旅行へ無料で行く方法

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。
本日は、大学の講義の脱線ネタを紹介します。

それは、旅行へ無料で行く方法です。

旅行はお金をかけようと思えばいくらでもかけられますが、
仮に20万円の予算としましょう。

国内旅行なら20万円くらいあったら、
家族ででも行けますね。

海外旅行へも1人だったら十分行けますね。
時期を選べば、アジアなどの近場の海外でしたら家族でも行けます。

そこで、毎年、年間20万円を得る方法として、講義内で紹介しています。

大学生には、30歳までに500万円貯めるように伝えています。
22歳で社会人になって、30歳まで8年間あります。

そこで月間5万円ためていきます。
年間60万円、8年で480万円です。

1人ぐらしだとはじめは難しいかもしれませんが、実家から通うのであれば可能ですし、
社会人1年目は給与額が低いため月間5万円は難しくても、ボーナスなどで調整して、
年間60万円を貯めるようにします。

これを銀行に置いておいても金利が低いので、
ソーシャルレンディングで運用します。

たとえば、maneoなどのソーシャルレンディングではおおよそ運用がおおよそ年利5%なので、
500万円なら1年後に25万円、税金が引かれても、20万円が手元に残ります。

もちろん、ソーシャルレンディングはミドルリスク・ミドルリターンなので、
銀行預金のように元本が保証されているわけではありませんが、
株よりもリスクが低いので、自己責任という注釈付きですが、おすすめです。

元手の500万円には手を出せば、何にもなりませんが、
元手に手を付けず利息だけを毎年得るのであれば、毎年20万円が入り続けます。

この20万円があれば、毎年旅行に行けますね。
問題は、はじめの種銭の500万円が貯められるかどうか。

私自身は、20代半ばでロンドンの大学院へ留学に行ったので、お金を貯めるどころか、
学費分を親から借りてまで行ったので、マイナスからのスタートでした。

今、30歳の人であっても、まだ大丈夫です。
これから、毎月コツコツはじめれば、必ず目標を達成できる時が来ます。

ぜひ参考にしてみてください。

会議術に関するインタビューを受けました

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先月、弊社のWEBサイトの「お問い合わせ」から問い合わせがありました。

あるWEB媒体のライターさんからで、インタビューをしたいとのことでした。
内容は、WEBを活用した会議術です。

インタビューの模様は、そのWEB媒体に掲載される予定です。
それで、日程をやり取りして、本日インタビューの収録がありました。

なぜ私に、連絡があったかなのですが、
『グーグル会議術』(技術評論社)という本を2009年に書いたのですが、
その本を読んで、連絡をくださったようです。

もう8年も前の本なので、自分自身でもどんなことを書いたのかと、再読してみました。

WEBのツールを使って、会議を効率化するという内容です。
8年も経っているので、ツールはアップデートが必要ですが、
ネットのツールを使うことで、会議を減らすという根幹は現在も重要な考え方です。

8年前には無かったツールで現在はとても有用なものがあります。
たとえば、クライアント企業と情報を共有する時にも「Googleスプレッドシート」を活用しています。

そのようなツールや使い方などについても紹介しました。

しばらくすると、WEB媒体に記事として公開されると思いますので、
その時に、どのWEB媒体かなどの詳細は、またお知らせいたします。

観光デジタルマーケティングの収録が完了

こんにちは、カティサークの押切孝雄です。

先日このブログでも紹介していた観光マーケティングの収録ですが、
私の担当部分の観光デジタルマーケティングについて、全3回の収録が終わりました。

IMG_1953

私は、普段大学や講演セミナーで1人で話すのには慣れているのですが、
今回、隣にキャスターがいての収録というのは初めてでした。

さらに、スタジオでの収録だったので、初体験をいろいろとできて、なかなかおもしろかったです。
まず、大学の生での講義と違うのは、収録で、1年から2年くらい使い続けるということですね。

デジタルマーケティングとは、1年したら古くなって、2年もしたら化石化するので、
どんな内容を盛り込むのかは、事前にかなり考えました。

不変の考え方とか、古くなりにくいツールや事例を使いながら講座を組み立てていきました。

IMG_1954

あとは、隣のキャスターさんとのやりとりですね。
普段慣れていないので、これをどうするかと思ったのですが、
講義内にクイズを盛り込みました。

たとえば、「蔵王は、樹氷とお釜どちらが人気でしょうか?」といったクイズを盛り込みます。
それを、隣のキャスターさんに質問します。

それで、やりとりをするというような流れをつくりました。
これにより、コミュニケーションがうまれて、見ている人が飽きないような工夫をしました。

キャスターさんは、元某テレビ局のアナウンサーをされていた方なので、
頭の回転がよく、適切にまとめてくださったりして、とても助けられました。

ツーリズム・リーダーズ・スクールは、
30時間分くらいのコースで、私は3時間分くらいを担当しています。

日本全国の観光事業者さんが受けるコースです。
詳細は下記から確認できます。

ツーリズム・リーダーズ・スクール