プロフィール

oshikiri_photo2

山形生まれ山形育ち

1975年2月に山形県山形市に生まれました。
小学校のころは、父に連れられて冬は蔵王にスキーに行きました。
小学3年生からは剣道部で、中学、高校まで竹刀を振る毎日でした。
剣道をはじめたころは、本当に弱くて負けてばっかりだったのですが、
中学のときの恩師の教えが非常に良かったおかげで、山形市の大会で優勝しました。
県大会では、準優勝でした。高校の県大会では3位でした。
結果1位〜3位まで経験しましたが、やはり1位が一番気分が良いですね。
高校までを山形で過ごしました。

世界観が大きく変わった大学時代

大学は、東京の大学に進学しました。
割と裕福な家の子息が多い大学で、
庶民の自分としては、かなりギャップを感じることもありました。
また高校までの18年間、山形しか知らない田舎者でしたので、
垢抜けない自分がいやで仕方ありませんでした。

大学では、東京すらほとんど知らなかったのですが、
海外への興味が大きかったです。

世界の他の国の状況を知らなければ、
人生の戦略も立てられないと思いました。

そこで、まずは手始めに、中国へ行きました。
海外だったらどこでも良かったのですが、
ちょうど大学1年生の夏休みに北京大学に1カ月の短期留学できる機会があったので、
それに乗りました。
1994年当時の北京は、まだ街の中を馬車が走るなど、
すさまじく発展途上でした。

北京の学生と話していて、
私が「大学何年生ですか?」と聞くと、
彼女は5年生だと答えました。
中国の大学は4年制だと聞いていたので、
留年したのかと聞くと、1年間は、軍事訓練だったという答えでした。
1989年の天安門事件を受けて、
一部の大学では、学生を教育するために1年間の軍事訓練を義務づけたということでした。

日本の大学生は、遊んでいても卒業できるので、
彼らが経験した1年間の軍事訓練のことを想うと、
とても複雑な気持ちになりました。

その後、大学1年の冬休みにアメリカに1カ月短期留学しました。
アメリカも中国も両方とも1カ月という短い期間でしたが、
両大国を実際に自分の目でみられたことが非常に幸運でした。

中国やアメリカの同年代の学生たちと話していると、
かならず、日本のことを聞かれます。
しかし、それら1つ1つの質問に対して満足に答えられていない自分を認識しました。

海外を知りたいと思って、中国やアメリカに行ったけれど、
結局は自分が生まれ育った日本のことを良く知らないという事実を思い知らされました。

そこで、大学2年の夏に日本各地を実際に訪れました。
ちょうど、1995年は、戦後50年ということで、
日本を再考するイベントが多かったと思います。
8月6日は、広島の原爆ドームを訪れ平和記念式典に参列し、
8月9日は、長崎を訪ねました。

戦時中の方々へ想いを馳せつつ、
戦後50年間で日本は驚異的に復活し、
世界2位の経済力を持つ国になった事実には、
祖先や祖父母、両親の世代に、ただただ畏敬の念を抱きます。

自分なりの認識をもつことができたかどうかは定かではないですが、
私にとっては経験することが必要でした。

そんななか、思想で影響を受けたのは、ピーター・F・ドラッカーです。
オーストリア生まれの経営学者です。

大学時代に聡明な先輩が紹介してくれたのが、
ピーター・F・ドラッカーの『ポスト資本主義社会』という本でした。

経営者は、社会を良い方向に変えるパワーがあることを知りました。
将来の方向性を探っていた時期に、
ドラッカーの言葉は深く突き刺さりました。

社会に対して何らかのサービスを提供することで、
社会的に役に立ちたいと強く思いました。

インターネットとの出会い

1995年は、激動の年でした。
ウインドウズ95が発売前のウインドウズ3.1というOSを使って、
インターネットにはじめて接続したのです。

場所は大学のコンピュータセンターでした。
ある先輩が、パソコンを電話線につないで、
ダイヤルアップで、モザイクというブラウザを操作しました。

そこで目にしたものは、
カリフォルニアの大学生が作ったらしいホームページでした。
内容自体は、そのアメリカの学生のプロフィール的なことが書いてあるだけの
シンプルなものだったのですが、
そんなことよりも、インターネットというものを通じて、
世界につながっているということに、非常に大きな衝撃を受けました。

私にとっては、世界の国を訪れて、現状を知ることと、
ドラッカーとインターネットの影響が大きかったです。
自分でもホームページ制作をはじめたのも大学時代でした。

建設ラッシュの上海で

その後、経済的発展という意味で動きが激しい中国に、
今度は少し長期で滞在したいと考えはじめました。

大学3年の時に、半年間、上海に留学しました。
また、大学4年時には、アフリカとヨーロッパにも訪れました。
大学時代は、とにかく、自分の足で体験し、目でみて、
自分なりの世界観をつくるということに専念しました。

大学を卒業して、入社したのは、
インターネットとは無縁のディベロッパーでした。
街をつくるという仕事です。

ゆくゆくは、自分の会社を設立したいと思っていましたので、
数年で社長が交代するサラリーマン社長の会社ではなく、
自分で創業したオーナー社長の会社に就職できたことはラッキーでした。

また、上海に留学して、上海の方々にはお世話になったので、
その恩返しがしたいと思っていました。

当時、入社した会社が上海に世界一の高さのビルをつくるという
プロジェクトを推進していましたので、
その仕事に携わりたいと思って入社しました。

入社前の面接でも中国語を話してくださいと言われたので、
中国語で志望動機などを話しました。
上海のプロジェクトに配属されるだろうと思っていました。
(これは、情けないほどうぬぼれた私の思い上がりですね)

私は、その仕事に直接は携わることができませんでした。
1997年ころから上海経済が停滞し、
プロジェクトがペンディングになったのが原因でした。
やりたい仕事ができないことに、初の挫折を味わいました。
(いま思えば、そんなこと挫折のうちに入らないのですが)

その後、数年してプロジェクトが本格的に動きだしました。
2008年に上海の浦東地区にそのビルが竣工する予定ですので、
現在は外部の人間ではありますが、楽しみにしています。

20代でやるべきこと

20代では、3つのことを身につけたいと思っていました。

・経営とフィナンシャルの知識を身につける
・語学力を身につける
・専門知識を身につけるということを目標にしていました。

総合的に判断し、入社3年目の時に、会社を退職し、
海外に留学することにしました。

英国ロンドンの大学院でMSc.International Businessという修士号を取ってきました。
(ちなみにMBAと間違われることが多いのですがちょっと違います)
個人的にはMBAからも複数校から入学許可をいただいたのですが、
自分の方向性にぴったりだったMSc.にしました。

ホームページ制作で起業

20歳の時に誓ったことがありました。
「30歳までに自分の事業を起こす。」

この言葉は、自分にとっては呪縛でした。
ロンドンから帰ってくると、あともう3年を切っていました。
日本に帰国後、ある会社を経て、
自分の事業を起こしました。
30歳まであと11日という時でした。

事業は起こすまでは、心理的に不安な要素もたくさんありましたが、
起こしてしまえば、あとはやるべきことをやるだけです。
仕事がたくさんあって、迷っている暇がなくなります。

クライアント企業様がハッピーになる方法を考えて、
実施するだけです。
そのことが社会貢献につながっていたら、最高だと思います。

事業を起こす分野はおおいに迷いましたが、
学生時代からインターネットのホームページ制作に携わり、
ディベロッパー時代にも個人的にホームページを作り続けて、
英国留学時代もWEBサイトを運営しロンドンの最新情報を日本の方々に提供していたこともあり、
インターネットという分野で社会貢献を目指すことを決めました。

ブランド力強化のバックアップ

インターネットのホームページを制作することを主軸として、
最終目的は、クライアント企業のさらなる
ブランド力アップのお手伝いをすることです。

商業インターネットが1990年代半ばに勃興して、
10年以上が経過しました。

といっても、今後数百年続く長いインターネットの歴史では、
まだまだはじまったばかりです。

黎明期には、どんどん環境が変わります。
昨日まで最新だったことが、明日は古くなるような業界です。
昨日までのホームページの成功パターンが、
明日は必ず成功するとは言い切れないくらい環境の変化が速い業界です。

だからこそ、自ら現場に飛び込んで、
自ら経験し、成果の上がる方法を見いだしていく必要があります。

成功パターンはどこかに既にあるのではなく、
また、誰かが教えてくれるのではなく、
自ら切り開いていく必要がある業界です。

昨日まで正しかったノウハウを繰り返すのではなく、
自ら率先して、成功パターンを生み出していきたい。
お客様と一緒に考えて、一緒に試し、
成功パターンを見いだしていきたい。

インターネットのソリューションを通して、
これまでも、そしてこれからもクライアント企業様に価値を提供してまいりたいと思います。

2007年10月29日
株式会社カティサーク
代表取締役 押切孝雄

・・・・・・・・・・・・・

押切孝雄のその後のプロフィール

2007年10月に上記の文章を書いてから、はやくも9年の月日が流れました。
今、2016年3月です。

この間、素晴らしいでき事が次々と起こりました。
2008年に『グーグル・マーケティング!』(技術評論社)という本を上梓しました。

Googleが提供している無料のツールを活用すれば、誰でもマーケティングができるというものでした。
広く受け入れられ、新宿紀伊国屋の本のランキングで2位になったり、重版を重ねました。

六本木ヒルズで講演する機会に恵まれました。
そこから、毎日新聞社さんからお声がけいただき、
2冊目となる『実践グーグルマーケティング』(毎日新聞社)が2009年に発刊されました。

さらに、2009年は『グーグル会議術』(技術評論社)、
『YouTubeビジネス革命』(毎日新聞社)も発刊され、出版ラッシュの年となりました。

『グーグル会議術』は、会議術とありますが、Googleなどのツールを活用することで、
仕事やプロジェクトを効率的にする内容をまとめました。

『YouTubeビジネス革命』(毎日新聞社)は、
2005年に始まったYouTubeがビジネスでも成果が出ている事例が多数出てきていたためまとめて紹介した書籍です。

2009年頃、WEBは劇的に変化していました。
WEBを活用した人は、そうでない人と比べて仕事がはやくなるということは日常茶飯事でした。

知っているか知っていないかの違いだけで生産性が変わってくるという状況でしたので、
その方法を仕事やプライベートに活かす提案を書籍でまとめたわけです。

当時の私は、年間3冊を書きつつ、雑誌ににも寄稿しつつ、
WEBサイト制作部門とWEBマーケティング部門をするという毎日でフル稼働しており、
1分でも無駄にできないような日々でした。

譲れないモノ

時間が限られていても、絶対に譲れないものがあります。それは健康です。
健康がなければ、何もできません。

私の場合は、事務所から数分のところにある皇居を走るのが健康を維持する方法でした。
やはり走ってみると有酸素運動の効果で頭がすっきりします。
走り始めたのが2006年で、すでに5年がたっていました。

健康が目的なので速く走るのではなく、心地良いと感じる速度で
皇居1周(5キロ)を走ります。

この時に初めて東京マラソンに当選します。
(東京マラソンは、倍率がだいたい10倍で、10年に1回程度当選するのが普通です。)

東京マラソン当日、生まれ故郷の山形県のお米「つや姫」のTシャツを来て完走しました。
走っている時に、多数の声援を受けました。

「山形がんばりましょう!」と言われて振り返ってみると、
モンテディオ山形のユニフォームを着た人がいたりしました。
これは本当に力になりました。
人は人から勇気づけられるのです。

大学講師を拝命

2011年から大学での講義が始まります。
文京学院大学で「WEBマーケティング」講義を担当し教え始めます。

この少し前までは、大学でマーケティングの講義はあっても、
体系だったWEBマーケティングの講義をする大学はありませんでした。

この頃から少しずつ先進的な大学でWEBマーケティング講義が開講され始めます。
そこで、WEBマーケティング講義を開講するにあたり、
担当教員は誰が良いかということになり、
関連書籍を出していて、現役で企業のWEBマーケティングに携わっているということで私を指名いただいたのです。

周りの人が幸福になる

このころ、自分の人生はうまくまわっていることを実感しました。
自分だけがうまくいくのではなく、周りの人の自己実現も助けたいという気持ちから、
やる気のある人を引き上げる会を主宰しました。

うまくいったことは方法論があります。
それを伝える会で、楽しみながら仲間とともにうまくいくように設計しています。

はじめてから数年もすると、
これに来ている人が、テレビに出たり、出版したりする人が複数出てきました。

2014年には、3年間教えたことを『WEBマーケティング集中講義』(マイナビ)としてまとめました。
書籍としてまとめたことで、大学の教科書としても使用しています。
明星大学でも招聘いただき、教え始めました。

本業のWEBブランディングの方も、クライアントに恵まれて、とても良い時間が流れていきます。
クライアント企業のWEB戦略がうまくいき、
クライアント企業が新聞やNHKなどのテレビに出たりということも普通のことになってきました。

再び思いを新たにする

個人的にも海外旅行にも行けて、バランスが取れています。
パソコンがあれば、海外でも仕事ができるということもこの仕事のメリットです。

そんな中、2015年に訪れた台湾でであったことが私を新たな想いに駆り立てました。

出会った人物とは、八田與一です。
出会ったといっても、100年前に生きていた人物です。

八田與一を知っている日本人は多くないかもしれません。
台湾では教科書にも載っていて、誰でも知っている偉人です。

嘉南大圳という台湾中南部の荒れ果てたエリアにダムと灌漑設備をつくり、
恵の大地に変えた人物です。1930年に竣工しています。

ダムと灌漑設備は竣工から80年以上経ちますが、今でも台湾の人に恩恵を与え続けています。
100年後の人にも利益をもたらし、尊敬される人です。
私はこの事実を知って、完全に感動しました。

起業したのが2004年ですので、今年で12年になります。
(有限会社に会社化したのが2005年)
私は今、現在41歳です。
八田與一のような人でありたいと思っています。

WEBマーケティングでできることは、果てしなく大きいです。
情報空間と物理空間を相互に行き来して、
現在のクライアント企業の繁栄と、
20年後、50年後を生きる未来の人たちにも恩恵をもたらすことを成し遂げていきたいと思います。

人生まだまだ1合目であり、後世の人に利益をもたらし感謝される人物でありたい。
想いを同じくする人たちと、これからも精進してまいります。

2016年3月2日
カティサーク 代表取締役 押切孝雄

shachoublog

コメントは受け付けていません。