鶴岡秀子さんの講演

鶴岡秀子さんの講演に行って来ました。

サイバーブレインズという会社を3人で作り、
3年で売上14億円、利益2億円の会社に育て
楽天に売却された方です。

現在は、ラグジュアリーホテルの会社を運営しており、
来年オープンする予定の方です。

やはり実力のある方の経験談は、勉強になります。

特に印象に残った話を1つだけ紹介します。

比喩的な話ですが、
天国と地獄の話でした。

一般的に、
天国は、お花畑や天使がいるイメージ
地獄は、暗くて、汚いというイメージ
なのですが、
実は、天国も地獄も同じ場所だというのです。

つまり、現実は同じでも、見る人によって、
天国にも地獄にも感じうるということなのです。

あなたの人生はこれまで、
ラッキーなことが多かったですか?
それとも
アンラッキーなことが多かったですか?
という質問も同様だそうです。

つまり、人によって幸運の数、不運の数自体には、
大差がない。

しかし、受け手によって、幸運にも不運にも
なりうるということです。

ラッキーなことが多かったとこたえる方は、
物事をポジティブに捉えていて、
アンラッキーなことが多かったとこたえる方は、
物事をネガティブに捉えていることが多いそうです。

自分に落とし込んでみると、
基本的にはラッキーな方だと思いますが、
物事をネガティブに捉えている部分もあります。
ネガティブな部分を隠すのではなく、
しっかり見えつつ、
ラッキーだと感じられる心の状態が良いと思います。