カティサーク起業前ストーリー: ロンドン編 5

jim-linwood.jpg

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

本日は、カティサーク起業前ストーリー、ロンドン編の5回目です。

私は2001年?2003年にかけてロンドンにいました。

大学院に通いながら、起業準備をしていました。
100のビジネスプランから、有望なものを1つずつ試してみたということ書きました。

1つ目は、翻訳業について書きました。

今回は、2つ目なのですが、何に目をつけたと思いますか?
ヒントは観光業です。

イギリスは、観光業が盛んです。
イギリスへ旅行する人が多いのですね。

2001年当時のデータをみると、全世界からイギリスへ
2283万人が旅行していることがわかります。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko/dai1/1siryou4.pdf

ちなみに、2001当時日本へ旅行にやってくる外国人は、477万人でしたので、
日本よりも約4.8倍も多いんですね。

ホテルもリーズナブルなホテルから高級ホテルまで揃っています。

そして、ある時、ある情報筋から、
あるホテルが売りに出されるという情報を掴んだんです。

本日はここまでです。

次回は、そのホテルとビジネスについて書いていきたいと思います。

人気ブログランキングへ

本のタイトルには2つのつけ方がある

muffet.jpg

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

本日は、書籍のタイトルのつけ方の話です。
書籍のタイトルには、2種類のつけ方があります。

1つは、はじめからタイトルが決まっているパターン
2つ目は、書籍を出す最後の最後に決めるパターンです。

私の事例で言うと、『グーグル・マーケティング!』(技術評論社)は、
典型的な1のパターンです。

グーグルマーケティング!という書籍名(テーマ)から、
始まった企画で、その後に詳細内容を決めていきました。

それに対して、そろそろ出版となる4冊目の本は、
典型的な2つめのパターンで、
最後の最後に書籍のタイトルが決まることとなりました。

実は、本日、出版元の毎日新聞社に行ってきて、
編集者さんと、3時間半にわたる長い打ち合わせをしました。

そこで100以上の書籍のタイトル案を出して、
1つに絞るところまで来ました。

タイトルが正式に決定となりましたら、
このブログで真っ先にお知らせいたします。

人気ブログランキングへ

上智大学に『グーグル・マーケティング!』を寄贈

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

大学図書館に『グーグル・マーケティング!』を寄贈しますと
先日のブログで書いたばかりですが、
上智大学の図書館に寄贈してきました。

弊社は、東京都の千代田区にありまして、
上智大学は、同じ区内にあります。

近所ということもあり、そろそろ出版となる4冊目の本の執筆も、
上智大学図書館に何度か行って書きました。

上智大学には経済学部がありますので、
経営専攻の方にとっては、
寄贈した『グーグル・マーケティング!』は必須だと思います。

また、ほかの専攻の学生のみなさんも、
読むことで知識が広がるのではないかと思います。

このブログを読んでいる方で、
上智大学の学生はかなり少ないかもしれませんが、
もし幸運にもあなたが上智の学生でしたら、どうぞご覧ください。

人気ブログランキングへ