新聞を取っている学生は●%: 第2回WEBマーケティング講義

こんにちは、WEBメディア エヴァンジェリストの押切孝雄です。

先日、大学にて受け持っているWEBマーケティング講義を行いました。
今回が2回目(2週目)になります。

新聞をとっているかどうか、アンケートをとりました。
結果、75パーセントが自宅で新聞をとっていて、
残りの25パーセントは新聞をとっていないことがわかりました。

数年前までは、新聞をとっていないと、最新の情報にキャッチアップでませんでした。

ですので、「新聞をとっていない25パーセントの人、新聞とってないとマズいですよ!」
と、数年前なら言っていたでしょう。

しかし、今は、そうは言いません。

新聞以外の方法で、最新の情報を取得できるからです。

しかも文字や画像だけでなく映像も、そして海外からも得られるので、新聞よりはるかに優れています。

その方法とは、少し前にもこのブログで紹介しました、RSSリーダーです。

私は現在、新聞をとるのを休止しています。
その代わり、グーグルリーダーを利用しています。
グーグルリーダーは、RSSリーダーの一種です。

グーグルリーダーを活用すれば、日経、毎日、朝日などの新聞社のニュースも入ってきますし、
日テレなどのテレビ局の報道からの情報も入ってきます。

また、lifehackやブロゴスなどの人気ブログのエントリー、
さらには、BBCなどの海外メディアの情報も取得することが可能です。

新聞一紙の情報よりも多くの、私にカスタマイズされた情報を取得できています。

気になった記事には、スターマークを付けておけば、あとから情報を探し出すのが簡単です。

紙に印刷された新聞の時には、重要な記事をはさみで切り取って、
ファイリングしていましたが、現在はそんな必要が全くありません。

そして、完全に無料です。

非常に有用な方法ですので、そのあたりの情報取得のノウハウについて、
次回、学生にも教えようと思っています。