Yahoo!の広告もここまで来てます

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

Yahoo!ってみてますか?
週刊東洋経済(2013年11月16日号)によると、
Yahoo!は、月間614億PVも見られていると言いますから、
日本のサイトでは、圧倒的にナンバー1です。

Yahoo!のトップページのニュースを毎日みているという人もいらっしゃると思います。
先日、Yahoo!のニュースを見ていたら、広告に目が行きました。

私の年齢が38歳なのですが、
「38歳」と書いてあったからです。

スクリーンショット 2013-10-01 7.39.45

だれでも、「みなさん」と言われても振り向きはしませんが、
「あなた!」と言われれば、振り向くわけです。

そんなわけで、「38歳」と大きく書いてあったら、ハッとして、見てしまうわけですね。

そして、Yahoo!は、そのような広告を出してくるわけです。
Yahoo!でアカウントを取る時に、個人情報を入力しているため、
ログインした状態ですと、Yahoo!は、私の年齢をバッチリ把握しているのです。

それで、Yahoo!は、私の年齢を正確に38歳だと認識しているわけです。
それで、広告をピンポイントで出してきたわけですね。

38歳の人だけでなくて、37歳の人には、「37歳」、36歳の人には「36歳」というように広告を出していると推察されます。

これは、やっぱり見てしまうので、とても効果的です。

そして、後日!

スクリーンショット 2013-10-04 9.05.41

今度は、「39歳までに」という広告が出てきました。
全く同じではなくて、近い将来のことにバリエーションを変えていて、実にいやらしい(^^;
そして、効果的です。

ただ、この広告は楽天o-netですので、未婚の方へ向けた広告です。
Yahoo!は、結婚しているかどうかは把握していないようです。
(または、登録時点での情報)

私は、既婚ですので、この広告で、38歳というところで目が行きますが、
その後に結婚の広告だということがわかると、「自分ごと」にはならないというわけです。

ただ、あなどれないのは、
総務省の統計によると2010年時点で、35-39歳で未婚の男性は、36%ほどいるわけですので、
結婚している2/3の人にとって効果がなくても、3人に1人以上には依然有効だということです。

インターネットの広告は、パーソナライズされてきています。

こういった広告は、なにもYahoo!だけではありません。
さらに、踏み込んだ広告が、Facebookでも表示されます。
そのあたりの話は、また今度のブログで書いてまいります。

お手紙を頂戴しました

IMG_2580

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

つい先日、お手紙を頂きました。

現在、WEBプランナーとして活躍しているEさんからでした。
彼は、先日、ロンドンに旅立ちました。
これから2年程度イギリスで仕事をするのではないかと思います。

そんなEさんは、2008年に私の1冊目の本『グーグル・マーケティング!』本を読んでくださって、
いくつかの視点を得て、WEBプランナーの仕事に役だったと書いてくれています。

現在では、Googleトレンドや、キーワードプランナー(旧キーワードツール)などのツールで
市場規模やトレンドをおさえることは、WEBマーケターにとって、必須ですよね。

拙著は2008年当時、WEBマーケティングの手順を解説した先駆け的な本でした。

あれから5年経ちますが、こうして、
本を読んで、仕事の役に立ててくれている人がいるというのは、
著者にとって、とても嬉しいことです。

Eさんの今回の渡英ですが、
数年前からイギリスに行くという話は聞いていましたが、
本当に実現する人はそう多くないですので、実行力はたいしたもの。

彼の挑戦は、はじまったばかりです。
さて、イギリスでの2年間で、どんな成長をするか、楽しみにしています。

常陸大宮市商工会にてスマートフォン・タブレット端末活用セミナー

IMG_2044

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

昨日、11月21日(木)に、
常陸大宮市商工会にてスマートフォン・タブレット端末活用セミナーをしてきました。

IMG_2051

セミナーのはじめに、アイスブレイクとして、
iPad miniから名刺を取り出しました。

画面に名刺が映っているのですが、ここから私の名刺を取り出すという技(マジックとも言う)です(^^;
取り出した名刺は、最前列の参加者に差し上げました。

ちょっとした仕込みですが、みんなが笑顔になって、場がほころんでセミナーがスタートしました。

IMG_2046

また、セミナーのはじめの方で、
参加の方の業種を聞いて、その方々の仕事が効率化するための方法を取り入れつつ話してきました。

企業で、タブレットを使いこなしていくには、
インターネットで情報の一元化(クラウド)が必須です。

クラウド導入のはじめの取っ掛かりとして、
内勤の人と、外出先の営業マンとの情報の一元化は、
Dropboxの共有の機能がおすすめです。

Dropboxは、無料ではじめられるので、やってみて、
社内で慣れてきたら、本格的に有料のサービスを検討するというので十分ではないでしょうか。

セミナーは、本とは違うので、目の前の人のリアクションを見ながら、
その方達にとって最適な内容になるように、情報を盛り込んでいけるところが良いですね。

質問にもその場で答えられるところも気に入っています。

iPadから名刺を取り出す技は、調子が良ければやりますので、
押切に会った時に、お声がけください^^

WEBの企業だからこそリアルに

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

IMG_2037

秋が深まって来ていますね。
昨日、WEB戦略会議&コンサルティングで、某企業様へお伺いしてきたのですが、
その道すがら、けやき並木が、ずっと続く道を歩きました。

高木のけやきが、あめ色に色づき、秋の深まりを感じさせます。

IMG_2041

落ち葉が歩道に積み重なり、風に吹かれて「ザザー」という音を奏でます。
落ち葉が踏まれて、粉々になると、かすかな秋の葉の匂いが鼻腔に漂います。

メールなどでもクライアント企業と連絡を取りつつ仕事ができるのですが、
年に何回かは、実際に企業に訪問してのコンサルティングをしています。

今回のクライアント企業様との取引は、すでに4年ほど経ちますが、
経過が良好で、これまでに築いてきた土台を活かしつつ、もっと上を目指す内容を策定してきました。

やはり顔を合わせると、さまざまなニーズがわかります。
メールやWEB会議では伝達しづらい点も、会って話すとよく伝わります。

WEBの企業だからこそ、効率一辺倒にならずに、
心の通う最適なソリューションを提供していこうと改めて考えました。

「発見力」を鍛える!

IMG_2036

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。
人と会って話したり、WEBを見ていたりして、何かを「発見」することはありませんか?
新たな考え方や、新しいアイデアに触れる瞬間です。

先月、ある経営者と話していて、とってもうまくいっているように見えるので、
「うまくいっている秘訣は何ですか?」
と、聞きました。

すると、
「PDCAはC(チェック)から入って、必ずA(アクション)を入れる」
とおっしゃいました。

これは、発見でした。
通常は、P(プラン)から始めますが、そうではなくC(チェック)からはじめて、A(アクション)を決める。
理由は、改善点を見つけて、具体的に行動にすることこそが重要だからです。
重要なところを一番はじめに持ってくるというわけです。

カティサークでは、毎週金曜日に行っていることがあります。
それが、「今週の発見」です。

その週に仕事などで「発見」したことを、メンバー同士でシェアする時間を金曜日の午後に30分間設けています。

日々の中で、何かを「発見」したとします。
しかし、それは、忙しい毎日の中で過ぎ去っていき、忘れてしまいます。
それではもったいない。

何か、話したり、書き留めたりしてシェアすると、一時の発見が、定着しやすくなりますし、
メンバーへもその発見が伝わりますので、コミュニケーションにもなります。

発見の数が、1つの時もあれば、3つの時もあります。

これまでは、発見したことをシェアするだけだったのですが、
先述の経営者の
「PDCAはC(チェック)から入って、必ずA(アクション)を入れる」
という言葉から、
シェアするだけでなく、その発見からどのような行動をするかまでを共有するようになりました。

この「今週の発見」は、5月からはじめて半年以上が経ちました。

すでに、100個程度の発見が蓄積されてきており、なかなかのものも有りますので、
その内容は、このブログでも少しずつ公開して行ければと思います。

美大でT Loungeのスカウトを

IMG_2465

( ↑ 多摩美術大学の学園祭で、才能ある学生との出会いがありました )

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

現在進めている「T Lounge」のプロジェクトでは、ブランドをつくることにチャレンジしています。

お茶のパッケージを作ろうとしているのですが、
プロダクトデザインは、とっても重要です。

コレクションしたくなるパッケージでなくてはなりません。

女性でしたら、可愛らしい紅茶の缶などは、飲み終わって空になっても、
しばらく自分の部屋においておきたいアイテムかもしれません。

個人的には、 小学生の頃に、きれいな切手集めからはじまって、
瓶の「王冠」集め、
大学生の頃には、さまざまなデザインの外国のビールの空き缶などもコレクションした経験があります。

「T Lounge」のパッケージも、
飲み終わってもそばにおいておきたい愛されるプロダクトになればと思います。

というわけで、スカウトに行ってきました。

IMG_1981

( ↑ 武蔵野美術大学の学園祭、美大だけあって、随所に完成度の高い造作があった )

少し前になりますが、
武蔵野美術大学と、多摩美術大学が、両大学共に学園祭を行ってましたので、
一緒にT Loungeのプロジェクトをしている小原さんと2人で行ってきました。

学生の作品の展示などを丹念にまわりました。
やはり、素晴らしいですね。

大学生で、まだ粗削りではありますが、素質のある人との出会いがありました。

一期一会ではありますが、
個人的には、センスある人との出会いの機会は多く持ちたいと思っています。

T Loungeで、一緒にプロジェクトをやりたい方、
押切に会った時にでも、お知らせください。
一緒に楽しくプロジェクトをすすめましょう!

携帯電話とタブレット(orスマホ)の組み合わせが最強!

IMG_2031

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

先月2013年10月1日にある決断をしました。
それは・・・・!

スマートフォンをやめて、携帯電話の契約!
多くの方は携帯電話からスマートフォンに切り替える流れですので、
時代に逆行しているようで、気がおかしくなったと思われる方もいるかもしれません(^^;

しかも、スマートフォン・タブレット端末ビジネス活用セミナー講師をしてるくらいですからね。

しかし!

これまで、スマートフォンには悩まされてきました。

バイブレーションモードにしていたのに、
勝手にサイレントモードになったりして、電話が来ていることに気づかずに
出られなかったりしたことも1度や2度ではありませんでした。

(↑これは、全てのスマートフォンではなくて、一部のスマートフォンの不具合かもしれませんが)

さらに、スマートフォンは、待ち受け時間も1日程度しか持たないですからね。
こんなものなら、電話機能しかつかわない、携帯電話で十分ではないかということで、
携帯電話を新しく購入しました。

現在、1ヶ月半が経つのですが、電話専用機に満足です。

それでは、今まで使っていたスマートフォンはどうするの?
という疑問があると思います。

これまでのスマートフォンは、電話機能だけがないスマートフォンとして、使用しています。

NTTコミュニケーションズがサービスを提供しているデータ通信を活用しています。
SIMカードをスマートフォンに入れると、月額980円で1日30MBまでLTEの通信ができ、
超過後もゆっくりですが、ネットにつながる機器になります。

このSIMカードは、使い勝手がよく、スマートフォンだけでなく、
SIMカードが入る機器であれば、たとえばタブレット端末のNexus7でも使えます。

統計データを見ますと、2013年現在、日本人の半分が、携帯電話を契約していて、スマートフォンが半分です。

ちょうど半々。
現在携帯電話をお持ちの人は、無理にスマートフォンに変えなくても良いのではと思うほど。

スマートフォンに何を求めるかで変わってきますが、
個人的には、通話は、携帯電話が最強なので、
携帯電話と、タブレット端末(またはスマートフォン)の2台持ちが最強のコンビだと感じています。

本ブログ執筆者 カティサーク押切孝雄のセミナー情報はこちらからご覧いただけます

仕事が楽しくて楽しくて前のめりになる方法なんてあるのか!?(3)

03

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

来月12月にハーフマラソンに出るため、計画的に練習をしているこの頃です。

ハーフマラソンは、21キロと距離が決まっていて、あとは自由に走れる点がいいと思うんです。
速い人は速く走ればよいし、ゆっくり走りたい人はゆっくり走ればよいわけです。

ハーフマラソンですと、(私の場合は)だいたい2時間くらいかかるわけですが、同じ走るのでも、
2時間耐久レースと言われたら、個人的には、あまり走りたくないです。
21キロを2時間以内に走れるかどうかの方が面白いんです。

仕事でも、タスクがあって、そのタスクが終わったら帰れる方が、
早く終わらせようという気になりませんか?

本来はそうあるべきだと思います。
しかし、会社は、8時間仕事をするという就業規則がありますので、早く終わった人から帰るというわけにはいきません。
8時間という中で、仕事ができる人が報われるようにするにはどうしたら良いか?

これが難題だったのですが、解決する方法を見つけました。

解決方法は、タスクのポイント化(ゲーミフィケーション)です。
仕事ができる人は、8時間という限られた時間の中で、タスクをこなしていけるので、
どんどんポイントがたまっていきます。

スキルの無い人が1週間かかる仕事も、
スキルが有る人が行うと、1日で終わることがあります。

1つのタスクに対するポイント数は同じでも、スキルのある人は、どんどんこなしていける。
したがって、同じ1日でも、ポイントがどんどん溜まっていくわけですね。

これをはじめて良かったのは、まず、時間を意識するようになったこと。
より短い時間で、最大限の効果を出すように心がけるようになります。

カティサークでは、スプレッドシートでタスクを整理しているのですが、
これは、仕事を記録することでもあります。

あとから見返した時に、いつ何をしたかがわかりますし、
終わった仕事が一覧として見られると達成感がありますし、こういった1つ1つの達成感が成功体験になります。

タスクのポイント化は、本当に良かったです。
仕事のゲーミフィケーションについては、もう少しお伝えしたいことが有りますので、
またこのブログで書いてみたいと思います。

インターンページが着々と☆

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

カティサークでは、インターンを行っています。
この夏には約20名もの大学生がインターンを行いました。

その中から、複数回インターンを行った学生を中心に、
インターンページにて紹介しております。

スクリーンショット 2013-11-12 10.49.47

大変優秀な学生ばかりでした。
どんな学生が優秀なのかといえば、
1つのテーマに対して、どんどんアイデアを乗せていって、課題を解決できる学生です。

たとえば、プロキットという食材に対して、
「美味しさを表現するにはどうしたら良いか?」
と、学生にアイデアを出してもらった回がありました。

通常でしたら、文章や写真で表現するということに落ち着くかもしれませんが、
「動画を撮って、Youtubeにアップしてはどうか」というアイデアが学生から自発的に出てきて、
すぐに実施することができました。

できた動画もなかなか良く、学生のアイデアが素晴らしかったんです。

スクリーンショット 2013-11-12 10.52.00

それから、インターン生は、何も日本人だけではありません。
タイからの留学生も参加しております。

インターン参加者の声をまとめましたので、どうぞ御覧ください。

インターンは引き続き、冬の期間も行っていきたいと思いますので、
自分もやってみたいという大学生の方や、
20代で働いている方も、土曜日などで受け入れられる機会があるかもしれません。
こちらの問い合わせからどうぞご応募ください。

楽観養生を実践するT Loungeサイトができました☆

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

IMG_2014

このブログでも話してきました中国茶のプロジェクトですが、
「楽観養生」をコンセプトにしています。
心身ともに健康で長生きという意味です。

私は、今38歳なのですが、同年代で一緒にプロジェクトをしている小原さんと話していて、
つくづく思ったのは「健康で長生き」は、我々の世代から親の世代に、そうであってほしいという子からの想いなんですね。

そんな、前置きはさておき、
「楽観養生」を体現すべく進めている「T Lounge」のサイトが公開しました。

スクリーンショット 2013-11-08 6.31.02

( ↑ T Loungeのサイト 一緒に携わっている小原さんのセンスが出てる )

リーンスタートアップ方式で、まずはサイトを立ちあげて、
コンテンツは、鋭意アップしていきます。

Tは、Tea、お茶です。

お茶をみんなで囲んで歓談することで、癒されます。
身体に良い物を摂取して、明るい気持ちになって、心も身体も健康になるというコンセプトです。

T Loungeで、中国茶のお茶会と、茶葉や茶器などを提供していきます。

先日も、T Loungeでお茶会を開いたのですが、日本人に加えて、タイ人の人や、香港の人もいらっしゃいました。

スクリーンショット 2013-11-08 6.50.42

香港人の方から、感想を書いていただき、T Loungeのサイトにも掲載しております。

T Loungeは、まだまだはじまったばかりですが、今世紀中に世界的なブランドになっている予定です(^^;

現在、T Loungeでは、立ちあげ期のメンバーを募集しておりまして、
特に茶葉の容器などのプロダクトデザインができる仲間を探しています。

募集しつつも、私たちは、自らも積極的に行動するというスタンスでして、
先日、美術・芸術系の大学の学園祭にスカウトに行ってきました。

先々週は武蔵野美術大学、先週は多摩美術大学にメンバーで行ってきました。
そのあたりのことも、またこのブログで書いてみたいと思います。