amazonプライムで、映画が見放題が本日開始

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

スクリーンショット 2015-09-24 20.31.48

社会は着実に動いています。
40年以上前には映画を見るとしたら映画館でした。
30年前に映画は、家庭でビデオでも見られるようになりました。
20年前に映画は、レンタルショップでDVDを借りてきて見られるようになりました。
10年前に映画は、ネットで予約して宅配してもらい、家庭でDVDで見られるようになりました。
そして、本日2015年9月24日、映画はAmazonプライムで、ネット上で定額見放題になりました。

このインパクトは少なくありません。

もともとAmazonプライムは、年額3900円で、
朝に注文したものがその日の夜には届くというようなサービスです。

さらに、Amazonプライム会員向けに、割引での販売もしています。
(私は、子どものオムツを購入するためにAmazonファミリー(プライム)に入りました)

ちなみに、オムツなどの商品を買い忘れないように、定期購入という仕組みもあり、
1ヶ月に1回とか、2ヶ月に1回など、指定した間隔で届けてくれるサービスまであります。

これが進化して、本日Amazonプライム会員であれば、
追加費用が無料で、映画が見放題になりました。

Amazonプライムの会員であれば、特に追加の設定や負担もなく、
映画をパソコンやスマートフォンや対応テレビで見られるようになりましたので、
利便性が向上しました。

これでDVDを借りにレンタルビデオショップに行く必要はありません。

同じようにインターネットで映画が見放題になる他のサービスがあります。
たとえば、NetFlix(ネットフリックス)や、Hulu(フールー)が月額650円から1000円超に対して、
Amazonプライムは、年額で3900円なので月額にしても300円強ですので、
単純にAmazonプライムの方が安いですし、スイッチングコストを考えれば、
なおさら乗り換える必要性がはありません。

Amazonは、破壊的なビジネスモデルを持っています。
10年以上前に、本をインターネットで買う時に、
Amazonならワンクリックで買えるというのも画期的でした。

その後、Amazonで扱っている商品が本だけでなく、日用品も買えるようになると、
まずはAmazonで調べてみて、あれば、その場でスマートフォンで購入ボタンを押すということが当たり前になってきました。

一度使い始めたら、その利用しやすさから、離れられないビジネスを構築しているという点で
他の追随を許しません。

Amazonは、大変に興味深い研究対象です。
今後どのようなサービスを提供して、消費者の利便性を高めてくれるのか楽しみです。

ビジネスマン定点観測:クールビズ2015

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。
すっかりクールビズが定着しましたね。
定着しすぎて、当たり前になったので、クールビズという言葉自体をあまり聞かなくなりました。

これまでも、このブログでビジネスマンの定点観測をしてきました。

2011年にクールビズという言葉が流行った時のブログです。

2011年の夏の時点では、ビジネスマンがネクタイをしないというのが、
少しずつ普通になってきたことが伝わってきます。

昨年2014年の状況です

昨年2014年のブログによると、クールビズではない人(上着を着て、ネクタイもしている人)は、
20人に1人くらいという状況ですので、昨年の時点で、クールビズは行き渡ったと言ってよいですね。

そして、今年2015年ですが、9月中旬に私が朝のラッシュ時に池袋駅で観察したところ、
ネクタイをしている人を探すのが難しいくらいにクールビズが当然の状況となっていました。

統計をとったわけではないので正確な数字ではないですが、
ざっと見渡しても、30人に1人くらいしかネクタイをしていない状況でした。
(たまにネクタイをしている人がいると思うと、男子高校生で制服でネクタイを着用しているなど。)

もちろん、会社によっては、ネクタイ着用をしているところもまだあるのかもしれませんが、
5年前とくらべると大きく変わったことがわかります。

仕事をする側としては、日本の夏は暑いですので、
大変助かります。

私自身も夏にクライアント企業に訪問する時に、2009年くらいまではネクタイを着用することが多かったのですが、
2011年以降はネクタイ着用が減り、Yシャツも長袖から半袖になり、年々クールビズ化していきました。

今は、もっぱら半袖Yシャツでノーネクタイです。

ただ、2013年にスーパークールビズで、ポロシャツもOKというような空気がありましたが、
今年2015年のビジネスマンを見ていると、ポロシャツは減少し、半袖Yシャツが主流です。
軽装にも礼儀ありということで、暗黙のルールとして、半袖YシャツまではOKという企業が多いのではないのではないでしょうか。

社会は徐々に変わっていきますね。
また、来年以降も、ビジネスマンの定点観測を続けていきたいと思います。

東京藝術大学とコインランドリーとインターンの関係とは?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日、東京藝術大学の芸祭に行ってきました。
インターンの一環です。

何のインターンかといえば、コインランドリーのインターンなんです。
コインランドリーと芸大とインターン、なんだか関係のないような3者なのですが、
実は関係があります。

現在、コインランドリーにて「家族の顔の絵展」を行なっています。
近隣の小学生以下の子ども15人による絵が飾られています。

洗濯機と乾燥機があるだけの無味乾燥となりがちなコインランドリーですが、
子どもたちが描いた絵があることで、あたたかな空間となっています。

今年の末くらいまで展示を予定しています。
では、その次の来年からですが、同じではなくて、他の企画を考えました。

次回は、大学生にこの壁を活用して、絵を展示する機会を提供できたらと考えています。

そこで、大学生のインターン生2人と、はじめて東京藝術大学の芸祭に行ってきました。
さすが芸大と思ったのは、パンフレット。

通常多くの大学の学園祭では、パンフレットがいかにも大学生がつくった小冊子という完成度なのですが、
芸大のパンフレットは、厚み、デザイン、内容が本格的です。
500円で売られていたのですが、充分にその値段に値します。

ただ、芸大生に営業力は無いようで、パンフレット内の広告枠に空きが目立っていましたが^^

そして、芸大の展示を見てみると・・・!
なかなかよい作品がありました。

実際に、コインランドリー内の壁に作品展示をお願いするかどうかはまだわかりませんが、
レベル感がつかめました。
折を見て、お声がけしてみたいと思います。

食品廃棄ロスを減らし社会をより良い場所にするKURADASHI.jp

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。
本日は、アイデアが秀逸なWEBサイトのご紹介です。

私たちは、日々買い物をするわけですが、
食べ物には賞味期限がありますよね。

お店では、賞味期限が切れたものは売ってはいけないですので、
賞味期限が迫って来たら、値下げをしたり、それでも賞味期限が切れてしまったら廃棄することになります。

廃棄となると、企業にとっては廃棄コストもかかりますし、
そして何より、もったいないですよね。

kuradashijp2015

そんな社会問題を解決したのが、「KURADASHI.jp」というWEBサイトです。

賞味期限が迫って来た商品を買い取って、格安で販売しているサイトです。
さらに、このサイトでは、購入代金の一部を被災地支援に回したり、
観光保護支援や動物保護、社会福祉支援に役立てられたりしています。

商品を販売しているお店も買い手が見つかって嬉しいですし、
買い手も商品が安く買えて、購入代金の一部が社会的な支援にまわって良いですし、
世間もこのビジネスモデルが広まるにつれて、支援額も増えて、救われる人が増えるのでよいです。

つまり、買い手よし、売り手よし、世間よしの3方よしのビジネスモデルですね。

なかなか、このビジネスモデルを維持するのも大変なのではないかと思います。
ただ社会的意義のあるビジネスなので、「KURODAI.jp」には頑張って欲しいと思います。