけでなく、感謝されることも多いです。

もう少しで、初校の確認が終わりそうです。
ただ、発刊時期は、すこしずれて、4月新刊の予定です。

また、進捗状況は、ブログで紹介します。