子供との海外旅行が充実する方法:旅育エジンバラ編をKindleで公開しました

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

adamSmith

(↑アダム・スミス像、スコットランド出身でエジンバラ大学でも教鞭をとっていた)

旅育本Vol.002エジンバラ編をKindleで公開

Kindleで電子書籍を公開しました。

電子書籍『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育2 エジンバラ編』

3ヶ国10日間の旅育について書かれたシリーズの第二弾で、
イギリスの北部の都市エジンバラでのことがまとめられています。

英国北部の都市エジンバラ

私は、ロンドンに2001年から2003年まで大学院留学していましたが、
エジンバラへは今回がはじめてなんです。

当時、エジンバラは遠い印象がありました。
イギリスの鉄道網は、日本ほど優秀ではなく遅れることはよくあり、
新幹線もなく、意外とイギリス国内移動の心理的距離が遠かったんです。

そこで、今回はロンドンを経由することなく、
イスタンブールから飛行機で直接エジンバラへ入りました。

行ってみると、8月ですので、夜9時近くまで明るくて、日が長く、
さらにフェスティバルがあり、街の至るところで音楽が鳴り響いていて、
夏のシーズンはとても快適です。

Kindleはシリーズ化

Kindleは電子書籍で、対象読者が、スマートフォンやタブレットで読んでいくことを想定しています。

そのため、紙の本のように10万字もあるような長大な本ではなく、
通勤電車や細切れの時間にもサッと読める、短めの電子書籍としてまとめています。

そこで、今回の旅育シリーズは、イスタンブール編、エジンバラ編、そしてリスボン編と
3冊になる予定で進めています。

価格もその分、安価です。
今回のKindle本は390円に設定しています。

Kindle Unlimitedでしたら、無料で読めます。

電子書籍『子連れ海外旅行 子も親も成長する旅育2 エジンバラ編』

ぜひ、ご一読ください。

LINEスタンプを買ったことある大学生は何%?88%の大学生が買っていた。有料アプリ、アプリ内課金とフリーミアム【2019年大学生アンケート結果】

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

本日は、2019年大学生アンケート結果から、有料アプリ、アプリ内課金とフリーミアムについて紹介します。

有料アプリ購入率

はじめに有料アプリを購入したことがあるかどうかについてのアンケート結果です。

#007_001

2014年からアンケートを取っており、2019年で6回目となりますが、
おおむね2割から3割ほどで推移しています。

有料アプリは、はじめから値段のついているアプリですね。
iPhoneやアンドロイドのスマートフォンを利用していて、
ダウンロード時に100円とか300円とか料金を払って購入するタイプのアプリになります。

これが、直近の3年間は3割を超えていますから、3人に1人程度は自分が必要とするアプリであれば、はじめからお金を払って購入しているということがわかります。

ゲームアプリ内課金割合

つづいてゲームアプリ内課金についてです。

#007_002

ゲームアプリを無料でダウンロードして、遊んでいるうちに有料課金するというタイプです。
これも、2014年から6年間アンケートを取っていますが、
直近の3年では4割を超えています。
約半分弱の人がゲームアプリでアプリ内課金をしたことがあるのですね。

ただ、課金については、大学生によって、真っ二つに分かれます。

課金肯定派 VS 課金したら負け

#007_003.5

毎回の講義の最後に、大学生にコメントシートを書いてもらっているのですが、
上のコメントシートを見ると、
課金を肯定する人もいる一方で、課金したら負けと考える学生もいることがわかります。

そして、それは、ほとんど信念と言ってもよいほど強いものです。

人によっては、数十万円もゲームアプリに課金したことがあるという人もいました。
そこまで課金させるゲームの魅力は強いものがありますね。

LINEスタンプ購入率

ただ、ゲーム内アプリを課金したら負けと答える学生でも、LINEスタンプとなると話は別です。

#007_003

LINEスタンプを購入したことのある大学生は、2016年には7割を超える程度だったのが、
直近の2019年には9割近くになりました。

毎年着実に増えています。
これをみると、いかにLINEが、生活の一部になっているかがわかります。

LINEスタンプの購入数

さらに、LINEスタンプの購入数を見てみましょう。

#007_004

1−5セットを購入したと答える大学生が45%と最も多く、ライトユーザーが多いことがわかります。
逆に、16セット以上購入している人は6%でしたので、ヘビーユーザーはそれほど多くはないといえます。

ただ、「LINEスタンププレミアム」という使い放題のサブスクリプションも
月額240円(学生は120円)で今年2019年にはじまって来ていますので、
来年2020年にアンケートを取ることがあれば、
LINEスタンプのサブスクリプションについても聞いてみたいと思います。

ゲームアプリとフリーミアム

#007_005

ゲームアプリのアプリ内課金についてですが、
これは、フリーミアムのビジネスモデルですね。

多くのユーザーは無料で遊ぶものの、数%程度の課金ユーザーが有料で遊ぶため、
成り立つビジネスモデルです。

ちなみに、フリーミアムのビジネスモデルは、
『WEBマーケティング集中講義』のp189でも解説しています。

大学の講義では、大学生のアンケート結果を先に話して、
それを受けて、ビジネスモデルなどについて紹介しています。
すると、自分たちの今の状況がわかりつつ、用語についても学べるため、理解がしやすいようです。

有料アプリ購入率調査をYouTube動画で解説

今回の内容はYouTube動画でも解説しています。

動画では、フリーペーパーのビジネスモデルについても紹介しています。
ぜひご覧ください。