「利き感覚」とは?

利き手が右手の人と、左手の人がいるように、
5感のうち、人には、理解する時に「利き感覚」のようなものがありそうです。

5感のうち、
おもに聴覚、視覚、および触覚の3つの感覚です。
(味覚と嗅覚は特定の場合には関係があります)

具体的に言うと、物事を
・耳で聞いて理解する人(聴覚)
・目で読んで理解する人(視覚)
・立体や画像を感じて理解する人(視覚および触覚)
がいるということです。

もし、上司が耳で聞いて理解するタイプだったら、
言葉で報告するのがベストです。
このタイプの人は、言葉を話すのが流暢です。

文章を目で読んで理解する上司だったら、
基本的にメールで相談します。
どうしても口頭で報告する必要があるならば、
一番はじめに結論を伝えます。

立体で感じて理解するのが得意な上司だったら、
打合せの時間を作ってもらい、
具体的な物や画像やグラフを見せながら説明します。

このタイプの人は、立体的イメージを頭の中に描きながら
話をするので、話をするのが遅かったり、どもったりします。
しかし、かといって頭が悪いわけではありません。

ちなみに、この「利き感覚」という言葉は、
自分で勝手に名づけましたが、
これまで読んだ複数の本で出てきた概念です。

様々な人と接するうちに、
確かにそんな感覚があるなと思うに至りました。

ドラッカーの本にも、アメリカの故ケネディ大統領は、
目で文章を読んで理解するタイプだった、
というような挿話がありました。
部下は、メモなどを渡して報告することが多かったようです。
(ケネディは文章をものすごい勢いで速読できたということでも有名)

ちなみに自分は、10代?20代の頃は、物事を絵や画像など立体的なイメージで感じないと理解できないタイプだったのですが、最近は、徐々に目で読んで理解すタイプに移行してきたように思います。

PCモニターの未来とは?

近い未来の予測として、
オフィスで使うパソコンの液晶モニターの画面は、
少なくとも25インチまでは大きくなると予測しています。

もしくは、20インチ程度の画面を2枚とか3枚程度使うようになると思っています。
(証券のディーラーさんは、既に2枚とか3枚のモニターを見ながら仕事をしてますね)

以下は、自分が仕事で使っているモニターの変遷です。

◆1994年 14インチ ブラウン管モニター
     ↓
◆1996年 15インチ ブラウン管モニター
     ↓
◆1998年 17インチ ブラウン管モニター
     ↓
◆2005年 19インチ 液晶モニター
     ↓
◆2006年 23インチ 液晶モニター

(デスクトップのみ。ノートパソコンは除く)

明らかに言えることは、
画面が大きい方が見やすいです。

また、2001年あたりを境として、
ブラウン管のモニターから液晶に変わることで、
省スペースになり、オフィスで液晶モニターが広く普及しだしました。
さらに液晶モニターの価格も大幅に下落しました。

今のパソコンでストレスを感じるのは、
まだモニターの大きさが制限されているため、
複数のソフトを一度に表示できないところです。

エクセルとメーラーとインターネットエクスプローラーを
一度に立ち上げて、
画面に並べるだけで、
仕事の能率が大きく向上するように思います。

理想的には、30インチくらいの大きさの画面に
IE、エクセル、パワーポイント、メーラーの4つの
ソフトを立ち上げます。
そして、画面に一度に表示させます。
つまり、1つの画面で4つのソフトが全て目に入るという状況です。

ちょっと願望も入っていますが、
そうなる日も数年以内に来るのではないかと思っています。

2020年までの変化

今から10年以上も前の話ですが、
ある本を読んで初めて本当に身震いしました。

その本はピータードラッカーという経営学者が書いた
『ポスト資本主義社会』(1993年刊)です。

約200年おきに社会的革命が起きていることに注目しています。

◆13世紀ヨーロッパの都市国家への変化
   ↓
◆15世紀のグーテンベルクの植字印刷の発明とルターの宗教改革
   ↓
◆18世紀のアダムスミスの『国富論』と産業革命
   ↓
◆現在「知識」に関する革命の真っ只中(2020年くらいまでつづく)

ドラッカー曰く、
「明らかに、いまだこの転換期の真っ只中にいる。
もしこれまでの歴史どおりに動くならば、
この転換期が終わるのは、2010年ないしは2020年となる。
(ポスト資本主義社会 p24)」

インターネットの普及などのIT革命をはじめ、
バイオ・医療技術、国際物流まで、
まさに知識を物に援用した革命の最中だということです。

さらに、

「1990年に生まれた者が成人に達する頃には、
彼らの祖父母の生きた世界や父母の生まれた世界は、
想像することも出来ないものとなっているであろう。
(同 p24)」

一個人として思うことは、
そんな大変革の起こっている時代に仕事ができることに感謝です。

この本をはじめ故人ドラッカーの著書は、示唆に富んでいて、
大好きな経営学者の1人です。
これから先、永遠に彼の新作を読むことはできないのが残念ですが、
今までも、これからも、折を見てこの本を読み返していきたいと思います。