facebookでコミュニケーションが世界に広がってます

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

fa001.jpg

( ↑ facebookでログインした画面 )

日本ではSNSというと、mixiが代名詞となっています。
たとえSNSという言葉がソーシャルネットワーキングサービスの略であることを知らなくても、mixiといえばわかる人もいるでしょう。

しかしながら、海外でmixiと言っても、日本人以外にはほとんど通じません。
では、海外でSNSといえば何か?

それはfacebookです。

現在、全世界で5億人の人がfacebookを利用しています。

facebookを使うと、世界中の友達のほとんどにコンタクトがとれます。
イギリス留学時代の友人には、これでつながりました。

また、先日の台湾での同窓会も、主にfacebookでやりとりをすすめました。
事前のメッセージのやりとりはfacebookでした。

そして、同窓会で撮った写真もfacebookにアップして、
後日、みんなで共有したり、コメントをつけたりしています。

それでは、facebookの魅力は何か?

それは、世界中の友人とコミュニケーションをとるのが簡単ということです。
mixiのように、半分匿名ではなく、
facebookでは、実名がほとんどで写真も自分の写真です。
このあたりがとてもわかりやすいです。

一方で、使いやすさは、mixiの方が上だと思います。
「コミュニティ」を人数が多い順に並べたり、新しい順に並べるといった
細やかなことがmixiではできますが、
facebookはちょっと大雑把で、mixiのコミュニティにあたる
「グループ」を、人数の多い順に並べたりすることができません。

個人的には、facebookの世界に広がる感覚と、
mixiの細やかさの両方が合わさったSNSがあったら最高なのにと思います。
無い物ねだりでしょうか(^_^;

押切孝雄のツイッター

人気ブログランキングへ