体重を減らせば、健康になる?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

本日も前回に引き続き、休日的な話題です。

毎年1回受けている健康診断なのですが、
40才を超えてくると、少しずつ、いろいろと不具合が出てきます。
数値が基準値よりも悪くなってくるのですね。

あまり真剣に考えたことがなかったのですが、
ここ数年、コレステロール値が高く、健康診断上の異常値となっていたため
なんとかしなくてはいけないと思っていました。

ただ、投薬を受けるのは、少し抵抗がありました。

それで、大学生の時は健康でしたので、
大学時の体重に戻せば数値も改善するのではないかということで、ダイエットをはじめました。

ダイエット方法は、単純に腹7分です。

腹7分ですが、朝、昼、夜をそれぞれ腹7分にしたら、
朝☓0.7+昼☓0.7+夜☓0.7=約1食分が減るという計算になります。

食事は抜かずに、1日トータルで1食分のカロリー摂取を抑えられます。

何も無理しないダイエットです。

コツは、腹5分だと厳しすぎて続かないし、
逆に腹9分だと効果が薄いということです。

このようにして、健康診断を受けたところ、
あらゆる数値が改善していました。

特に、コレステロールの値は、総コレステロール値と中性脂肪が減っただけでなく、
善玉コレステロールが増えて、悪玉が減り、質も改善しました。

今回の健康診断を受けての、来年への改善点ですが、
異常値が正常の範囲へ戻りつつあるという傾向はありますが、
まだまだ途上ということです。

また、摂取する食べ物を単純に腹7分にするだけでなく、
野菜やミネラルを多く摂ることを実施していきたいと思います。

それでも、単純に標準体重の範囲内で、体重を減らすだけで、
健康診断の数値も目に見えて改善し、健康になることは確かだと言えそうです。