スタートアップウィークエンド東京(5月11日?13日) 行ってきた 1

3996.JPG

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

5月11日(金)の夜から、昨夜13日(日)の夜まで2日半スタートアップウィークエンドに行ってきました。

スタートアップウィークエンドとは、
週末の2日半という限られた時間でビジネスプランを発表し、チームを組み、ビジネスを形にするワークショップです。
世界中で開かれています。

今回、日本全国から100人以上が集まりました。

初日の金曜の夜に、まずはみんなの前で、
ピッチ(エレベータートーク)とよばれる1分間のビジネスプランを話します。

100人中50人くらいが話しました。
私も1分間のピッチをしました。

その中から、13個のアイデアが投票によって選ばれました。

私のプランは、ASEAN諸国の人々を日本に招待する社会企業で、
個人的にはとても気に入っているのですが、残念ながらこれは投票が伸びませんでした。

その後、良いと思ったプランの人と一緒にチームを組みます。
2日目、3日目は、そのプランをチームで磨いていきます。

私がジョインしたのは、「meet people」というアイデアのチームでした。
アメリカ出身のエステバンが発案したコンセプトです。
そこに集まった人は、9人で、国際色豊か。

たとえば、インドネシア出身でアメリカに20年住んで、現在広島の大学院で勉強しているエンジニアや、
イギリス、オーストリア、フィンランドの出身者、
そして優秀な日本人がメンバーでした。

「meet People」というコンセプトを具体化するために、
週末格闘することになったのですが、
それはまた、次回のブログで書いてみたいと思います。