ゴールデンウィークに大学で講義はあるか?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

ゴールデンウィークに入りましたね。
昨日はGWの1日目ではありましたが、私が教えている大学では講義がありました。

IMG_6973

7月末までの前期中に15回の講義が完了するスケジュールになっていて、
祝日でも講義日程が組まれることがあります。

私が大学生だった20年前には、教授が学会出席といった理由で休講になることがときどきありましたが、
現在の大学では文部科学省からの指導で、休講になる場合は、補講をするように求められています。

ということで、休講自体が少なくなりました。
個人的には大学の講義は、6年目になりますが、これまで1度も休講にしたことがありません。

また、学生側も、15回の講義のうち、
(大学によってたとえば)5回休んだら自動的に単位が取れないような仕組みになっているため、
概して講義への出席率は高いです。

昨日で大学の講義はもう3週目に入っています。

4月は何かと慌ただしいのですが、
1回目の講義はガイダンス、2回目の講義でWEBマーケティングの基本を話して、
3回目で、便利なツールを紹介するようにしています。
たとえば、Google画像検索の通常では無い使い方、キーワートプランナー、Googleアラートの設定方法などです。

さらに、大学生にとってわかりやすいように実店舗のWEBマーケティングの具体例なども紹介しています。

毎回、講義の終わりに学生から講義の感想を書いてもらっています。
それにより、学生がどこを理解していて、理解が足りない部分がどこなのかを把握します。
そして、次回の講義の冒頭で復習をしつつ質問が多かったポイントを解説していきます。

もう何年も教えているWEBマーケティング講義ですが、
このようにして毎年新しいスライドを追加・更新しています。

WEBマーケティングは、毎年新たなツールやサービスがでてきますので、
毎年最新情報をアップデートしていく終わりのない講義です。

私は、WEBマーケティングのことが面白くて仕事にしていますので、
学生にもその面白さを伝えるように工夫を凝らしています。

ブログを書いていたら10年になりました

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。
このブログをはじめたのが2006年5月ですので、もう10年になります。

10年前に書きはじめた頃は手探りでした。
そもそもブログのシステムをどうするかで悩みました。

WEBの制作・マーケティング会社なんだから、アメブロやライブドアブログなどの無料ブログで書くのは耐えられないことでした。
(WEBの会社ではなく、普通の会社でしたら無料のブログでも良いと思います)

広告付きのプラットフォームに依存したくないことと、自社サイト内に設置したいという2点から、
Movable TypeかWordPressで迷い、最終的にオープンソースのWordPressではじめました。

ただ、2006年当時、WordPressはまだまだ黎明期で、
日本では使用している人が少なく手探りで始めたのを覚えています。

現在は、WordPressは上場企業のWEBサイトなどでも採用が進んでおり、
世界的にもメジャーな存在になりました。

ブログを書いている方としては、もう10年経ったのかという感じです。
(10年という時間の感覚が薄く、あっという間でした)

カティサークを創業したのが2004年、会社化(有限会社)になったのが2005年、株式会社になったのが2008年です。
これまで様々なことがありましたが、ほとんどの期間をこのブログで書いてきたことになります。

ブログを書くポイントとは何でしょうか?

私の場合は、
・自分の頭の整理になること
・読んでくださっている方の役に立つ(と確信して書く)ことの2つです。

そこから、結果的に、
・大学での講義や企業向けの講演のネタにもなっていること
・本を執筆する際のネタにもなっていること
・クライアントや知り合いや(親戚も!)などがブログを読んでいてくれて、リアルに会った時に話がはやいこと
・その頃に何をやってきたかということが後から振り返ってわかること
が利点です。

ブログを書いてきて、振り返ってみると、
はじめのころは起業のあれこれについて書いてきました。
日記と違うのは、あまりにパーソナルなことは書かないことで、
誰かが読むことを想定していて書いていることです。

会社のブログなので、仕事に関すること、WEBマーケティングに関すること、
何か役に立つこと、自分の好きなことについて書いています。

講義や本のネタにもなっているというのは、
いきなり講義や本のネタを考えるのではなく、
まずブログで書いてみるんです。

すると、ブログでは気軽に、誰かに話すように、文字数も多くても少なくても気にしなくて良いので、スラスラ書けます。
そこから情報をピックアップしてまとめていきます。

これだけでも本は7冊(紙の本5冊、電子書籍2冊)になりましたから、
これから本を出したいんだという人は、ブログ良いと思います。
書いたことは裏切りません。

ブログで書いた情報は、自分の体験だったり、リアルに感じたことです。
オリジナルな内容になりますので、
そういった自分のフィルターを通したことは、確信をもって書いたり教えたりできます。

あっという間の10年だったのですが、個人的には、ブログを書いてきて本当に良かったです。

来月からは11年目のブログということになります。
これからも、私の身の回りで起こったリアルなことを書いていきます。

次回のブログでは、毎年まとめている大学でのアンケート結果2016について紹介予定です。

大学生が200万円売り上げましたと報告にやってきた

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。
今年も大学のWEBマーケティング講義が始まりました。

今年も2つの大学で3つのクラスを教えます。
1クラス100人くらいですので、最大で300人くらいになります。

1つの大学では今年で6年目、もう1つの大学でも3年目になります。

先週、1回目の講義が終わったところです。

初回の講義が終わったところで、見覚えのある学生が挨拶にやって来ました。
昨年、WEBマーケティング講義を受講していた学生(男性)でした。

一瞬、昨年単位を落として、今年も受講しているのかなとも思ったのですが、
優秀な学生だったので、しっかり単位も取っています。

多くの学生がいる中で、その学生のことを覚えているのは、
その学生はECサイトを運営しており、昨年、何度か講義の後でアドバイスしたからでした。

その学生は、自分で運営しているネットショップの経過を報告しに来たんですね。

パーカーをネットで販売したところ、約200万円の売上になったとのこと。

粗利も100万円ほど出たという報告でした。

大学生のうちに、自力で100万円の利益を上げたという経験は、得難いものです。
お金もそうですが、経験はまさにプライスレス。

売れてしまう仕組みづくり(マーケティング)も、もちろん重要です。

ただそれ以上に、リアルな商取引では低くないハードルが多々あります。

たとえば、オリジナルのパーカーをつくるのに、デザインは自分でやったとしても、
実際にプリントをするのは、業者さんだったりします。

そういった業者さんとの打合せや交渉などの経験1つ1つが重要なんですね。

その学生が、これから就職活動をして、
面接で100万円稼いだという話をしたら、
企業側にとっては欲しい人材ですよね。

稼ぐ力のある社員は、多くの企業で求められています。

私の講義は、WEBマーケティングの理論だけでなく、
実際の企業で行われているマーケティング手法についても時間をとって紹介しています。

大学生のうちに、自ら実績をつくっていて、なかなかやりますね。
利益が全てではありませんが、実践でわかりやすい結果を残していて、嬉しくなる報告でした。

『アクセス埼玉』の特集記事モノのインターネット(IoT)

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

IMG_6889

「アクセス埼玉」(公益財団法人 埼玉県産業振興公社発刊)の4月号の特集がIoTについてでした。

その記事を書いたと先日のブログでお伝えしていたのですが、
その誌面ができてきました。

IoTはアイ・オー・ティーと読みます。
インターネットオブシングスで、モノのインターネットのことでした。

IMG_6890

IoTの事例などが6ページに渡り書かれています。
IoTは、これから5年間だけでも、多くの事柄を根本的に変えていく力があります。

先日、タクシーを配車しようと思って、タクシー会社のアプリを開きました。
そうしたところ、現在地の近くを通過しているタクシーをリアルタイムで表示していました。

タクシーにGPSが内蔵されているので、
それに応じてリアルタイムで地図にマッピングしているのですね。

この場合は車ですが、モノのインターネットは、社会に現在進行形で入ってきています。
IoT気にしてみていてください。

そうとう面白い分野です。

モノのインターネット(IoT)とは?

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

埼玉県産業振興公社という公益財団法人があり、「アクセス埼玉」という会報が毎月だされています。
毎月特集が組まれ、6ページあります。

昨年、一昨年に引き続き、今年も公社より依頼を受けて特集記事向けの文章を書きました。

そのテーマがモノのインターネット(IoT)についてです。
インターネットと言えば、20年前はパソコンからアクセスするものでしたが、
2007年に発売されたスマートフォンが爆発的な発展を遂げて、
現在ではスマホからインターネットに接続している人も劇的に増えました。

そして、この先、2020年くらいまではどうなると思いますか?

自動車や自転車や冷蔵庫や洗濯機など、これまでインターネットにつながらなくても活用できたモノが続々とインターネットにつながっていくことになります。

このインパクトはとても大きくて、2000年には2億台のパソコンがネットにつながっていたのですが、
2013年には、100億台のパソコンやスマホなどがネットにつながるようになりました。
そして、2020年には500億台のあらゆるモノがネットにつながると目されています。
(数字はシスコシステムズによる試算)

服もインターネットにつながるようになります。
「服がインターネットにつながるって、どういうこと?」
という人もいると思います。

たとえば、ジョギングをしている人が、心拍数を知りたいわけです。
心拍数がわかると、身体への負荷がわかるので、それに応じて走りの速度を上げたり下げたりできるわけですね。

そして、現在心拍数を測るのに専用の器具があるのですが、バンドを胸に当てるので、
胸を締め付けられるような器具なので、人によってはちょっとイヤなんです。

私も、胸で測る心拍計を持っているのですが、買って1回つけただけで、今は使っていません。

心拍数を耳で測定するタイプのものもあり、胸で測るよりもだいぶ楽です。

そして、それが服だったら、もっと楽ですよね。
現在、開発されており、一般にも続々とネットにつながるモノが製品として出てきます。

など、IoTは、とっても裾野が広く、大きなイノベーションが起こる分野なんです。

もうしばらくすると、「アクセス埼玉」も刷り上がってくると思います。
非売品で、会員企業向けの冊子です。

気になる人は、私にお知らせください。

10冊くらい送られてくると思いますので、
先着にはなりますが、あらかじめお知らせいただければ、お会いした時に、お渡しします。