目標の進捗状況

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

年初のブログで紹介させていただいたとおり、
今年2017年の私の目標は、皇居ランを通算100周走ることです。

2月28日現在、21周走りました。
1ヶ月に10周弱で達成できますので、わりと順調に思えますが、
夏には暑さでたくさんは走れなくなるので、
4月くらいまでに、ためをつくっておくと、十分目標を達成できるペースだと思っています。

直近のマイルストーンとしては、来月3月末にハーフマラソンを走る予定です。
その練習として、5キロ、10キロ、15キロの3つの長さの距離を走っています。
皇居ランでいうと、1周、2周、3周です。

1→2→3→2→1というように、
1周を走った3日後に、2周を走ります。
そのさらに3日後に3周を走ります。

その数日後に2周、その数日後に1周というように、
周回数を1周ずつ多くしたり、少なくしたりしながら走っています。

健康のためなので速さは求めていないのですが、
レース前になると、意識的でなくてもだんだん速くなって来ています。

3月末のハーフマラソンの時に、1時間55分を切るのが目標です。
もし1時間55分を切れれば、これまでの、ベストタイムになります。

今、5キロを走るのに23分くらいです。
10キロを走るのに48分を切るくらいです。
15キロが1時間13分を切るくらいです。

順当に行けばハーフで1時間55分は切れるのではないかと思いますが、
その日の天候や体調によっても変わりますので、なんともいえない面白みがあります。

あとは体重が通常よりも1キロ軽い時に走ると、タイムは良いですね。
このあたり、さまざまなものが連動していると感じるところです。

3月末のハーフマラソンまであと、1ヶ月弱、どうなるか、またこのブログで書きますね。

店舗ビジネスにはコツがある

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

本日は休日的な話題です。
私は、池袋に10年近く住んでいます。

池袋には、さまざまな業種業態のお店があります。
飲食店だけでも、そうとうな数があり、新陳代謝も速いです。

私が、池袋で行った飲食店だけでも、
少なくとも100店舗くらいはあると思います。

流行っているお店と、そうではないお店があることがわかります。
また、閉店していくお店の特徴があることに気づきます。

業態でいうと、ラーメン屋はとても激戦です。
単価も1人800円程度で低く、原価もかかるので簡単ではありません。

ラーメン屋がオープンすると、だいたい続くかどうかが、わかるようになりました。

1つは、立地です。
ラーメン屋が潰れてはまた同じ場所に、別のラーメン店が開店するというパターン、これは難しいです。
おなじような単価のものを、同じ場所で看板を変えて出しても、実際にはなかなかうまくいきません。

ではどうするか?

池袋には、ラーメンに限らず、
安売りはチェーン店がありますので、その安売り市場で戦っても仕方ないんです。

特に池袋では地代が安くないので、安売りは危険です。

そこで、業態転換です。
たとえば、ラーメン屋から居酒屋に業態を変えます。
すると、単価も3000円から5000円以上になり、原価率も下がり、リピーターがついてくると店舗は長生きします。
そんなお店が実際にあります。
ただ、居酒屋も激戦ですので、特色を出す必要があります。

そこで、さらに少し高めの価格帯の店舗への転換です。
ワインがあるイタリアン。
しっかり美味しい料理を出すことは前提ですが、
また、内装も作り込む必要がありますが、
単価も6000円から1万円程度で、回転率は高くなくても十分にまわるお店になります。
(それ以上の価格帯にすると、ターゲットが狭くなるので、単価1万円未満が狙い目です)
そんなお店も実際にあります。

私も、業種は違いますが、本業のデジタルマーケティングの事業とは別に、
2年前から自分のお店を経営していますので、
さまざまな店舗ビジネスに対する自分なりの見方ができるようになってきました。

店舗ビジネスは、とってもおもしろいです。

ちょっと大きな命題:人生とは、何か?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

本日は、休日的な話です。
人生とは、何でしょうか?

私は、好きなモノ、コト、人、場所などを見つける旅だと思います。

私は、海外渡航が好きで、これまで30カ国以上行っていますが、
大好きな国や地域、都市がいくつもあります。

そして、その中で、特に好きな都市に、何年かぶりに訪れると、
変わった部分と変わっていない部分が見えて、より好きになるということがあります。

IMG_2200

写真は、2010年にはじめて訪れたホーチミンがとっても好きになって、
その7年後の2017年に再び訪れたベトナムのホーチミンでの1枚です。

写真の左の建物が、7年前泊まったREXホテルという5つ星ホテルです。
ベトナムという国の人の良さに触れて、とても良い体験をしました。

人生を重ねることで、そういった1つ1つの好きな場所が増えていきます。

人も同様で、気の合う人、大好きな人がいて、連絡を取り合ったり、
話したりしていると、充足感を感じます。

本を書くということも、好きなコトです。
ただ、書いている間は、打ちひしがれるのですが、それは、産みの苦しみですので、そういうものなんですね。

では、どうやったら、好きなモノ、コト、人、場所などが見つかるか?
それは、行動です。

行動してみると、事前情報と違って、良かったり、悪かったりが見つかります。
もし、悪かったことは、次にそうならないように避けるなどします。
そして、少しずつ好きなことに囲まれるようにしていきます。

それが、1年たち、5年たちすると、好きなモノ、コト、人、場所に囲まれるようになります。

どんなことでも良いので、行動してみないと、好きなモノ、コト、人、場所などは見つかりません。
というわけで、3月に、はじめての場所(国)に行ってみたいと計画しています。

その場所は、またの機会に、このブログで書いてみたいと思います。

ようやく本の原稿が、出せました!

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

現在書いている本の原稿がありまして、やっと、全12講義を書き終わりました。
昨年8月あたりから少しずつ動き始めて、昨年後半から本格的に書き出して、
つい先日、出版社の編集者さんへ送り終わりました。

予定を大幅にオーバーしての本当に、長い旅路でした。
テーマは、このブログでも紹介している通り、デジタルマーケティングです。

とはいえ、これから、初稿戻しがありますので、
バグを取り除いていく作業を集中的に行なっていきます。

発刊は、3月末を予定しておりまして、もう、ギリギリのスケジュールです。
すべては、私の遅筆が原因なのですが、
その分、時間をかけたので、多くの人にとってわかりやすい内容になったのではないかと思います。

まだ未発売なのですが、実は、もうすでにamazonでは予約ページができていたりします。
amazon早っ!という感じなのですが、装丁デザインも見られたりしますので、
また今度、そのページも紹介いたします。

春日部商工会議所にてローカルビジネスSEOセミナー

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

昨日2017年2月22日(木)に春日部商工会議所にてローカルビジネスSEOセミナーをしてきました。
昨年から、セミナー講師でよばれると、おこなっているテーマです。

春日部商工会議所へは数年前にもFacebook活用セミナーの講師で伺ったことがあり、
それ以来2度目となります。

2017-02-22 13.37.59

参加の方は、春日部市で事業を営んでいる企業の経営者さんがメインでした。
40名弱の方がいらっしゃいました。

午後の3時間という長さだったので、1つ1つステップを踏んで、情報を提供できました。

このローカルビジネスSEOという分野は、とても奥が深くて面白いです。
実施すればまず確実に売上が上がる方法があり、しかもほぼ無料で対策できることです。

なぜそこまでいい切れるかというと、私自身が当事者として実施してきたノウハウだからです。
やってみて実際うまくいったことを紹介しています。

単純に知っているかどうかの情報力と、実施するかどうかの実行力だけです。
そして、実施もそれほど難しいものではありません。

昨日参加の40名弱の企業で、何社が実施するでしょうか。
話を聞いておしまいなら何の役にもたちません。

実行する企業が伸びていきますので、
より多くの企業から、実施して売上が上がったとの報告を聞きたいところです。

タイ・ベトナム2017その8:旅でお気に入りを見つける

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

本日は、タイ・ベトナム2017の8回目です。

IMG_2032

( ↑ ベトナムコーヒー、濃く、苦く、甘い。複雑なハーモニーがある )

海外渡航でお気に入りを見つけるというテーマで書いてみたいと思います。
そのお気に入りとは、ベトナムコーヒーです。

ベトナムへはじめて渡航したのが2010年なので、7年前なのですが、その時からのお気に入りです。

コーヒーと言えば、ブラジルやコロンビアというイメージがありますが、
ベトナムは、コーヒーの生産量でブラジルに次いで世界2位なんですね。

私が地理の授業を受けた四半世紀前には、ベトナムは生産量で世界ベスト5には入っていませんでしたが、
この21世紀に入って、生産量がぐんぐん増えていきました。

それだけ、ベトナムとコーヒーは切っても切り離せないものになってきています。

ベトナムで、ダナンでもホーチミンでも歩いていると、
ハイランドコーヒーというカフェがあります。

ベトナムのカフェで、スターバックスのような感じのゆっくり過ごせるスペースです。

ただ、違いがあります。
ベトナムコーヒーを伝統的な淹れ方で淹れています。

IMG_2036

( ↑ ベトナムコーヒーは専用の金属製のフィルターに熱湯を注ぎドリップしていく )

ベトナムコーヒーは、濃く、苦味が強いです。
そこに、コンデンスミルクを入れます。

すると、苦くて甘い独特のベトナムコーヒーとなります。

これが気に入りました。
世界中探しても、このようなコーヒーは見かけないので、
ベトナムオリジナルの飲み方といえるのではないかと思います。

ベトナムに行った時には、ぜひ飲んでみてください。

タイ・ベトナム2017その7:人と再会する旅

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

今回のベトナム・タイへの旅のきっかけは、
バンコクに住む知人から連絡を受けたことがきっかけでした。

家族ぐるみでの付き合いとなってます。

IMG_0178

( ↑ 1月に花が咲き乱れているバンコクは、やはり南国である)

今回、タイへの渡航は2回目です。
初回のバンコクも、その友人に会うためでした。

あまり昔のような感じもしなかったのですが、
渡航履歴を調べてみると、前回タイを訪れたのが2007年でした。

というわけで、今回、10年ぶりのタイとなりました。

私たち大人は変わっていないと思うのですが、
子どもたちはすくすく大きくなっていて、
本当に10年経っていたんだと実感させられます。

10年一昔と言いますが、その10年というのが、
本当に早く、信じられないほどでした。

IMG_0130

( ↑ バンコクの街並み、超高層ビルも建っている )

バンコクは、更に発展しましたね。
交通渋滞は相変わらずでしたが、BTSというモノレールが延伸していたり、
高層ビルが増えていたりして、この10年の発展ぶりを感じさせます。

IMG_0044

( ↑ 道は広く車線は多いけれど、車も多いため交通は渋滞する )

友人とも無事に再会できました。
こういう人と再会しに行く旅というのも良いですね。

海外に住む日本人は、日本に住む日本人よりも
日本のことを考えていますね。

日本を離れると、日本を客観視できるということも、あるのかもしれません。
良い時間が流れていきました。

今回、タイとべトナムという2カ国を回ったわけですが、
タイに行くんだったら、途中でベトナムにも寄ろうという、
私が海外渡航でなるべく行ういつものパターンです。

これまでにもバリ島に行くために、シンガポールを経由して、
シンガポールにも数日間滞在したりしました。

渡航するなら、1都市だともったいないので、2都市以上回りたいというわけです。

そんな、今回の渡航で、あるお気に入りを見つけました。
そのお気に入りについては、また後日、ブログで書いてみたいと思います。