スマホ(iPhone6 Plus)で仕事をする時代に!

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

IMG_3628

( ↑ 左のiPhone6 Plusと、iPhone5Sでは大きさがだいぶ異なる )

先日9月19日(金)に、iPhone6が発売されましたね。
予約をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もiPhone6 Plusを予約して、手元に届きましたので、
大型のスマホは仕事に使えるということを書いてみたいと思います。

私は、携帯電話とスマホ(iPhone6 Plus)の2台持ちをしています。

この2台持ちがとっても良いです。
なぜ、1台ではなくて、2台にしているかといえば、
スマホは、スケジュール帳であり、手に収まるパソコンだからです。

つまり、ガラケーで通話をしながら、同時にスケジュールを確認する時に、2台持ちですと便利です。

また、外出中に、ガラケーでクライアント先と電話をしながら、
スマホをさっと取り出して、ホームページやアプリをチェックするということが簡単にできます。

やはり、スマホは、小さなパソコンと言っても言い過ぎではありません。

これまで、パソコンを開いておこなっていた仕事が、
スマホでも大部分できるようになってきました。

たとえば今、パソコンではなくて、スマホででもできる仕事:
・メール
・コンサルのアイデアだし(音声でGoogleドキュメントに吹き込んでいく)
・スケジュール管理(私はジョルテをGoogleカレンダーに同期して使っています)
・名刺管理(完全にevernoteが良いです)
・ブログの下書き(音声入力が心地よいです)
・アプリの動作検証(パソコンのエミュレーションではなく、本当の操作はスマホでしかできません)
・情報を調べるためのサイトの検索、閲覧

パソコンを開いて、「よしやるぞ!」と気合を入れなくても、
スマホにスイッチを入れて、アプリをタップすれば、すぐに仕事に取り掛かれるので、
とっても気が楽です^^

そして、画面がiPhone5Sの4インチから、iPhone6 Plusの5.5インチになって、
もっとも良かったのは、読書です。

Kindleは、大きな画面の方が、表示できる文字数が多くできて読みやすいですので、
これだけでも、読書スピードが上がります。

他にも日記、ダイエットの記録、などは、電車に乗っているスキマ時間を有効に使えるスマホだからこそ
私にとっては、続いていることです。

2007年のiPhoneの誕生からたった7年で、スマホは、人の生活を一変させました。

先日から利用を始めたiPhone6 Plusを使い込んで、また新たな使い方を見出しましたら、
またこのブログで書いてみたいと思います。

柏市商工会議所にてYouTubeビジネス活用セミナー

こんにちは。カティサークの押切孝雄です。

昨日9月17日(水)に柏市商工会議所にてYouTubeビジネス活用法セミナー講師をしてきました。

YouTubeのメリットは、YouTubeにとどまらないということです。
何が最大のメリットかといえば、Googleの検索結果と非常に連関性が強いことです。

例えば、ホームページのSEO対策を考えてみましょう。
あるキーワードで上位表示を目指します。

SEO対策に成功した場合、1つのキーワードでGoogleで上位にすることができるかもしれません。
しかし、10個のキーワードでGoogleで上位にするのには、大変な労力がかかります。

それに対し、YouTubeでしたら動画を作成してアップすることで、
一つ一つのキーワードに対して上位表示ができる可能性がひらけます。

つまり1つの動画1つのキーワードで上位表示できるので、
運がよければ、100のキーワードで100の動画を作り、
多くの検索結果で上位表示ができる可能性があります。

実際には10個中1つが上位に表示できれば良いという感じですので
100個中10個がGoogleの検索結果で上位に来るイメージです。

したがって動画の数を多く用意するというのは重要なYouTube戦略になります。
50万円の予算で素敵な動画を1本作るよりも、
予算はあまりかけずに10本アップしたほうが効果的です。

拙著『YouTubeビジネス革命』(毎日新聞社)でも紹介している内容をベースに、
2014年版にバージョンアップして話してきました。

その後、懇親会に参加させていただいたのですが、
柏市商工会議所の方は、仲が良いですね。
定期的に交流して研鑽をつんでいらっしゃることがよくわかりました。

それだけに好調な企業が多く、
たとえば、現在国内で複数の店舗を展開されていて、
海外にも出店されている経営者の方などもいらっしゃいました。

朗らかで話が前向きで、あっという間の懇親会でした。

すでに事業が順風満帆でYouTube戦略がなくても十分成功している企業も多く、
柏市や野田市の地元の名士が集まる会だと実感しました。

鴻巣商工会にて、スマートフォン・タブレット活用セミナー

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

9月14日(日)に、鴻巣商工会のイベントにて、スマートフォン・タブレット活用セミナーの講師をしてきました。
日曜日の午後ということで、会場にいらした方の多くが鴻巣市の市民の方でした。

会場を見回してみると、シニア世代の方が多くいらっしゃいました。
女性が8割くらいでした。

そこで、シニアの女性にとって使いやすいアプリなどを予定より増量して紹介をしました。

たとえば、こんなふうに話しました。

「先日、モロヘイヤをたくさんいただいたのですが、モロヘイヤを料理したことがありません。
どんな料理したらよいか困ったんです。
そこで、スマートフォンを取り出して、あるアプリでモロヘイヤと検索したところ、
美味しそうなモロヘイヤ料理を見つけました。
それが、モロヘイヤのチヂミだったんです。」

写真 2014-09-15 19 05 29

( ↑ お手本のモロヘイヤ・チヂミ )

「それで作ったモロヘイヤチヂミがこちらです。」

といって、モロヘイヤ・チヂミの写真をプロジェクタで映します。

写真 2014-09-08 19 01 53

( ↑ 実際に作ってみたモロヘイヤ・チヂミ )

私が作ったモロヘイヤ・チヂミが、
お手本と違って、あまり美味しそうに見えないので、和やかな笑いが起こります^^

続けてこう言います。

「そのアプリが「クックパッド」です。
クックパッドは、パソコンでも使えますが、スマートフォンやタブレットですと、
もっと便利になります。
キッチンの横に置いて、レシピが見れますし、
音声での検索もできるからです。」

スマートフォンのソフトキーボードで入力をするのは画面が小さく少し大変ですので、
音声入力する方法などをデモンストレーションしてきました。

そうすると、シニアの女性の方も、「スマートフォンって、便利そうね」となるわけです。
そんなアプリを、いくつも紹介していきました。

様々な場面でスマートフォンや、タブレット端末が活用できることを
実際に、プロジェクタとiPhoneを接続して大きなスクリーンで具体的なアプリを操作しながら見ていきました。

話しているそばから、質問が飛ぶなど、インタラクティブで熱心な参加者さんでした。
セミナーの後半で質問時間を30分ほどとったのですが、
みなさん、たくさん聞きたいことがあるようで、
講演時間が終了した後も、延長して質問を受け付けたほどでした。

広く行き渡ってきたスマートフォン・タブレットですので、
少しでも多くの人が、楽しく有意義な使い方ができるようになったらと思います。

iPhone6 Plusは、買いか!?

こんにちは。カティサークの押切です。

スクリーンショット 2014-09-14 10.35.36

9月9日に新しいiPhoneのiPhone6が発表されましたね。
日本では、iPhoneを持っている人が多いので、大きな注目を集めました。

私も様々なスマートフォンを使っていて、
もともとはHTCのAndroidの機種、それから、Galaxy Noteを使いました。
そして、iPhone5sがSIMフリーで発売となった時に、すかさずiPhoneユーザとなりました。

ですので、Androidの使い勝手も、アップルのiPhoneユーザの気持ちもわかります。
両方の使い勝手の良いところ、悪いところを良く知っています。

Galaxy noteからiPhoneに移ってきたときに、圧倒的に使いにくいと思ったことがあります。
それは画面サイズです。
Galaxy noteは、5.3インチだったのですが、iPhone5Sで4インチへとサイズが小さくなりました。

すると表示面積が小さくなりますので見にくいですし、
ボタンをタップする時にもミスが起こるようになりました。

一方で、iPhoneの良さとは圧倒的にユーザエクスペリエンス(UX)・ソフト面での使いやすさです。
アンドロイドのように画面がカクカクすることもないですし、
だんだんと操作感が重くなってくることもないですし、
アプリが突然終了することも非常に少ないです。

と言うわけで、個人的には、androidには戻れません。
ずっと、iPhoneの画面サイズが大きくなることを待っていたので、
今回のiPhone6 PLUSの画面サイズ5.5インチのものを購入する予定です。

スマートフォンの性能が良くなっていますので、
仕事のメールに確認、
スケジュール管理に、名刺登録・管理、
写真での記録に、ブログの音声での下書きなど、さまざまな用途で使っていきたいと思っています。

すでに先日、iPhone6 PLUSの128ギガのSIMフリー版をアップルのオンラインストアで予約しました。

これにSIMカードを挿して使います。
SIMカードについては、この2年間ほどだけでも、多くの会社から発売されていております。

どのSIMカードが良いかなどにつきましては、
また改めてこのブログでも紹介してみたいと思います。

最高のパートナーシップという形

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

IMG_3460

( ↑ 軽井沢の道端に咲いていた花 )

現在、弊社カティサークとお取引のある企業は、数十社なのですが、
それ以上、顧客数を、増やすつもりはありません。

たいへん申し訳ないのですが、新規の契約は、元々私を知っている企業か、
紹介のみとさせていただいております。

コンサルティングの現場で、1社1社真剣に向き合うと、
時間的にこれ以上は増やせないんです。

スタッフを増やして対応するということも考えられなくもないですし、
昨年から今年前半にかけて、その方向で人を雇ってトライしたこともあったのですが、
顧客企業がのぞまれているのは、別の人間ではなくて、私からのコンサルティングだったんですね。

私は、弊社とお付き合いのある顧客企業のすべてが、
増収増益・ブランディング向上といった成果をあげてほしいと思っています。

契約内容・価格によっては、毎月会う企業さんもあります。
しかし、毎月がっちりコンサルティングをする企業ばかりではありません。
2−3ヶ月に1回の割合だったり、1年に1回だけお会いする顧客企業もあります。

そこで、メールの他にも、毎月ニュースレターをお送りしたりして、
毎月顔を合わせられない企業さんへも成果があがるコツを提供しています。

実は、ニュースレターで、数十ある顧客企業の成功するポイントを書いていくことで、
顧客企業同士で、横の連携をはかり、成長するノウハウを共有できるのです。

守秘義務がありますので、本に書く場合には、少し情報を丸めることもありますが、
コンサルティングの現場では、容赦なく、実施してうまくいった最新のノウハウを提供できます。

弊社のクライアント企業は、それぞれ一団の船のようなものであり、目指す目標に向けて懸命に航行しています。
それだけに、カティサークが曳航する企業や人を厳選することも重要だと思います。

創業以来、すでに10年近くのおつきあいとなる企業さんは、順調に業績を伸ばされています。
もちろん、WEBだけではなくて、様々な要因があったからです。

私は、クライアントの、業績やブランド価値を高める最高のパートナーでありたいと思ってます。

ノハナ:家族間で写真を共有するのにオススメのアプリ

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日のブログで、離れて住む家族で写真を簡単に共有していると書きましたので、
本日はその具体的な方法について書いたみたいと思います。

離れて住む家族は多いと思いますので、ぜひ参考ください。

今回、孫の写真を共有したいということなのですが、
プライベートなものなので、ブログやFacebookでは公開することは、はばかれるという人も多いと思います。

そこで、限られた人だけが見られる、クローズドなネットワークで共有したいというニーズがあります。

そんな時には、nohana(ノハナ)が最適です。

スクリーンショット 2014-09-01 6.02.37

自分のスマートフォンで写真を撮って、ノハナにアップします。
すると、離れて住む家族もその写真が見られるようになります。

もちろん、IDやパスワードで制御されていますので、だれでもが見られるわけではなく、
限定された人が見られるというものなのですが、
一度設定さえすれば、あとは、アプリをタップするだけでいつでも簡単に見られるので、操作が簡単です。

シニアにとってみれば、タブレットで孫の顔が毎日見られます。
もちろん無料のアプリです。

さらに、ノハナには、写真をフォトブック(アルバム)として送ってもらえるサービスがあります。

月1回まで無料です。
(送料は150円のみ)

実際にフォトブックのサービスを使ってみました。
写真は、自分で好きものを選べますし、表示する順番も自由です。

注文してから10日前後くらいして届いたのですが、
写真を見るのは、スマートフォンに収まっているだけでなく、冊子になって届くのもなかなか良いものです。

ノハナの活用方法は、子供の写真に限りません。
たとえば、大学生でサークルに所属していて、写真を日常的に撮っているなら、
その写真をノハナで、フォトブックにしたら良いでしょう。

実際に、私が受け持っている大学の講義で、学生にレポートを書いてもらったのですが、
その中で、ダンスサークルに所属している学生が、
ノハナを活用して、写真を共有したり、フォトブックにしているというレポートがありました。

また、スマートフォンで写真を撮るのが好きな人なら、
自分のお気に入りの写真をコレクションしたフォトブックを作ってもよいでしょう。

現在付き合っているカップルでしたら、
これまでに撮りためた写真をフォトブックにして相手にプレゼントしてもよいでしょう。

ノハナは、非常に快適な写真共有アプリです。

この1週間で3回にわたり、シニアのタブレット活用法を書いてきましたが、
もし親孝行するなら、誕生日などに親にsimカード付きのタブレットを贈ると、
アプリなどで拡張性が高く、コミュニケーションがこれまで以上に広がりますのでオススメです。

そして、そのタブレットに、ノハナなどの毎日が楽しみになるアプリを入れておくと、
シニアにとっても、楽しみが1つ増えると思います^^